予期しなかったURBAN DANCE再結成ライヴ!

ガイド:
今回は、URBAN DANCEの30周年記念ライヴを祝して、バンドを代表して、成田忍さんと松本浩一さんにご登場いただきます。成田さんには、以前4-DのメンバーとしてAll Aboutでのインタヴューにも登場いただきました。松本さんは僕がまだPOP ACADEMYというテクノポップ系サイトをやっていた時、情報を提供していただきました。今回のような、URBAN DANCEのメンバーとしてインタヴューができる機会が持てるとは、全く予想していませんでした。お二人は、この再結成の日が来ると予感していたのでしょうか?

4-D mode1が23年ぶりの新作を!
(All Aboutテクノポップ)
urbandance

URBAN DANCE (松本浩一、成田忍、小山謙吾)


成田:
周りの友人達から30周年だから何かやらなきゃね、と言われていたのですが、一昨年の終わりくらいにNon-Standardレーベルも同じく30周年なので、何かお祭りをやるなら、出てもいいかなくらいでした。まさかワンマンライヴまでやるとは全然思ってなかった。

松本:
確実な予感というものは有りませんでした。ただ、解散した頃はみんなまだ20代で若かったですし、その後経験やスキルを重ねていくうちに、何か再び集まったとしたら良い作品が出来るだろうなとは思い続けていました。また、東京で過ごした21年間の間にも、URBAN DANCEを知ってくれている方々と会うこともあり、そういう方々には再結成を望む声も多々ありました。

カセットテープで保管されていたデモ音源

ガイド:
昨年の12月9日にURBAN DANCEがNon-Standardに残した音源(『URBAN DANCE』『CERAMIC DANCER』『2 1/2 (TWO HALF)』)、カセットブック『DREAM EXPLORER』、デモ音源などを集めた2枚組CD『UD CHRONICLE』が発売されたました。初版は完売となり、再プレスとなる好評ですね。

UD CHRONICLE (amazon.co.jp)
udchronicle

UD CHRONICLE


成田:
今回熱い想いで作ってくれたライターの小暮秀夫君を中心にした製作スタッフがいなかったら、何も実現しなかったアルバムです。まず感謝の気持ちを言っておきたいです。ありがとう! おかげさまで売り切れになるなど嬉しい驚きです。デモ音源は僕自身はどこに行ったかもわからない状態でした(笑)。小暮君の持ってたお宝音源やら、松本が持っていた音源やら、苦労して見つけたものばかりです。

ガイド:
デモ音源は誰かがちゃんと保管されていたんですか?

松本:
全てのデモ音源はカセットテープで僕が保管していました。廃棄していたとしたら、今回の音源は日の目を見なかったでしょう。「A Moment's Pleasure」のYouTube音源は僕がアップしたのですが、まさか今回のように正式にリリースする日が来るとは思っていませんでした。もうオリジナルデモマスターのオープンリールテープは成田は廃棄しているようです。他にも、SHINOBU時代のライヴ音源やURBAN DANCEのライヴ音源もいくつか所有しています。

Urban Dance - "A Moment's Pleasure" (Original English Demo Take - Lead Vocal by Koichi Matsumoto)
(YouTube)

ガイド:
「A Moment's Pleasure」……うわぁ、これは知りませんでした! かっこいいです。

SHINOBU時代の音源

ガイド:
URBAN DANCEは、個人的にも大好きなバンドです。「Ceramic Love」は、今聴いても風化しない名曲だと思います。この曲は、URBAN DANCE結成以前に成田さんがSHINOBU名義でKang-Gung Recordsからリリースしたソノシートにまで遡るんですよね?

Ceramic Love (Discogs)
ceramiclove

Ceramic Love


成田:
「Ceramic Love」ね。褒めていただきありがとうございます。URBAN DANCEの1枚目は4-Dのころから何年かかけて作ってた音源のいわば、その時点の僕のベストアルバムです。

ガイド:
今回『UD CHRONICLE』に収録さ入れたカセットブック『DREAM EXPLORER』にも、「Ceramic Love (SHINOBU Version) 」が入っていますが、これはまたソノシート版とは違うのですか?

成田:
カセットとソノシートは同じ物と思ってます。

男女にアピールできたURBAN DANCE

ガイド:
URBAN DANCEは、男女両方にアピールできたバンドという印象があります。POP ACADEMYというサイトをやっていた時も、普段はほとんどのアーティスト情報が男性から来たのですが、URBAN DANCEは男女バランスが良かったです(笑)。当時を振り返って、URBAN DANCEのファンはどんな方たちが多かったのでしょうか?

松本:
当時は僕たちも若かったので、若い世代の女性ファンもいらっしゃいました。やはり、バランスが良かった気がします。6:4で男性の方が多かった印象です。今はほとんどが男性ファンじゃないでしょうか。これを機会にオジサン好きな女性ファンが増えてくれると嬉しいです(笑)!

成田:
当時を振り返っても国内であまり類似するバンドがなかったので答えにくいですが、YMOを好きな人達とニューロマンティック好きという感じだと思います。

海外のエレクトロポップと肩を並べられる作品を目指していた

ガイド:
また、海外のエレクトロポップ・ファンにURBAN DANCEを教えると、とても良い反応が返ってくることが多いです。英語詞の歌もあり、当時海外進出といった野望はなかったのでしょうか?

成田:
もちろん興味はありました。もっとセールス的に成功していれば実現していたと思います。ここは残念ですね。

松本:
海外進出まで考えるスパンも無く解散してしまいましたから。もし、2年以上続いていたとしても、レコード会社の意思からすると、逆に日本語の作品の方が増えて行ったんじゃないかと想像します。英語でやるのは、ニューウェイヴがディスコ(クラブは存在しない時代)で流れる時代だったので、個人的には、そういうところで流れて踊ってもらいたいと思っていました。僕は洋楽志向が強かったですから、海外のエレクトロポップ、ニューロマと肩を並べられる作品を目指していました。

解散した時の心境

ガイド:
URBAN DANCEは、『2 1/2 (TWO HALF)』のリリースを最後に解散となってしまうのですが、この時期みなさんの心境はどうだったのでしょう?

