顔のむくみは速攻解消が重要!

顔のむくみは顔ヨガで解消

顔のむくみは顔ヨガで解消

朝起きたら「顔がむくんでる!」と思ったのに、時間がなくてそのまま外出や出勤をした経験はありませんか?

就寝中は顔を動かさないため、むくやすいのです。むくみは本来、血行やリンパの流れがよければ排出されてしまう水分が溜まってしまった状態ですが、放置すると、そのむくんだお肉がたるみに繋がってしまいます。

昼過ぎには落ち着きますが、その間、重くなった顔のお肉は普段より垂れやすくなってしまいます。朝のむくみは、速攻で解消する事が重要です。

表情筋をしっかり動かすことで、筋肉がポンプの役目を果たし、血行・リンパの流れを促進するのが「顔ヨガ」。その上で肌表面からもマッサージをプラスするとで効果は倍増するのです。


むくみ解消の顔ヨガ「ムンクのマッサージ」のやり方

内側と外側からダブルのアプローチで朝のむくみを解消するポーズ「ムンクのマッサージ」をご紹介します。洗顔やスキンケアを行いながら、毎日の習慣にしてしまいましょう!

1.口を「お」の形にして、目線は上。ほうれい線をぐっと伸ばすように顔を上下にストレッチします。

ムンクのマッサージ

ムンクのマッサージ1

人差し指の側面をほうれい線に当てて、ほほのお肉を耳まで移動するようなイメージで手を移動します。ほほにたまった老廃物・水分をしっかり流しましょう。


2.手が耳まで来たら、耳の前を通って首まで移動させます。
ムンクのマッサージ2

ムンクのマッサージ2

口から息を「はぁ~っ」吐きながら、アゴも少し上げて、首の広い面積を手でマッサージするようにします。
手には力を入れず老廃物を移動させるイメージで優しく行いましょう。

むくみがスッキリ解消すると、心まで軽やかになりますよね。顔がむくんだなと思ったら、朝だけでなくいつでも行ってみてくださいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。