ストレートアイロンで簡単!外巻き&内巻きカールの作り方

コテは難しくて苦手……でも毛先にカールが欲しい!という方におすすめなのがストレートアイロンを使った巻き髪。基本の内巻きと外ハネの巻き方をマスターしたら、あとは組み合わせるだけで3パターンの巻き髪が作れます。
ふんわり丸みのあるシルエット

ふんわり丸みのあるシルエット

 

【INDEX】

 

ベースのヘアスタイル

今回のモデルは、元々広がりやすい髪質ですが、あらかじめ根元から中間までをストレートアイロンでボリュームダウンさせてあります。

毛量の少ない方やすでにクセの強くない方は、そのままで結構です。毛量の多い方やクセのある方は、先にのばしておくとやりやすいです。詳しいやり方は「内巻きスタイリング・基本編」をご参照ください。
動きのないミディアムヘア

動きのないミディアムヘア

 

内巻きのやり方・カールの作り方

始めは優しく挟む

始めは優しく挟む


1. こめかみあたりでブロッキングし、毛束を持ち上げ、120度~150度前後の温度に設定したストレートアイロンで毛束の中間付近を優しく挟みます。 

挟み始めは力を入れすぎないように注意してください!強く挟みすぎると折れ目がついてしまいます。
 
半円を描くように

半円を描くように

2. 手首を返して半円を描くように下に滑らせます。挟む力を毛先に向かって少しづつ強めるとしっかりとしたカールができます。
 
右側に比べて弾力のあるカールができている

右側に比べて弾力のあるカールができている

3. カールがついた状態がこちら。カールを付けた左側と、反対側と比べると毛束が自然な内巻きになり動きが出てます。
 
ふんわり丸みのあるシルエット

ふんわり丸みのあるシルエット

4. 全て巻き終わった状態がこちら。丸みのある内巻きカールの完成です。
 

外巻きのやり方・外ハネの作り方

始めは優しく挟む

始めは優しく挟む

1. 挟み方、ブロッキングの仕方は内巻きの時と一緒です。毛束の中間を優しく挟みます。
 
手首を外側に返したまま真下に降ろす

手首を外側に返したまま真下に降ろす

2. 今度は手首を外側に返しながら毛束を真下に滑らせます。片手で毛先を持ちながら、ストレートアイロンを滑らせると外れにくくて巻きやすいです。
 
ボリュームが収まりコロンとした外ハネヘア

ボリュームが収まりコロンとした外ハネヘア

3. 巻き上がりがこちら。外ハネにした左側を反対側と比べると、コロンとしたカールがついています。ボリュームも抑えられます。
 
鎖骨あたりでコロンと跳ねる元気なヘア

鎖骨あたりでコロンと跳ねる元気なヘア

4. 全て巻き終わった状態がこちら。コロンとした毛先が元気な印象の外ハネスタイルです。
 

ミックス巻きのやり方・アレンジ方法

ランダムに内巻きと外ハネ巻をMIXすると、こんなに動きのあるカジュアルヘアに! 内巻きだけだとボリュームの出すぎてしまう方に、特にオススメです。襟足やハチ周りを外ハネにするだけでボリュームを抑えたスウィングカールができちゃいます。
ランダムな毛先の動きが可愛い

ランダムな毛先の動きが可愛い


前髪の巻き方についても「ストレートアイロン基本編」でご紹介しています。ボブからミディアム、ロングまで応用できますので、ぜひトライしてみてくださいね!
 

外ハネヘアスタイル関連記事

外ハネを取り入れたあか抜けヘアスタイル3選
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。