『はがきデザインキット2017』セブンイレブンで印刷可能に

日本郵便の公式アプリ『はがきデザインキット2017』は、印刷対応の豊富さが特徴です。印刷してもらった年賀状を自宅に届けてもらうのはもちろん、宛名を指定して直接相手に届けてもらえますし、家庭用プリンターでの印刷にも対応しています。今年からは、セブンイレブンの店舗に設置されているマルチコピー機を使って印刷することもできるようになりました。
はがきデザインキット

デザインテンプレートは300種類を用意。写真のありなし、デザインのテイストから選択できます。


はがきデザインキット

完成したデザインは直接プリンターで印刷が可能(キヤノン、エプソン、ブラザーのアプリに対応)。セブンイレブンでの印刷はカラー1枚60円です(税込、はがき代除く)。


はがきデザインキット

相手の住所を知らなくても、Twitterや電話番号、メールアドレスから届けてもらうこともできます(相手の承諾が必要)。


はがきデザインキット

過去に届いた年賀状をスマホのカメラで撮影することで住所録を作ってくれる「宛名スキャン」の機能も備えています。利用は無料です(10万件限定のため、提供期間内に終了する場合があります)。


■『はがきデザインキット 2017』
Google Play
App Store



『ぽすくま 森の年賀状屋さん』LINEで年賀状が作れる

昨年700万人が利用し、3000万枚以上を超えるデザインが作られた人気サービスが『ぽすくま 森の年賀状屋さん』です。専用のアプリではなくLINEの公式アカウント「郵便局[ぽすくま]」を友だちに加えることで利用できます。写真を送るだけで、自動的にデザインを生成。気に入れば、そのまま印刷注文して相手に届けることが可能です。
ぽすくま

まずはLINEの公式アカウント「郵便局[ぽすくま]」を友だちに追加します。


ぽすくま

写真(イラストなどの画像も可能)を送ると、すぐにデザインが作られて返ってきます。


ぽすくま

作成したデザインは年賀状として送ることができます(1枚130円/税・はがき代込み)。


ぽすくま

期間限定で「ぽすくまと仲間たち」のスタンプもダウンロードできます(2017年1月23日まで)。




『スマホで年賀状 2017』新しいデザインが700種類以上

デザインテンプレート数が充実している『スマホで年賀状 2017』。今年は、新デザインが700種類以上、とくに写真入りやキャラクターもののテンプレートが充実しています。作成したデザインは、そのまま相手に届けてもらうことも可能。『はがきデザインキット 2017』と同様、過去に届いた年賀状をスマホのカメラで撮影するだけで住所録が作れる「宛名スキャン」の機能を備えています。
スマホで年賀状

とにかくデザインテンプレートが豊富。写真をたくさん入れたい人も満足できるテンプレートも多いです。


スマホで年賀状

デコレーションのアイテムも豊富に揃っています。


スマホで年賀状

相手の住所を知らなくても、Twitterや電話番号、メールアドレスから届けてもらうこともできます(相手の承諾が必要)。


スマホで年賀状

15時までの注文は翌日に印刷・出荷。年末ギリギリまで年賀状を作れないひとにはうれしい。



■『スマホで年賀状 2017』
Google Play
App Store



『ノハナ年賀状 2017』高画質プリントで印刷される

『ノハナ年賀状 2017』は、スマホで作成した年賀状デザインを、富士フイルムの高画質プリントで印刷して自宅に届けてもらえるサービスです。基本料金は初回1480円かかりますが、2回目以降は不要なので、複数のデザインを注文することも可能です。自宅で宛名書き(印刷)、一言コメントを書き添えたい人に向いているサービスです。

ノハナ年賀状

デザインテンプレートは300種類以上。喪中はがき、クリスマスカードなども用意されています。


ノハナ年賀状

スタンプでのデコレーションも可能。写真のフィルターも用意されています。

12月1日午前11:59までの注文は「早割」として基本料金が200円割引されます。

12月1日午前11:59までの注文は「早割」として基本料金が200円割引されます。


■『ノハナ年賀状 2017』
Google Play
App Store



『ウェブポ年賀状印刷2017』印刷代無料のデザインも!

『ウェブポ』は富士フイルムイメージングシステムズが提供するサービス。印刷した年賀状は自宅に届けてもらうことも、直接相手に届けてもらうことも可能(TwitterのIDやメールアドレスから送ってもらうこともできます)。デザインテンプレートをスポンサー(広告)付きにすれば、印刷料金が無料となり、1枚52円のはがき代だけで年賀状を送ることもできます。
ウェブポ年賀状

デザインテンプレートは1000種類以上。写真のありなし、デザインのテイストから選択できます。


ウェブポ年賀状

テンプレートは写真の枚数から絞り込めます。家族写真などで年賀状を作る場合に便利な機能です。


ウェブポ年賀状

スポンサー付きテンプレートは印刷代無料、はがき代52円のみで年賀状を出すことができます。


ウェブポ年賀状

直接年賀状を投函してもらうことが可能。宛名の情報は、スマホの連絡先から取り込むこともできます。


■『ウェブポ年賀状印刷2017』
Google Play
App Store



『みんなの筆王』デザインなど3000種類以上の素材が無料

ソースネクストの人気ソフト『筆王』をスマホで使えるようにしたクラウドサービスです。iOS、Androidのみならず、WindowsやMacにも対応し、相互にデザインが編集できます。クラウドサービスなので、パソコンから取り込んだ住所録が使用できます。作成したデザインは、ネットプリントへの注文はもちろん、プリンターが対応していれば自宅での印刷も可能です。
みんなの筆王

アプリ、利用料とも無料だが、利用にはログインが必要。


みんなの筆王

デザインテンプレートやスタンプなどの素材は3000点以上。クリスマスカード、結婚・出産のお知らせなども。


みんなの筆王

カスタマイズに利用できるスタンプはかなり多い。


みんなの筆王

住所録も管理可能。宛名情報は、スマホの連絡先から取り込むこともできます。



■『みんなの筆王』
Google Play
App Store
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。