【秘策2】リンパが密集する「内ももマッサージ」がむくみ解消の鍵!

リンパが密集する内ももマッサージでむくみ解消

リンパが密集する内ももマッサージでむくみ解消

次はマッサージ法をご紹介します。むくみ解消のマッサージというと、ふくらはぎを下から上へと必死にさする方が多いのでは?もちろんそれも効果的なのですが、実はもっと効果的な方法が!

それは内もものマッサージ。内ももには老廃物が流れるリンパがたくさんあります。そこが詰まっているとその先にあるふくらはぎをいくらマッサージしたところで、改善にはつながらないのです。

片足をパタンと外側に倒して床に座り、まずはリンパ節が密集している鼠蹊部を両手の平の付け根でグッと押してつまりを解消してからスタート!その後、内ももを同じく両手の平を使い痛気持ちいい程度の力で押していきましょう。自分の体重を上手く利用することで、負担なくマッサージできます。しばらくもみほぐしていると、だんだんとポカポカ柔らかくなってくるはずです。

 

【秘策3】お風呂の中で足首・ふくらはぎマッサージ

お風呂の中でゆっくりケア

お風呂の中でゆっくりケア

内もものむくみを解消したら、いよいよ気になる足首とふくらはぎのマッサージ。これはお風呂の中でもできるので、ゆっくり湯船で温まりながら行うのもおすすめです。

まずは足の指と手の指を絡ませ、足首を外回し、内回しともに20回ずつ大きく回します。足首の動きが悪くなるとむくみが悪化しやすいので、丁寧に動かして動きをスムーズにしてあげましょう。その後、外くるぶし、内くるぶしの下のくぼみのところを両手のこぶしでグリグリとマッサージ。むくんでいる方はかなり痛いはずです。最後にふくらはぎを下から上に10回程度さすりあげ、膝の後ろのリンパをプッシュして終了!

いかがでしたでしょうか?帰宅後の脚の垂直上げ、内ももマッサージ、入浴中の足首、ふくらはぎマッサージの3本立てケアで、翌日にはむくみがすっきり解消しているはずです。

梅雨シーズンもそれ以外の時も、今日の疲れを明日に持ち越さないために、ぜひ試してみてくださいね!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。