生豆を見せてもらう。珈琲豆特有の香ばしさはなくどことなく青臭い。

ほかのギャラリーを見る