ツアー旅行のメリット&デメリットとは

tour

ツアー旅行のメリットもデメリットも両方知った上で、最適な旅を計画しましょう

ツアー旅行と一言で言っても、大きく分けて2種類あります。ひとつは、添乗員さんが旗を振って、それについて行くような完全なパッケージツアーの場合。もうひとつは、航空券とホテルだけがセットになっていて、あとはフリーのツアーの場合があります。最近では後者も増えていますね。はじめての海外旅行やはじめての国・地域の場合、また一人旅で不安な場合などは、ツアー旅行だと各種予約やトラブル対応などを旅行代理店にお願いしたり、添乗員や現地のスタッフに任せたりできるので何かと安心です。また航空券とホテルを別々に取るより安かったり、食事やオプションツアーなどもまとめて予約もできたりと便利。でもそんなツアー旅行にもデメリットがあります。

ここではツアー旅行を選ぶ前に知っておきたい5つのことをご紹介します。

飛行機やホテルを選べない!?

ツアー旅行は最低限、航空券とホテルがセットになっています。そのため価格だけで決めてしまうと「ホテルが最悪だった」なんてことにもなり兼ねません。ホテル指定のパッケージツアーもありますが、価格は変われどランクごとにホテルを選択できるツアーももちろんなりますので、予算にあわせて事前にホテルもチェックしましょう。またツアーによっては、1週間前まで航空会社が決まらない場合もあります。マイレージも貯まらないなど、加算比率が低いこともあるので事前に確認を。

実はツアーの方が割高になることも!?

添乗員がフルで同行しないフリープランのツアー旅行の方が、たいてい個人旅行よりも割安です。ただし場合によっては割高になることもあるので要注意。たとえば一人旅の場合、「一人部屋の追加料金」を払う必要があります(1人用の部屋を用意していないホテルが多く、2人部屋に1人で通されることになるため)。また延泊をする場合も割高になります。一方個人旅行の場合は、海外のホテルは一部屋あたりの旅行金設定なので人数が多ければ割安です。一人旅だと割高になりますが、長期割引等があるホテルを活用すれば割安になる場合もあります。人数や日数によって比較してみるといいですよ。

予約の変更ができない!?

個人旅行の場合、OPENチケットという種類のチケットであれば、帰りの日程や便を決めずに航空券を購入できます。一方でツアー旅行の場合は、途中で変更ができない場合が多いので、予約する前に確認しましょう。またツアーがはじまる前でも、予約した時点で変更ができないツアーもあるので、しっかり確認してから予約しましょう。日程や時間が変更する可能性があるときはツアー予約を避けたほうがよさそうです。

添乗員なしでも、自由度が下がる!?

旅慣れた人がツアー旅行を避けるのは、この自由度が下がるという思いがあるからではないでしょうか。いわゆる添乗員さんが同行するパックツアーの場合はもちろん、航空券とホテルだけのフリープランでも、空港からホテルまでの送迎がついていることも多いです。途中で強制的にお土産屋さんに寄ったりする場合もあるので、心しておきましょう。見知らぬ土地で空港からホテルまで自力でたどり着くのは不安な方にはうれしいサービスですし、交通費の節約にもなります。

観光名所だけでなく現地の人たちと触れ合ったり、道に迷ったり、多少のトラブルを経験するのも旅の醍醐味だと思っている人は、ツアー旅行は少々もの足りなく感じるかもしれません。逆に、トラブルはできるだけ避けたい旅行初心者の方はツアーが安心できるでしょう。

おすすめ! ツアー旅行の活用術

ガイドがおすすめするツアー旅行は、2,3泊くらいの短期間のフリープランのツアーです。個人旅行で海外に行くことがほとんどのガイドですが、短期滞在の場合は航空券とホテルがセットのフリープランのツアー旅行を活用し、1週間以上の長期滞在の場合は、航空券もホテルも個人でバラバラに手配します。理由は短期滞在の場合はツアー旅行の方が割安で、長期滞在の場合は個人旅行の方が割安だからです。また個人旅行の場合も、しっかりとガイドさんに案内してもらいたい場合は、現地のオプショナルツアーで現地ガイドさんを手配します。そうすることで、添乗員さんがべったりとついたツアーにはなりません。

みなさんも、ガイドの活用術を参考に、楽しい旅のプランを立てくださいね。

【関連記事】
LCCと大手航空会社、海外旅行に便利なのはどっち?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。