ドラクエ、FFの本編がないのに、増収増益のスクエニ

ドラゴンクエストビルダーズの図

ドラゴンクエストビルダーズなど、スピンオフのスマッシュヒットはありましたが、何百万と売れる本編最新作は発売されていません

2016年5月12日、スクウェア・エニックス・ホールディングスは2016年3月期の決算報告を発表しました。内容はというと、売上高が約2,141億円で、前年度比27.5%増。本業の儲けを示す営業利益は260億円で、58.4%増となっています。58.4%増ってすごいですよね。メチャクチャ儲かっています。

スクウェア・エニックスという企業は、ドラゴンクエストシリーズかファイナルファンタジーシリーズの本編最新作をリリースすると、売り上げが大きく跳ね上がり、それがないと低調になる、という企業でした。

これは、スクウェア・エニックスに限らず、かつてのゲームメーカーには多かれ少なかれ見られた特徴で、人気シリーズタイトルを投入できれば業績があがるけれども、それを開発している間の期間は厳しくなるということが起こっていました。

しかし決算の内容を見てみると、そういった1本のビッグタイトルが牽引しての好調、というわけではどうやらなさそうです。ドラゴンクエストシリーズとファイナルファンタジーシリーズによって、収益の柱を立てているということは変わらないんですが、事業分野別では大きな変化が見られます。

ドラクエとFFを一気に販売した2012年を上回る売り上げ

FINALFANTASY XIII

2009年は2枚看板が大いにゲーム市場を盛り上げた年でした

まず、2016年3月期決算の、売上高約2,141億円というのがどういう数字なのかご説明しておきたいと思います。

これまで、スクウェア・エニックス合併後、もっと最も大きい売上高を記録したのは、2010年3月期決算の、約1,923億円でした。この時何があったのかというと、2009年7月に「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」、2009年12月に「ファイナルファンタジーXIII」を発売していたんですね。スクウェア・エニックスが誇る2大看板タイトルを一気に投入ということで、これまでにない売り上げを記録しました。

ところがです、2015年のスクウェア・エニックスは、ドラゴンクエストシリーズも、ファイナルファンタジーシリーズも、リメイクやスピンオフ作品はあるものの本編最新作は発売していません。にもかかわらず、売上高約2,141億円ということで、2010年3月期の記録を上回っているんですね。これは、ひと昔前であれば考えられなかったことです。

その背景には、収益の主役交代と収益構造の変化がうかがえます。

コンシューマーを上回ったスマホゲー

星のドラゴンクエストの図

モバイル端末向けにも、ドラゴンクエストシリーズや、FINAL FANYASYシリーズの作品が多数登場しています

まず真っ先に多くの人が思いつくのが、モバイル端末向けゲームの躍進だろう、というということです。そしてそれはもちろん当たっています。急成長を遂げるスマートデバイス・PCブラウザゲーム事業は、2013年3月期には売上高約227億円だったのが、2016年3月期では約688億円にまで成長しています。

「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」や「スクールガールストライカーズ」など、以前からリリースしていたタイトルに加えて、2015年にリリースされた「MOBIUS FINAL FANTASY」、「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」、「ファイナルファンタジーグランドマスターズ」や「星のドラゴンクエスト」などなど、多くのゲームが好調に推移しています。

スクウェア・エニックスでは、コンシューマー向けのゲームなどをHD事業という形でまとめていますが、2016年3月期のHD事業は約585億円ということで、スマートデバイス・PCブラウザゲーム事業に抜かれているんですね。

もっとも、コンシューマーゲーム事業は前年度比で伸びていまして、2016年3月期が特別に不調だったというわけではありません。しかし、それを上回る速度でスマートデバイス・PCブラウザゲーム事業が成長しているということになります

そしてもう1つ、スクウェア・エニックスの成長を支えている分野があります。

堅実に成長するMMO事業

ドラゴンクエストXの図

ドラゴンクエストXは着実に成長し、利益に貢献しています(イラスト 橋本モチチ)

もう1つ、タイトル数が少ないので売り上げ規模はHD事業や、スマートデバイス・PCブラウザゲーム事業に及びませんが、堅実に成長し、業績を安定させている分野があります。それが、MMO事業です。