成田:
元々バンドというよりはフレキシブルなユニットみたいなつもりで作ったので、なんというか何がなんでも続ける、という根性は無かった(笑)。活動停止後も新しいメンバーを探してやり始めていましたが、これも残念ながら続かなかったですね。UD-ZEROという名義で2曲収録したコンピアルバムがあります。Alfaレコードから『Alternative Electrics Futurhythm 1992』にSoft Balletと一緒に入ってます。

Alternative Electrics Futurhythm 1992 (Discogs)
futurhythm

Alternative Electrics Futurhythm 1992


松本:
これは他でも話したことがありますが、ある日突然、成田からURBAN DANCEは次のライヴで解散する、というような感じで告げられました。心の準備は出来ていませんでしたがURBAN DANCEは成田のバンドだと思っていましたから、僕たちの役目は終わったのだと思いました。特に反対もせずに受け入れました。最後のライヴはオーディエンスにも告げられる事もなく終わってしまい、ファンの方々には不誠実な振る舞いをしていると感じていました。ですので、最後のライヴは感謝をこめていつもより気合を入れて取り組みました。多分、解散と伝えなかったのは、今思えば、成田がその後ソロプロジェクトとしてURBAN DANCEの名前を継続しようと考えていたのかもしれませんね。

幸宏さんと共演できて感激!

ガイド:
3月12日に第1弾の復活ライヴが恵比寿 CreAtoで行われました。プロデューサーでもあった高橋幸宏さんもスペシャル・ゲストとして登場されましたが、久しぶりのURBAN DANCEとしてのステージはいかがでしたか?
udtokyo

URBAN DANCE Tokyo Live


成田:
いやー緊張しまくりで。何をしゃべったかも覚えてません(笑)。やっぱり空気が一変する存在感でした! ドラムも無理にお願いして叩いてもらいまして、素晴らしかったです。まさかの初共演で感無量でした。

松本:
まずは、幸宏さんとリハーサルで再会出来たことは感激でした。幸宏さんは慣れるまで若干人見知り的なところがありますので、どう話しかけようかと思っていましたが、共通の知人、友人の話題からリラックスした感じになりました。僕は約15年ぶりに会いました。ライヴで幸宏さんの登場は皆さんお楽しみにされてたことは、間違い有りませんでしたね。自身の「音楽殺人」のカヴァーを提案いただき、オーディエンスの皆さんも、驚かれていたようでサプライズになりました。会場自体は非常に盛り上がり、多数の声援も頂き感激のライヴとなりました。皆さん本当にありがとうという気持ちでいっぱいです。

おかげさまで、緊張しまくる僕でもほぼ緊張しませんでしたが、個人的にはライヴでは毎回落ち込むほどに反省点があります。今回は2月の新宿ロフト以上の失態を「A Moment's Pleasure」の歌唱で晒してしまい、自己嫌悪に陥っています。次回のライヴに大きな課題を残す結果となりました。イヤーモニターによる、オケと自分の声のバランスなどの追い込みの重要性を思い知りました。ライヴ恐怖症になりそうです。克服します。

3月25日は大阪ライヴ、アフターもあり!

ガイド:
残す大阪ライヴは、3月25日に大阪南堀江の SOCORE FACTORYとなります。関西はお二人にとってもある意味ホームだと思うのですが、是非抱負を聞かせてください。

松本:
大阪に戻って来て3年が過ぎていますが、20年前まで居た頃とは友人関係も変わってしまいました。何人かは今でも繋がっていますが、みんな元気なのかな?というのが、大阪、京都に戻って来てからの印象です。ライヴは、東京に比べてどれほどの方が、覚えてくれているのか、再結成の情報をキャッチして観に来てくれるのか?その辺りは不安でもありますが、いつもどおりの体調で挑みたいと思います。

サワサキヨシヒロ氏とも久々なので楽しみですし、A.C.Eのの共演も期待しています。一番重要なのは僕らが楽しんで演奏できることで、皆さんに伝わると思っています。URBAN DANCEのファンの方々はとても暖かいので気持ちの後押しをしてくれています。ありがとうございます。アフターパーティも一緒に過ごしましょう。

成田:
今回のライヴは、全曲新しく音源を作り直して今の音に近い感じになってます。12日のライヴは予想以上に盛り上がったので、この勢いで楽しいライヴが出来ると思います。

新たに生でやる曲も考えてますのでこれも期待していてください。この後いつやるか全く分からないので、是非見逃さないように足を運んでもらえたら嬉しいです。ライヴ後は朝までパーティーやります。地方から遠征の方、是非楽しい時間を一緒に過ごしましょう!!

ガイド:
ライヴの狭間でお忙しい中、いろいろお話しいただき、ありがとうございました。大阪ライヴの成功を祈っております!

URBAN DANCE 30th Anniversary Live CERAMIC LOVE in Osaka 2016 (SCORE FACTORY)
udosaka

URBAN DANCE 30th Anniversary Live CERAMIC LOVE in Osaka 2016

udosaka

URBAN DANCE 30th Anniversary Live CERAMIC LOVE in Osaka 2016

*大阪公演にも出演予定でしたYukarie(THE THRILL:Sax)さんは、諸事情から出演することができなくなりました。楽しみにして頂いていた皆様には申し訳ありません。URBAN DANCE30周年記念の大阪公演は予定通り開催します。皆さまよろしくお願い致します。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。