異動が決まったらやることとは?

異動が決まったらやること

異動・転勤が決まったらするべきことは?

突然の人事異動。何をするべきか混乱してしまうかもしれませんが、取引先や周囲に迷惑を掛けないように、段取りよく仕事を引き継いで、早く新しい環境に慣れるように準備しましょう。ここでは、異動や転勤の内示後から着任するまでにやるべきことを説明します。
 
⇒異動時の心構えとToDoリストについての詳しい記事はこちら
 

異動の内示が出たらやること

■引き継ぎ
スムーズに業務を引き継ぐために、仕事の棚卸しを進めましょう。引き継ぎ書を作ったり、顧客名簿の整理なども準備しましょう。異動や転勤の告知(周知)が可能になってからは後任者へ本格的に引き継ぎを始めます。時間があれば、後任者と一緒に仕事をする期間も設けましょう。

なお、引き継ぎが内示後か発令後かは企業によって異なるので上司の指示を仰ぎましょう。

⇒引き継ぎの段取りについて、詳しい記事はこちらの記事をご確認ください(退職についての記事ですが、やるべき事は同じです)

 

告知(周知)の許可が出てから異動日までにやること

■取引先への挨拶 (企業訪問編)
告知許可が下りたら、すぐに電話にて一方を入れて、早速お世話になってきた取引先やお客様に挨拶をしましょう。後任者を連れて挨拶回りをする方が引き継ぎもスムーズになると同時に、訪問先にも安心感を与えられるはずです。

■取引先への挨拶 (メール編)
止むを得ず、取引先やお客様の元へ出向けない場合はメールにて異動の挨拶をしても構いません。その場合は感謝の気持ちをしっかり伝えましょう。

⇒異動の挨拶をメールにて送る場合の詳しい文例は、こちらの記事をご確認ください。

※こんな時はどうしたら?
異動しても取引先との関わり方が変わらない場合でも、部署名や事務所に変更があるなら、知らせる方が無難です。

⇒異動しても取引先との関わり方が変わらない場合の、社外に送るお知らせメールの詳しい文例はこちらの記事をご確認ください。

■異動先・転任先(次の職場の上司)への挨拶
企業によっては内示後、もしくは発令後に次の職場の上司に挨拶をする場合があります。しきたりが分からない場合、上長の指示を仰ぎましょう。挨拶は、基本的には直接出向くか電話するべきですが、止むを得ない事情があるときはメールでも構いません。

⇒詳しいメール文例はこちらの記事をご確認ください。

■お世話になった人への挨拶/送別会での挨拶
お世話になった人へ、周知許可日に即一報入れることが、人間関係をより良くします。送別会などがあれば、そのときに改めて感謝の言葉を述べることも重要です。

⇒感謝の言葉を伝えるための心構えや挨拶のポイントについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口頭でお礼などをするほうが良いですが、やむを得ずメールなどで知らせる場合は簡潔に連絡しましょう。

⇒詳しいメール文例はこちらの記事をご確認ください。

■身の回りの整理整頓
使っていた机(デスク)やロッカーを整理しましょう。雑巾がけなどもしたほうが良いです。後任者に使っていた仕事道具・書類等を引き継ぐ場合も、整理をしましょう。

 

異動当日……最終日にやること・挨拶のマナー

■異動当日の挨拶(贈り物を渡す)
改めて挨拶をしましょう。このとき、感謝をこめてお礼の品(お菓子など、個別包装のもの。2000~3000円程度)を贈る場合もあります。

 

着任初日の挨拶はどうする? 異動したらやること

■着任の挨拶(社内)
新しい環境の第一歩として挨拶・自己紹介が求められる場面があるはずです。新任先に一刻も早く溶け込むために、好印象を持ってもらえるような自己紹介をしましょう。同時に、上司や仲間の名前を早く覚えましょう。

⇒名前と顔を覚えてもらうための自己紹介の作り方は、こちらの記事をご確認ください。

■着任の挨拶(社外)
引き継ぎを受け、これから社外でお世話になるお客様・取引先に着任を告げる挨拶をして、早速直接挨拶に出向くための約束をしましょう。着任の一報はメールでする企業も増えています。

⇒詳しい着任の挨拶メールの書き方については、こちらの記事をご確認ください。

■挨拶状を作る・送る
着任後2ヶ月以内に、挨拶状を贈りましょう。異動するときに贈り物などをもらった場合は、別途気持ち程度の返礼も贈りましょう。

⇒詳しい挨拶状の書き方は、こちらの記事をご確認ください。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。