MMO事業は「ドラゴンクエストX」と「ファイナルファンタジーXIV」の2タイトルが柱となります。ドラゴンクエストXが発売される前の年の2012年3月期決算では、MMO事業の売上高は約68億円でした。その後、2012年8月にドラゴンクエストXが発売、2013年8月にはファイナルファンタジーXIVも発売。2016年には売上高約316億円にまで成長しています。売上高には追加ディスクの販売やアイテム課金も含まれますが、月額の利用料がベースにあるため、業績を安定させやすい構造になっています。

ドラゴンクエストXが発売された当時は、初週販売数約40万本ということで、歴代の過去作と比較されてあまりに少ないと批判するメディアもありました。しかし、MMORPGであるドラゴンクエストXを単純に初週販売数で比較するのはあまり意味がありません。ゲーム業界ニュースでも、MMORPGとしては大成功のスタートですし、ビジネス的な意味で本当の評価が決まるのはその後の運営にかかっている、というお話をさせていただきました。

【関連記事】
ドラクエXがたった40万本でも大成功な理由(AllAboutゲーム業界ニュース)

それからもう4年近くが経つわけですが、ドラゴンクエストXは着実に成長し、ファイナルファンタジーXIVと共にMMO事業は毎年堅実に売り上げをあげています。

決算の内容を見ていくと、スクウェア・エニックスが好調である背景には、何年かに1度出るビッグタイトルに左右されない、オンラインゲーム関連を売上の基盤にしていることが分かります。

HD事業でIPを確立し、オンラインゲームで稼ぐ

FF15 、ドラクエ11の図

ファイナルファンタジーXV、ドラゴンクエストXIといった大型タイトルによって、ブランド価値を高めていきます(イラスト 橋本モチチ)

スマートデバイス・PCブラウザゲーム事業とMMO事業の共通点を言えば、長期運営によって、アイテム課金や月額利用料によって収益を得ていくことが可能なオンラインゲームである、ということです。これによって、何年かに一度登場するビッグタイトルが無くても、収益が安定し、成長が目指せる構造を作っています。では、もうHD事業のビッグタイトルはあまり重要ではないのでしょうか?

スクウェア・エニックスでは、実はそうは考えていないんですね。1つには、スマートデバイス・PCブラウザゲーム事業に抜かれたとはいえ、以前としてHD事業の売り上げが大きいことには変わりありません。そしてもう1つ、こちらの方がより重要かもしれませんが、事業分野で区別していくと、大きな変化が見られるんですが、タイトル別で考えると、結局のところドラゴンクエストシリーズとファイナルファンタジーシリーズで稼いでいる、ということは昔からずっと変わっていないんですね。

そして、このドラゴンクエストシリーズとファイナルファンタジーシリーズのブランド価値を大きく高めているのは、やっぱりHD事業のコンシューマー向けの本編最新作ということになるでしょう。スクウェア・エニックスは決算説明でも、ブランドの価値を高めていくために、今後もHD事業でビッグタイトルを発売していく、としています。

事実、2016年9月30日には、ファイナルファンタジーシリーズ本編最新作となる「ファイナルファンタジーXV」が発売予定ですし、ドラゴンクエストシリーズ本編最新作となる「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」はドラゴンクエスト30周年となる2016年5月27日から1年以内に発売したい、ということが発表されています。

ゲーム業界が大きく変化していく中で、既存のメーカーもその変化への対応が求められています。そんな中で、スクウェア・エニックスは、オンラインゲームで安定的な収益を確保しながら、HD事業への大胆な投資をすることで、タイトルのブランド価値を高めていく、というスタイルを確立しつつあります。そして、このスタイルを中長期的に続けていくためには、売上的な意味以上に、フラグシップとなるファイナルファンタジーXVやドラゴンクエスト11の質が重要になりそうです。

【関連記事】
ドラクエXがたった40万本でも大成功な理由(AllAboutゲーム業界ニュース)
超ゲーム初心者のためのドラクエってなあに?(AllAboutゲーム業界ニュース)
全ては精霊ルビスの導きのままに ドラクエビルダーズ(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連ページ】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。