肌が乾燥する原因は「寒さ」と「暖房」

シワ、肌アレはこの季節がキケン

シワ、肌アレはこの季節がキケン

冬は肌が乾燥する季節です。スキンケアに疎い男性でも唇のカサカサは気になるようで、リップを携帯する人が増えてきました。だけど実際は唇だけでなく、顔全体が乾燥しています。なのに、そこには無関心な男性がどれほどいることか……。潤いを失った状態は肌アレやシワの原因にもなります。

そもそも冬になると、なぜ肌が乾燥するのでしょうか。
1つ目は「寒さ」による影響です。気温が低いと、体温を逃がさないように毛細血管が収縮します。そうすると汗や皮脂の分泌量が減り、肌を守る皮脂膜が十分に作れなくなるのです。皮脂膜が足りなければバリア機能の働きが悪くなるので、肌の水分がどんどん外へと逃げていき、肌が乾燥してしまうわけです。

2つ目は「空気の乾燥」です。よく冬は湿気が少ないと言いますが、それは太平洋側の話であって、日本海側はそんなことはありません。東京をはじめ、太平洋側に住む人は大気の乾燥に気をつけなくてはならないことは言うまでもありませんが、太平洋側、日本海側関係なく、注意すべきなのは暖房による乾燥です。人間に快適な湿度は40~60%と言われています。暖房をずっとつけた部屋はこれより下がるので、肌が乾燥してカサカサの状態へと傾いてしまうのです。


髭剃りや長風呂も乾燥を助長!?

ヒゲ剃り後のケアを怠ると乾燥肌を招くし、大人ニキビの原因にもなる

ヒゲ剃り後のケアを怠ると乾燥肌を招くし、大人ニキビの原因にもなる

他にも乾燥する原因となるのがシェービング。カミソリの刃が角質を削ってしまうので、肌の水分や油分が奪われて敏感になってしまいます。

熱いお湯による長風呂にも注意。長時間浸かっていると、保湿成分がお湯に溶け出してしまうのです。長風呂のあとに顔が突っ張るような感覚になるのは、まさにこの影響なのです。またゴシゴシ洗顔することも、必要な水分や油分を流して、乾燥を助長させてしまうので気をつけましょう。

では、冬にやるべき乾燥肌対策とはどのようなものでしょう。


次のページにて男の乾燥肌対策法を紹介 >>



水分や油分を取り過ぎる「さっぱり」系洗顔剤はNG

洗顔はすすぎもしっかり行うことが大事。流し忘れがあると肌トラブルのもとに

洗顔はすすぎもしっかり行うことが大事。流し忘れがあると肌トラブルのもとに

乾燥しやすい冬にやってほしい対策は次のとおり。

まず、洗顔剤を洗浄力弱めの「マイルドタイプ」に変えましょう。これだと脂を取りすぎないので、過度な乾燥を防いでくれます。また、洗顔を夜と朝にする人が多いと思うのですが、夜は洗顔剤を使い、朝はぬるま湯だけで顔を洗うのをオススメします。朝にも洗顔剤を使うと、やはり脂を取りすぎてしまうので推奨できません。目を覚ます程度の洗顔でOKです。その際は32℃のお湯がベストです。

ヒゲ剃り後のアフターケアをさぼるのも乾燥肌を招く原因です。これはもう、乾燥肌のみならず、ニキビなどの肌トラブルにもつながるので、アフターローションをしっかりつけて肌を鎮静させてください。

スキンケアを億劫にする“気持ちの壁”

おそらくここまでは、もうやっているよという男性も多いかと思います。問題はここから。これ以上は「面倒くさい」「必要ない」「男らしくない」と、抵抗感を感じる方もいるでしょう。しかし、ここから先を怠ると確実に肌の劣化をはやめてしまいます。先とは保湿です。今のビジネスマンにとって肌を保湿してきれいに保つことは、清潔感をキープすることと同じです。スキンケアを億劫にする“気持ちの壁”をぜひ乗り越えてほしいと思います。

私は今、出版・編集系の専門学校で非常勤講師をしているのですが、この原稿を書くにあたり、下は10代後半、上は40代前半の女性たちに「男がスキンケアをすることをどう思うか?」ということを聞いてみました。ほぼ全員から「肌はきれいなほうがいいので、やったほうがいいと思う」という回答をもらいました。

「30代、40代、50代の男性でも?」とさらに訊ねても「やっていても気にならない」ということでした。女性たちは男のスキンケアに対して嫌悪感を抱いておりません。ならば、スキンケアをしない手はないのです。

少し脱線しました。本題に戻しましょう。

洗顔後のケアも大切。ここが勝負の分かれ目!



洗顔後はフェイスウォーターを。その後は保湿液をつけよう!

男の乾燥肌対策には水分補給と保湿が大切

男の乾燥肌対策には水分補給と保湿が大切

洗顔後の肌は潤いを無くした状態です。タオルで優しく顔を拭いたら化粧水をつけましょう。これは水と美容成分とで構成されたもので、洗顔後の乾いた顔に水分を補給してくれます。適量をつけたら手のひらで顔全体を優しく押しつけると、さらに潤い感が高まりますので実践してほしいと思います。スキンケアを嫌う方は「化粧水」という名前に拒否反応を示している場合があります。化粧をしているわけでもないのに化粧水とは確かにおかしな話。フェイスウォーター、フェイスローションと言い換えてもいいかもしれません。

フェイスウォーターの次は保湿クリーム(ジェル)を。「まだやるのか」と思うかもしれませんが、フェイスウォーターで補給した水分は外へ逃げてしまいます。そうならないようにガードするのが保湿クリームの役割です。つまりバリア機能を作るのです。

余裕がある人は週に一度、美容マスクを使って、肌をたっぷり保湿してみてはいかがでしょうか? フェイスウォーターや保湿クリームにはない気持ちよさがあります。


乾燥肌は食事も重要。男は黙って鍋料理!

バランスの取れた食事も重要

バランスの取れた食事も重要

外側からのケアと同時に心がけたいのが内側からのケア。食事です。乾燥肌にいいと言われる栄養素として、ビタミンA、B、C、E、セラミド、α-リノレン酸、亜鉛などが挙げられます。あれこれ言うつもりはありません。鍋料理がベストです! 野菜がたっぷり摂れますし、好みに合わせて魚介類を入れたり、鶏肉、豚肉を入れたり、いろいろ工夫をこらすことができます。豆腐を入れるのもヘルシーです。こんなにバランスのいい乾燥肌防止の料理はないのではないでしょうか。トマトスープ、カレースープ、豆乳スープなど、味つけに変化も出せるので、マンネリになりません。

飲み物だと、白湯は体の内側から保湿してくれるので、乾燥肌の改善に効果的です。外出するときは、マスクをつけることも肌の乾燥を防ぐのでオススメです。カゼの予防にもなるので一石二鳥ですね。

乾燥肌を放っておくとシワや肌アレへとつながっていきます。女性も男のスキンケアについて前向きです。ビジネスシーンにおいても清潔感重視の世の中ですから、カサカサ肌では評価を落とします。

もし自分が部下の立場で上司の肌が汚かったらどうでしょうか。取引先の人の肌がボロボロだったらどうですか。いい印象は持たないと思います。仕事で部下や取引先の人から信頼を得たいのなら、肌に気を使うのはもはや当たり前なのです。

自分は肌が強いから「大丈夫」だと思う、その過信が肌の老化を助長していることを忘れてはいけません。今からでも遅くはありません。乾燥肌対策をしましょう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。