ベルルスコーニ氏が大動脈弁閉鎖不全症のために心臓手術

ミラノ

元イタリア首相で、サッカーのACミランを育てた元会長でもあるベルルスコーニ氏が、大動脈弁閉鎖不全症で危険な状態だと報じられたイタリア。6月14日に無事に手術が終わられたそうです

報道によりますと、元イタリア首相で、サ ッカーのACミランを育てた元会長でもあるベルルスコーニ氏が大動脈弁閉鎖不全症で一時は危険な状態となり、治療のおかげで持ち直し、この6月14日に心臓手術を受けられました。ACミランは本田圭佑選手が活躍しているチームですので皆さんご存知のことでしょう。この病気は心臓弁膜症の中では比較的よくある病気なのですが、どのような病気なのでしょうか。

以下は毎日新聞電子版からの引用です。
*****************************
ベルルスコーニ氏が心臓手術…政局流動化の兆し

毎日新聞2016年6月14日 20時36分(最終更新 6月14日 21時40分)

【ローマ福島良典】イタリアのベルルスコーニ元首相(79)が14日、北部ミラノの病院で心臓手術を受けた。20年以上、イタリア政治をけん引してきたカリスマの入院・手術で、同国政局は流動化の兆しを見せ始めている。後継指導者の名前も取りざたされ、「ベルルスコーニ後の時代の幕開け」(イタリア紙スタンパ)との見方も浮上している。

心臓外科の名医とされるオッタビオ・アルフィエリ医師が執刀。約4時間の手術で、機能不全になっている大動脈弁を切除し、ブタの弁から作られた人工弁に置き換えた。手術後、約1カ月間のリハビリ期間が必要。(後略)
*****************************
当初は大動脈弁の重度の機能不全と報じられていましたが、その後、大動脈弁閉鎖不全症と判明しました。

大動脈弁閉鎖不全症とは

a

赤い矢印が大動脈弁閉鎖不全症のときの血液の逆流を示します

大動脈弁閉鎖不全症とは、大動脈弁が閉じなくなり、せっかく心臓が全身へ送った血液のかなりの部分が逆流して心臓にもどってしまう病気です。健康な心臓と比較すると逆流した分だけ多量の血液をこなすことになり、心臓に負担がかかります。息切れやふらつき、胸痛ときに失神発作などが起こります。

そうした悪い状態が続いたり、逆流量がとくに多いなどの悪条件が重なり重症になると、その負担が過大になります。心臓が大きくなり、「心筋」という心臓の筋肉(クルマでいえばエンジンに相当する部分)が伸びきって変性して衰弱してしまうことがあります。

命にかかわる危険な状態だったと報じられたのはなぜか

a

大動脈弁閉鎖不全症は強い心不全を起こすことがあります

今回、一時は命に関わる危険な状態だと報じられましたが、これは大動脈弁閉鎖不全症の負担に心臓が耐えられなくなり、血圧が下がったり全身の状態が悪化したのかも知れません。

あるいは心臓とくに左心室が伸び切って丸くなり、形がくずれて左心室の入り口にある僧帽弁まで逆流する機能性僧帽弁閉鎖不全症が合併した可能性もあります。

こうなると心不全が加速し危険な状態になります。幸い病院での治療が功を奏し、その危険な状態は脱したようですが。

大動脈弁閉鎖不全症の原因・なぜ起こるのか

いくつかの可能性があり
a

同じ大動脈弁でも三尖と二尖では性質も病気の起こり方も異なります

ます。通常の3枚の弁尖(ひらひらと開閉する部分です)では弁の付け根が広がって弁尖が寸足らずになって逆流が起こったり、感染性心内膜炎でばい菌が弁尖について弁尖が壊れたり、ご高齢の方でしたら若いころのリウマチ性弁膜症の変化に年齢性の変化が加わって弁尖が硬くなったり縮んで不足してしまう、などさまざまな原因があります。

弁尖が2枚の二尖弁の場合は弁尖が年齢とともに壊れて逆流したり、大動脈の付け根が広がって弁尖が不足することで逆流になることもあります。

大動脈弁閉鎖不全症の治療法

a

生体弁のいろいろです

一般的には壊れた弁尖を切除し、人工弁を縫い付けることで逆流は治ります。60~65歳以下の方には金属でできた機械弁を、それ以上のご年齢の方にはブタやウシの組織で造った生体弁を用いることが多いです。

機械弁の場合はワーファリンという血栓予防のお薬を一生飲み続ける必要があり、そのために原則毎月血液検査を受けて薬の量を調節しなければならないため、機械弁を避けて生体弁を希望する患者さんが増えました。

a

TAVIに使う折りたたみ生体弁の一例です

その場合、10~15年後に生体弁が壊れた段階で再手術が必要になるのですが、最近進歩が著しいTAVI(たび)というカテーテルで折りたたんだ生体弁を下肢の動脈から入れて壊れた生体弁の中で展開するバルブ・イン・バルブという方法で再手術が一回は避けられることを先取りして生体弁を希望する方も増えました。ベルルスコーニさんの場合は79歳というご年齢から生体弁が植え込まれたようです。生体弁はこのご年齢なら20年は持つ可能性があります。

上記の二尖弁での大動脈弁閉鎖不全症では10代~30代などの若い患者さんが手術を受けられることもあります。その場合は生体弁では人生に何度も再手術またはTAVIを受ける必要があり、危険性が増える恐れがあるため、弁形成術で対処する専門施設が増えつつあります。大動脈弁形成術は高度な技術と豊かな経験が必要なためまだ一般的ではありません。

手術後はもとの生活に戻れるのか

a

元気な生活に戻ることが手術の目標です。重症患者さんではそのために工夫が必要なことも多々あります。

通常は戻れます。ただし前述のように心臓の筋肉が伸び切ったゴムのように壊れた場合は完全には戻らないこともあります。そこで手術には適切なタイミングがあり、これは専門医と相談するのが大切なのです。ベルルスコーニさんの場合はかなり悪化していた可能性があり、主治医であるザングリッロ医師はもとの仕事に復帰しないように勧めたいと手術前に語っていたようですが、どうなるでしょうか。

手術したアルフィエリ先生は腕利きの素晴らしい方で、著者も昔から交流があり、心機能を考えた手術をされたのではないかと期待しています。私たちの経験でも心機能が普通の半分以下に低下した患者さんでも手術の工夫によって正常レベルまで回復することが多いため、あながち希望がないわけではないと著者個人は思っています。

大動脈弁閉鎖不全症では病気がゆっくりと進行する場合などに、意外に症状がはっきりしない場合があります。少なくともじっとしていれば苦しくないという程度のことはよくあります。そしてじっとしていても苦しいというレベルに達したとき、心臓の筋肉はすでにもとに戻れないほど壊れていることがあるのです。これがこの病気の怖いところです。

心臓手術のタイミングは? 治療のガイドライン

こうした手遅れや、逆に早すぎる、つまり無駄のある手術を避けるために、学会がガイドラインを造っています。これを参照すれば多くの場合、適切なタイミングで患者さんにもっとも益する手術が可能となります。

いつのまにか心臓の筋肉が壊れてだめになってしまったという場合も専門医と相談したり、セカンドオピニオンをもらったりすると可能性が広がることがあります。

ベルルスコーニさんが早く回復し元気に仕事やサッカーなどの支援活動を回復されることを祈ります。

参考サイト: 心臓外科手術情報WEBの弁膜症のページ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項