前へ
顔乾燥・洗顔
次へ

たとえば洗顔料も肌に長い時間のせておくと刺激に。このような『うっかり刺激』を減らすことで顔乾燥を起こしにくい状態にしましょう。

ほかのギャラリーを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。