フルカスタムが可能な「US通販」は簡単&日本より安い!

日本には無いカラー、無いデザインを自分好みに作れるのが嬉しい

日本には無いカラー、無いデザインを自分好みに作れるのが嬉しい

名品と言われている定番中の定番、 L.L.Beanのトートバッグ。

バッグ自体が自立して立つため荷物も入れやすく、ママバッグや通勤バッグ、お弁当バッグ、サブバッグなど、あらゆる用途に使いやすいアイテムです。流行に左右されないシンプルさと、10年間は余裕で使えるという確かな品質で、色違い&サイズ違いで揃える人も多いほど、老若男女問わず愛されています。別料金のオプションで、イニシャルなどの刺繍を入れられるサービスもあるので、シンプルながら、自分好みにカスタムすることでさらに愛着がわくのも特徴です。

ただ、強いて言えば、とにかく人とかぶりがち! 色バリエもありますが、ベーシックなカラーが数パターンあるだけなので同じ物を持っている人を街で何人も見かける……といったこともザラです。ベーシックさと人気ゆえの難点といったところでしょうか。

しかし、本家アメリカのL.L.bean公式通販サイトでは、日本のL.L.bean公式通販サイトよりも、さらにバラエティに富んだカスタムトートが作れる事をご存じですか? つまり、日本のL.L.bean公式通販サイトでは一部しかカスタムできませんが、本家アメリカのUS通販なら、ボディの色や刺繍をフルオーダーできるのです。

とはいえ、そうは言われても、
「英語が出来ないから難しそう」
「アメリカの通販を利用したことが無いので不安」
「送料が高そうで怖い!」
と思う方もいると思いますが、
今回の記事の手順を追うだけなので、思っているよりずっと簡単にオーダー可能です。さっそく説明していきますね。


アメリカのサイトで購入するメリットは「フルカスタム」!

日本のL.L.Beanオンラインショッのオーダーページはこんな感じ!

日本のL.L.Beanオンラインショッのオーダーページはこんな感じ!


アメリカのL.L.Bean通販サイトは日本のものと似ているので、先にオーダーの手順や完成品の雰囲気を掴むためにも、事前に日本のサイトを見ておく事をオススメします。

商品のサイズ展開や実際の仕上がり寸法などの詳細はもちろん、口コミのレビューも充実している見やすいサイトになっているので、じっくり目を通して、自分にぴったりのバッグをイメージしましょう。とくに、バッグなのでネット通販だと画面上のサイズだと大きさがわかりにくいので、手持ちのバッグなどと比較したり、よく持ち歩く荷物を測定しておくのも重要です。


こちらは日本で購入出来るRegatta Blueにモノグラムを刺繍した物です

こちらは日本で購入出来るトート。色はRegatta Blue、モノグラムを刺繍した物です。


さて、アメリカのサイトで購入するメリットもここで確認しましょう。
・色展開が多いので、細部まで自分で選んだカラーで、日本よりもカスタム性の高いトートを作る事が出来る
・日本で既製品の同じサイズのトートを購入するよりも安く手に入れられる

――という事が挙げられます。

フルカスタムなら、ポケットを付けたり、ジップトップの有り無し、ハンドルの長さ、さらに日本では1色だけのモノグラム刺繍のカラバリも豊富。つまり、国内では出来ない「こんなカスタムができたらいいのに」という項目がほぼ出来てしまいます。

しかも、アメリカの通販を経由するのに、日本の通販よりもずっとリーズナブルに購入できます。オプションを付けたい放題加えても、日本で買うより安いんです!

そんなに派手にしたいわけじゃない、という方も、逆に真っ白、真っ黒なトートを作る、などシンプルさを極める事も出来るので、やはり自由自在にデザインできるのがフルカスタムならではの魅力です。

日本と同じボディにカーキ色の刺繍をチョイス

こちらは日本でも変える同じ色のボディですが、USならではの「カーキ色の刺繍」をチョイス。これだけでも差がつく!


例えば日本でみんなが持っている白ボディ×黒ベルトのタイプのモノグラムを、ブラックではなくカーキをチョイス、という事も可能。さりげないこだわりが叶うのも、自分だけの一点、という感じがして嬉しい!

