古い天窓は放置しない!交換するタイミングはいつ?

30年以上の天窓になると、雨漏りや結露といった不具合を引き起こす可能性も……

30年以上の天窓になると、雨漏りや結露といった不具合を引き起こす可能性も……

日本で天窓が普及し始めたのは、1980年前後のこと。それから35年近くを経た今、すでに耐用年数を超えた天窓が数多くあると言われています。これは経年劣化に加え、当時の製品性能も大きな要因。30年以上の天窓ともなれば、防水対策も遮熱性能も今より劣るため、雨漏りや結露といった不具合を引き起こす可能性が高いのです。

そんな古い天窓は交換するに限ることは「雨漏りなど、さまざまな天窓の不具合は交換で解消!」でもお伝えしたとおり。また、後述しますが、新たに取り付ける天窓は製品によって保証期間や内容が変わってくるので、しっかり選びたいところです。

では、一体いつ交換するのが最適なのでしょうか? その答えは「屋根リフォーム(塗装・葺き替え)と同じタイミング」。なぜなら、天窓の交換時は防水対策上、どうしても窓周辺の屋根材に加工が必要だからです。屋根材に手を入れるとなれば、当然、屋根の施工業者にも依頼しなくてはならず、その分、費用や工期が増えてしまうのです。

逆に天窓は交換せず、屋根リフォームのみ行うこともオススメできません。屋根リフォームを行う時期は、屋根材にもよりますがおよそ20年前後。老朽化した天窓を残したまま次のリフォームを待てば、その天窓は耐用年数を大幅に越えてしまいます。また、スレート屋根を重ね葺きする“カバー工法”の場合、特に注意が必要。天窓だけが沈み込み、雨水が流れ込みやすくなるため、漏水につながるリスクがさらに高まります。

いずれにせよ、後々のコストや手間を考えれば、屋根リフォームと天窓交換は同時に行うのが正解。足場を組む手間が一度で済み、費用も工期も抑えられるためオススメです。

手軽で安心!推奨工事店が交換診断・お見積り

屋根の総合診断と天窓の不具合診断は、工事の見積りと合わせ「古い天窓の交換診断」がオススメ

屋根の総合診断と天窓の不具合診断は、工事の見積りと合わせ「古い天窓の交換診断」がオススメ

では、屋根のリフォームはいつごろ行うべきなのでしょうか? これは屋根材の種類によって異なり、たとえば瓦屋根の場合は25年~30年程度、スレート屋根の場合は20~25年程度、鈑金屋根なら15年~20年程度が目安と言われています。

もちろん、個体差や塗装などのメンテナンス頻度によっても変わってくるため、気になり始めたらプロに診断を依頼しましょう。となると、どこに頼むかが問題になりますが、日本ベルックスでは古くなった屋根と天窓の交換診断・工事を請け負う推奨工事店を全国に設け、ご紹介しています。地域の推奨工事店を見つけて、お問合せいただけます。

推奨工事店がオススメなのには、2つの理由があります。1つめのポイントは診断から見積り、工事までがワンストップであること。日本ベルックスの推奨工事店が一括して行うため安心できるうえに、複数業者とやり取りする手間もないのです。

そしてもう1つは、他社製の天窓にも対応していること。天窓が普及し始めていた当時と比べると、現在天窓を扱うメーカーは半数以下にまで減少しています。自宅の天窓が撤退したメーカーの製品だったという方は、どこにチェックを頼めばいいか悩んでしまうことでしょう。しかし、「古い天窓の交換診断」ではベルックス製以外の天窓も対象となるのです。

なお、ベルックス天窓で対象となるのは築25年以上の製品のみで、築25年未満が対象外。なぜなら、日本ベルックスは有償の安心点検を行うと保証期間を引き渡しから最長25年まで延長できるなど、充実したメンテナンス制度を導入しているからです。これもひとえに、「高品質の天窓を長く使ってほしい」という思いがあるからこそと言えるでしょう。

「古い天窓の交換診断」については、詳しくはぜひこちらをご覧ください。

次のページでは、天窓&屋根リフォーム実例を紹介します。