目の疲れを感じている人は、目のまわりのたるみに注意!

たるみ1

目もとのたるみが気になりませんか?

パソコンやスマホを使っていたら、目が疲れてショボショボしてくること、ありますね。そんなとき、鏡で顔をのぞいてみてください。目の下の皮膚がたるんでいたり、影ができていたりしませんか? 

目の疲れを感じるときは、目のまわりの血液やリンパ液の流れが悪くなっている証拠。これをほうっておくと、本来ならば排泄されるべき肌の老廃物が徐々にたまってきて、たるみが出てきくる危険性もあります。

「肌にたまる老廃物の存在を甘くみてはいけない」と美容皮膚科医の高須英津子先生は言います。

「よく太ももやヒップにセルライトができるといいますが、セルライトは皮下脂肪と老廃物がくっついてできるものです。そしてこのセルライト、顔にもできるのを知っていますか? 目の下のたるみ、フェイスラインのゆるみ・たるみ・凹凸感が気になる人は、顔にセルライトができている可能性もあります」。


朝晩、乳液や美容液をつけながら、加圧トリートメントを

それでは、肌に老廃物を溜め込まないためには、どうしたらいいのでしょうか?

「リンパ液の流れをサポートする“ながら加圧”を始めましょう。朝晩の乳液(または美容液)をつけるときに取り入れることができる加圧トリートメント法です。続けることで、老廃物がスムーズに排泄されるようになり、顔がすっきりとした印象になってきます」。この“ながら加圧”は、高須先生がプロデュースするメディカルエステティックサロン「juno」で施術されている「加圧マッサージ」のショートバージョン。自分で手軽に毎日取り入れられるようにアレンジしてあります。

“ながら加圧”は以下の4ステップ。朝または晩の洗顔後、化粧水、乳液(または美容液)を塗ったあとに始めます。2~3日に1回行うのがおすすめです。

1 〈目もとがすっきり!〉眉下を押す

加圧イラスト1

イラスト1 眉下を、目頭から目尻まで押していく。

親指の第一関節を使って、眉の下(目頭部分から目尻部分まで)を軽く押す。左右それぞれ3回程度行い、最後にこめかみを痛気持ちいい程度に押しながらグルグル回す。(イラスト1)

余裕があれば、このあと、眉毛が生えている部分の眉頭部分を、親指と人差し指で上下から挟むようにしてつまむ。つぎに、眉尻側に少し指を移動させてまたつまむ。これを眉尻まで続ける。


2 〈頬がすっきり!〉頬のツボを押す

たるみ2

イラスト2 頬にあるツボ(四白)を押す。

頬に神経が通っているツボ(四白/しはく)があるので、ここを人差し指の第二関節を使って押し上げる。痛気持ちいいくらいのところまで押し上げたら、ポンと手を離す。これを左右の頬に3回程度行う。(イラスト2)


3 〈フェイスラインがすっきり!〉頬全体を引き上げる

たるみ4

イラスト3 フェイスラインから頬までを、なでて引き上げる。


指で輪をつくる。あごに当て、そのまま耳たぶの下までなでる(イラスト3のA)。このとき、肉を挟むように引き上げるのがコツ。右側は右手、左側は左手を使い、左右交互になでる。これを3セット程度行う。

同じようにして、唇の横から耳までを、左右交互になでる(イラスト3のB)。3セット程度行う。最後に、小鼻の横からこめかみまでを、左右交互になでる(イラスト3のC)。3セット程度行う。


4 〈リンパ液を流す!〉目もとから首、鎖骨までさする

たるみ5

イラスト4 目もと、首筋、鎖骨までさすり、リンパ液を流す。

最後に、中指で目の下を、目頭から目尻までさすり、こめかみをプッシュ。そのまま首筋から鎖骨までさすり、リンパ液を流す。これを3回繰り返す。(イラスト4)

老化は目もと、フェイスラインから!

「老化は、目もととフェイスラインのたるみから見え始めます。だからこそ、顔の疲れをためないことが大切」と高須先生。“ながら加圧”を取り入れることで、顔にセルライトができるのを予防し、老廃物によるむくみ・たるみを感じさせない、すっきりとした目もと、フェイスラインを維持しましょう。


※記事監修/高須英津子
高須英津子先生

高須英津子先生

医療法人高須クリニック 栄院院長・名古屋院医師。美容皮膚科医・皮膚科医。ニキビで悩んだ経験から、自身の経験を生かした治療に定評がある。最先端の美容医療にも精通。国際レーザー学会認定医。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。