脚はみぞおち(お臍)から伸ばすイメージで、体幹を使うように意識しましょう。

ほかのギャラリーを見る