また日本と同じ定番のトートもかなり安く購入できる、というのも魅力的。友人と一緒にオーダーする、という楽しみ方も出来ちゃいます。では、さっそくボディとカスタムそれぞをカスタムする手順を、実際のオーダー画面を使って見ていきましょう。

ボディのカスタム:USサイトでオーダーする流れとは

ここからが本番です。まずはアメリカの公式サイト(https://www.llbean.com/) にアクセスします。

見出しのMEN'S WOMEN'S...と...続いてる中から「 LUGGAGE 」というところにカーソルを合わせると、「 Tote Bags 」という項目があるのでそちらをクリックしてください。
LUGGAGE>Tote Bagsの順です

LUGGAGE>Tote Bagsの順です


Tote Bagsの項目には、日本でも定番の ボート・アンド・トート・バッグを含むバッグ類がすべて表示されます。

その中で Custom Boat and Tote Bag という商品をクリック。こちらがフルカスタム出来るトートバッグです。
その時によって場所は変わっているようですが、必ずTote Bagsの項目の中のどこかに表示されています。

その時によって場所は変わっているようですが、必ずTote Bagsの項目の中のどこかに表示されています。



開くとDesign your own one-of-a-kind tote bag.(あなただけのトートバッグを作りましょう!)というメッセージと共に、具体的にカスタム出来る項目があらわれます。
右上に人気のあるコンビネーション例が表示されているので、参考にしても◎

右上に人気のあるコンビネーション例が表示されているので、参考にして。



その都度カラーが変わって実物のシュミレーションが出来、一度選んでも後からやり直せるので、自分のインスピレーションに従ってどんどんトライしてみましょう!


1.Tote sizeを選ぶ
サイズ選びで迷ったら日本のサイトを参考に

サイズ選びで迷ったら日本のサイトを参考に


サイズのバッグを選びます。
人気のサイズはスモールかミディアム。
ママバッグや荷物が多めの方はミディアム、身の回りの物を入れる小ぶりなトートバッグならスモール、という方が多いようです。


2.Handle Lengthを選ぶ
肩掛けが基本の方にはLONGも検討の価値アリ

肩掛けが基本の方にはLONGも検討の価値アリ


その後、ハンドル(持ち手)の長さを選びます。
日本にはないLONGという長めの持ち手も選べます。


3.Body Colorを選ぶ
ダークカラーやポップなピンクやブルーを選ぶとかなり雰囲気が変わります

ダークカラーやポップなピンクやブルーを選ぶとかなり雰囲気が変わります


バッグ本体の部分です。一番大きな面積なので、このカラーがバッグの印象を左右します。この部分が色付きのタイプはまず日本では手に入らないので、汚れが目立たないようにダークカラー、またはポップで可愛いイメージにするために明るい色を、といったチョイスが可能です。

ちなみに一番初めに出てくる”Natural”が、日本でのトートバッグの地色と同じ色です。


4.Handle colorを選ぶ
バッグ本体の色よりもさらに選択できる色が増えます

バッグ本体の色よりもさらに選択できる色が増えます


持ち手のカラーを選びます。持ち手と、次に選択するBottom Colorは日本国内では同じ色の物しか販売されていないので、この部分を変えるだけでもかなり目立ちます。


5.Bottom Colorを選ぶ
持ち手と違う色を選ぶとポップな仕上がりになります。

持ち手と違う色を選ぶとポップな仕上がりになります。


バッグの底の部分を指しています。真逆の色を選んでコントラストを楽しむのも良いし、ベーシック派の方はあえて同じ色にしてシンプルさを楽しんでも◎。


6.Zip-topを選ぶ
この部分も後から色が変えられます

この部分も後から色が変えられます


Zip-topとは、トートバッグの上のフタ部分を差しており、画像のように開いたままのOpen Topか、ファスナーで開け閉めできるZip-Topにするか、どちらかを選べるということです。

Zip-Topがあればトートの中身が人から見られず、物が落ちないようにカバーも出来るので便利、という人も多いです。

付ける場合、有料オプションなので総額に10ドルがプラスされます。ちなみに、日本の通販でもジップトップの有無で1000円くらいの違いで販売されています。

Zip-Top有りを選んだ場合、カラーが下に何色か表示されますので、そこから好きな色を選んでください。


7.Outside Pocketを選ぶ
L.L.beanの違うトートでポケット付きを使用していますが、このポケットがとにかく便利です

L.L.beanの違うトートでポケット付きを使用していますが、このポケットがとにかく便利です


Outside Pocketとは、外付けのポケット部分を指しています。鍵やリップ類など、細かいものをさっと入れられるのでとにかく便利! たった5ドルで追加できるので、こちらはぜひ付ける事をオススメします。

さあ、これでトートバッグ本体のデザインは終了です。次はモノグラム(刺繍)もカスタムしてみましょう。



刺繍のカスタム:日本と違うのは、カラバリが多いところ

出来上がったトートにさらにモノグラム(刺繍)を入れたい場合は、8ドルで追加することが出来ます。このモノグラムは、利便性というよりも、入れたほうが可愛いし、愛着がわくというのはもちろん、カスタムオーダーするほどこだわりがある方なら、是非とも入れて頂きたいサービスです。

