フジ系月~金13:30放送の東海テレビ昼ドラ。1964年スタートと半世紀以上の歴史を持つ伝統ある枠です、しかしこの3月に遂に終了。
東海テレビ昼ドラは過去には複数あった昼ドラ枠の最後の生き残り。昼ドラが完全消滅するということを意味しています。
そこで昼ドラの歴史を振り返ってみましょう。

 

最初は昼帯ではなかった

昼ドラの元祖といわれるのは1960年フジテレビの『日日の背信』(にちにちのはいしん)。不倫ドラマで、当時は「よろめきドラマ」といわれていました。

『日日の背信』は昼13時スタートですが、毎月曜の週イチ放送。帯ドラマになったのは1961年のTBS13時からの15分ドラマ。
その後、1964年に東海テレビ昼ドラとフジ系13時からの「ライオン奥様劇場」が相次いでスタート。1969年にTBS系13時が「花王愛の劇場」、1971年にTBS系名古屋のCBCが13:45からの15分、1975年に同じくTBS系大阪のMBSが13:30から15分の帯ドラマをはじめ、TBS系とフジ系13時台の一時間が昼ドラで埋まります。


内容の多様化

内容面では初期は『日日の背信』の影響で「よろめき」がメイン。その流れがまず変わったのは1965年のライオン奥様劇場『愛染かつら』、最高視聴率40%弱の大ヒットから。これ以降1970年代にかけて文芸もの、純愛ものが主流になります。

次に内容が変わってきたのが70年代半ば。1976年、東海テレビ枠はそれまでの15分枠から30分枠に拡大します。その第一作が『三日月情話』。ヒロイン(藤田弓子)が初めての妊娠を知った日、夫(中山仁)は「竜宮城にいってくる」と謎の言葉を残し失踪。実は夫は大和朝廷の前から日本にいた出雲族の末裔で……という、近年のドロドロ路線を上回るぶっ飛んだストーリー。

同じく1976年、これも東海テレビ枠に志垣太郎主演の『あかんたれ』が登場。『細うで繁盛記』『どてらい男』でしられる花登筺脚本お得意の大阪商人もの路線。これと花登筺の最後の妻、星由里子主演の『ぬかるみの女』はいまだにローカル局などで再放送され続けている人気作です。

また1977年、ライオン奥様劇場の『私は泣かない』は市毛良枝と初井言榮が演じる嫁姑の対立をコミカルに描き、以後シリーズ化されるヒット作に。


ヒット作をシリーズ化

1981年から愛の劇場枠で『わが子よ』シリーズが6作品登場。ただ『私は泣かない』にしても『わが子よ』にしても主要キャストとテーマ的には共通ながら、ストーリーにつながりはありません。

90年代に入ると大家族ホームドラマシリーズ『天までとどけ』が登場。両親役が岡江久美子・綿引勝彦で8作。宮川大助・松田美由紀の新シリーズで5作、子どもたちの成長を年ごとに描いていきました。
99年からは『大好き!五つ子』が11作、『温泉へ行こう!』が5作と手堅くヒットが見込めるシリーズものが定番となります。

 

13:30からのMBS制作、13:45からのCBC制作の15分枠が1992年に統合され30分枠に。15分時代はあまりパッとしませんでしたが、30分になっての第一作はMBS制作、中村玉緒が看護師長を演じた『いのちの現場から』が全9作のシリーズ化。CBC制作も子役時代の井上真央のタンカで知られる『キッズ・ウォー』が1999年から全5作つくられます。

次は「ドロドロ路線



ドロドロ路線が完成

80年代後半には東海テレビ枠で「嵐三部作」が登場。1986年に田中美佐子主演で『愛の嵐』、高木美保主演で1988年に『華の嵐』と1989年に『夏の嵐』。
『愛の嵐』は原作がエミリー・ブロンテ「嵐が丘」。『夏の嵐』は「風と共に去りぬ」がモチーフ。『華の嵐』は前作『夏の嵐』の焼き直し的。大正から昭和を舞台に日本離れしたスケールの大きなドラマを展開し大ヒット。高木美保と三作共通の相手役・渡辺裕之はゴールデンコンビと呼ばれました。

ここから東海テレビ枠は愛憎を描くドロドロ路線が主流に。この路線をつきつめていったのは中島丈博脚本作品。『真珠夫人』『牡丹と薔薇』『冬の輪舞』などの話題作をうみだします。

東海テレビ昼ドラ、最後の作品は『嵐の涙』、一つ前が『新・牡丹と薔薇』でした。東海テレビ自身も代表作は嵐三部作と中島丈博脚本のシリーズだとおもっているのでしょう。


終了の原因は

昼ドラの栄枯盛衰はそれを見る専業主婦にかかっています。1950年代後半に白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫の「三種の神器」が普及。家事労働が軽くなり余裕ができるようになり昼ドラが始まりました。
スポンサーにも花王、ライオン、P&Gといった洗剤などを売るトイレタリーメーカーが並びます。

しかし90年代には専業主婦世帯が減少し共働き世帯に逆転され、00年代には差を広げられます。これに伴いTBS系13:30からのドラマ30は2008年に、13時からの愛の劇場は2009年に相次いで終了します。
東海テレビ枠は踏ん張ってきましたがついに終了となりました。

関連リンク
独立行政法人 労働政策研究・研修機構
統計情報Q&A:専業主婦世帯数と共働き世帯数の推移



女王中の女王は

最後に昼ドラといえば「昼ドラの女王」。その称号を持った女優は古くは『日日の背信』の池内淳子、『愛染かつら』の長内美那子から「嵐三部作」中二作主演の高木美保、『牡丹と薔薇』で「役立たずのブタ!」などの名セリフを産んだ小沢真珠などがいます。

島かおり

    島かおり

そんな中で一人あげさせてもらうと島かおり。「愛の劇場」枠に11回主演しています。最多主演は森尾由美で『大好き!五つ子』10作と『ラブの贈りもの』2作に主演。しかし島かおりの主演はシリーズものなしで達成しているのがすごい。
さらに島かおりは『キッズ・ウォー』にも祖母役で出演。二世代にわたってヒット作を持つ島かおりを「昼ドラ女王中の女王」と呼びたいと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。