ストレートアイロンを使えば内巻きヘアは意外と簡単!

ブローや巻き髪は難しくて苦手……でもうねり、パサつきをなんとかしたい!そんな時にオススメのストレートアイロンを使った内巻きヘアをご紹介します。緩やかな内巻きはもちろん、顔周りの強いうねりも自然に伸ばせる方法を細かく解説します!
つや、まとまりのある自然なストレートヘア

つや、まとまりのある自然なストレートヘア

INDEX  

おすすめのタイプ

毛量: 多め
クセ: ややあり(生え際に強めのうねり)
髪質:広がりやすく 毛先がまとまりづらい。
 

内巻きストレートヘアのベースのスタイル

広がりやすく、肩に当たるとハネやすい長さのミディアムヘア。
広がりやすく、鎖骨あたりでハネやすい。

広がりやすく、鎖骨あたりでハネやすい。

 

ストレートアイロンの使い方・内巻きのやり方【基本編】

手ぐしで梳かすようにつける。

手ぐしで梳かすようにつける。

1. ベースにトリートメントオイルをつけておきます。湿った状態でアイロンを当てるとダメージにつながってしまうので 必ず乾いた状態からスタートしてください。
 
こめかみあたりでブロッキング

こめかみあたりでブロッキング

2. ブロッキングをします。ブロッキングをせずに毛束を厚く取りすぎてしまうと、なかなか均一に熱が伝わりません。自然な丸みをつけるためにもブロッキングをしましょう。
 
挟み始め部分は弱めの力で。

挟み始め部分は弱めの力で。

3. アイロンを通します。温度は120度~150度程度。 根元から5~6センチ程度離し、優しく挟みます。ここで力を入れすぎてしまうと中間部分にきつく跡がついてしまうので、ふんわり優しく挟みましょう。
 
手首を内側に返しながら

手首を内側に返しながら

4. ここからがポイントです!アイロンを毛先の方に向かって滑らせます。半円を描くように下に降ろすと緩やかな丸みがつきます。毛先に行くにつれて徐々に挟む力を強くしていきます。
 
ツヤが出て自然な丸みがついている

ツヤがでて自然な丸みがついている

5. 毛先まで通し終わった状態がこちら。ツヤ感と、自然な丸みが出ます。
 
この部分にカールをつけます。

この部分にカールをつけます。

6. 次は表面の髪を残して真ん中の段を作ります。カールのつけ方は同じ手順です。
 
中間あたりまででよい

中間あたりまででよい

7. ブロッキングした上の段も同じように仕上げ、トップの髪まで来たら真上に引き出してアイロンを通します。毛先は後ほどカールを作りますので中間付近まで通せれば良いでしょう。
 
この時も内側に手首を返す

この時も内側に手首を返す

8. 耳前の髪をひとまとめにし、中間から毛先に向かって優しく挟み半円を描くようにカールを作ります。これでフロント部分が完成です。
 
肩より前に引き出して

肩より前に引き出して

9. バックの髪は前に引き出して挟んでください。首筋のパネルは火傷をしやすいので根元まで挟まないように注意!3~4段に分け、フロントと同じ手順でカールをつけていき、7と同じようにひとまとめにして半円を描くようにまとめます。
 
半円を描くようにおろす

半円を描くようにおろす

10. 前髪のカールを作ります。 前髪部分を2~3パネルに分けます。パネルをおでこから離すように持ち上げ、それぞれ半円を描くように優しく滑らせます。

この時も力加減は優しめに。強すぎると折れ曲がった痕がついてしまいます。
 
こうする事でふんわりした前髪に

こうする事でふんわりした前髪に

11. 前髪の表面部分は、真上に持ち上げてから半円を描いて降ろすのがふんわりさせるコツです。

 

クセの強い部分の伸ばし方 【お悩み解消編】

生え際の根元に強めのクセがある状態

生え際の根元に強めのクセがある状態

1. 根元のクセが強い髪の方、または顔周りだけクセが強い場合は、ブロッキングを薄く取ります。
 
ブロッキングの線に対して平行

ブロッキングの線に対して平行に

2. ブロッキングしたラインとストレートアイロンを平行に当てて毛先まで滑らせます。 
 
まっすぐクセが伸びている

まっすぐクセが伸びている

3. 仕上がりがこちら。クセがまっすぐストレートに伸びているのがわかります。
 

内巻きストレートヘアの完成! ビフォーアフター比較

最後に、ストレートアイロンのビフォーアフターを左右で比べてみてください。向かって左側が、アイロンをあてた髪です。お肌の色まで透明感が出て見えますね!ブローやヘアアイロンよりも手軽なストレートアイロン操作のテクニック、ぜひマスターしてくださいね!
ツヤ、まとまり、ボリュームの差が歴然!

ツヤ、まとまり、ボリュームの差が歴然!

 

ストレートヘアの関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。