プライスが表示されている下にPERSONARIZEという項目があるので、そこにチェックを入れるとモノグラムのカスタムが始まります。


1.Choose Typeを選ぶ
モノグラムのデザインバリエは日本と同じです

モノグラムのデザインバリエは日本と同じです


ここではまず、モノグラムのデザインを選びます。10文字以内のName、3文字のInitials、1文字のSingle Letterから選べ、これは日本と全く同じです。


2.Choose Style&3.Add Text を選ぶ
書体でイメージがかなり変わるので吟味して

書体でイメージがかなり変わるので吟味して


書体を選びます。この部分も日本と全く同じです。
その書体に入れられる文字数が次の3.Add Textというところに表示されます。
そこに文字を入力すると、実際に刺繍した時のイメージが現れるので、いろいろ試してみて下さい。

ただし日本では可能な「★ ☆ ♪」などの記号は入れる事が出来ず、代わりに「 ! # " ? / ' . , + 」という記号は入れられるようです。


4.Choose Colorを選ぶ

日本では選べない刺繍のカラーがこんなに多くの色から選べる

日本では選べない刺繍のカラーがこんなに多くの色から選べる


ここまでは日本とほぼ同じでしたが、ここからのセクションが日本と大きく違うところです。これだけ多くの色から好きな色が選べます!

迷ってしまう場合は、右下のShow Reccomended Colorというところをクリックすると、バッグに合った色を自動で選んでくれるので、悩んだ時は参考にしてみてください。

全て終わったら右下のオレンジの部分「SAVE MONOGRAM」をクリックすると入力した内容が保存され、「Added to Your Shopping Bag(カートに入りました)」という文がポップアップで現れたら、デザインはすべて終了です。




航空便って高くない? 気になる国際便の料金設定とは

海外の通販で心配なのは、使い慣れず値段が高いイメージの航空便です。参考までに国際便の送料表は下記の様になっています。

International Shipping Information の欄に表示されている、「アメリカ&カナダ以外の国への送料」と表示されているものが日本への送料に該当します。

購入金額ごとに送料が設定されています

購入金額ごとに送料が設定されています


購入金額によって送料が決まるシステムなので一目瞭然。「国際便なので高額の送料がかかるんじゃないか」……という心配をすることなく、安心してお買い物が楽しめます。


会計プロセスも明瞭なので安心

さて、カスタムが終わり、送料を確認できたら、さっそく会計に進みましょう。

Shopping Bagをクリックするとカスタムオーダーしたデザインの詳細が全て表示されるので、ここでオーダー内容の再確認をして下さい。

オーダーしてしまった直後にやっぱり変更したい! と申し出ても、断られる場合が多く、返品自体は出来るのですが国際便のため、余計な送料がかかってしまいます。当然ですが、あらかじめ間違いないかどうか確認したほうが無駄がないでしょう。

会計のプロセスはほぼ同じなので、一つ一つ入力していけば大丈夫

会計のプロセスはほぼ同じなので、一つ一つ入力していけば大丈夫


上記の写真上の、赤字「Delivery in 1-2 weeks」というのが約1~2週間で届きます、という到着予想になります。

右側のオレンジ色のボタン「CONTINUE TO CHECKOUT」をクリックするとポップアップ画面が現れるので、「CHECK OUT AS A GUEST」をクリックすればそのまま登録作業なしで注文に進めます。

まず、そうすると、Shipping Informationという項目が出てくるので、名前や住所などを順に入力していきます。世界共通の項目ばかりなので、日本でネットショッピングしたことがある方なら簡単に出来るレベル。英語が苦手も心配無用です。

Countryという国を選択するタブがあり、JAPANを選択し郵便番号を入れると、下のShipping Method for me (配送方法)の所にInternational Airmail ($35) と表示が出てきます。これが、今回の日本までの送料となっています。(前項で紹介した、航空便の料金表と同じ金額です)


あとは流れに沿って、住所やクレジットカード情報の支払い方法などを入力していきます。その都度「CONTINUE TO PAYMENT OPTIONS」などの、「次へ進む」という意味のオレンジのタブが出てくるので全て入力・クリックしてください。最後に「Thank You for Your Order」の文字が出ればもう安心。無事にショッピング終了です。
この画面になれば安心です

この画面になれば安心です


あとは届くのを待つばかり。自分で作ったトートがアメリカから海を渡って届くと思うと待っている間も嬉しさ倍増です!

長く使える確かな品質のトートだからこそ、自分でこだわってデザインしたスペシャルな一点を長く愛用する、という事が叶うUSオーダーに是非トライしてみて下さいね!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。