憎き二重あごのたるみ・むくみは首で解消!

顔の肉が重力によって下に落ちて、あご下に溜まることでできる二重あご。太っている人だけじゃなく痩せている人もなるのをご存知ですか? 顔のリンパの流れが滞り老廃物がたまると、顔のむくみを引き起こします。それがたるみになってあごにたまることもあるんです!
舌筋を刺激してあごのお肉を撃退!

舌筋を刺激してあごのお肉を撃退!

首には血管・リンパ・顔をスッキリさせるツボが密集。しっかりストレッチして滞りを解消し、すっきりシャープなあごに変身しましょう!

今回鍛えるのは首と舌の筋肉。舌を突き出すことで、のどのインナーマッスルにつながる舌筋を刺激して、すっきりあごの180度美人に。


1:顔ヨガ・トカゲの舌ポーズ。頭を後ろに倒し、舌を突き出す

首筋を気持ちよく伸ばして

首筋を気持ちよく伸ばして


頭を後ろに倒し、舌をまっすぐ上に突き出します。根元からぐーんと伸ばしましょう!


舌の三角度合をチェック

舌の三角度合をチェック

舌はのどの奥から長く出して、舌先はしっかり尖らせ三角に!


2:舌先を天井にクイッ、クイッ、クイッのポーズ

のどが伸びるのを感じて

のどが伸びるのを感じて

舌先を尖らせて、鼻に向かって5回クイッと持ち上げます。のどのインナーマッスルを刺激します。

舌の突き出しが足りないとのどが伸びない

舌の突き出しが足りないとのどが伸びない

こちらはNG例。舌先を尖らせずに丸いままでは舌の筋肉が使えていません。のどの伸びを感じるまでしっかりと舌先を使いましょう。

顔ヨガ関連記事


参考書籍

顔ヨガ基本の8ポーズ、悩み別7ポーズ、スッキリする顔ツボに分け、分かりやすく解説しています。濡れてもOKな壁に貼れるお風呂ポスター付録付きです。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。