R&S RECORDSにデモテープを送ったら……

ガイド:
サワサキヨシヒロさん、はじめまして。京都にお住いのサワサキさんとは今までお会いしていないのがある意味不思議なぐらいで、今回このようなインタヴューの機会が持てて、嬉しいです。宜しくお願いします! もともと京都出身なのでしょうか?

サワサキ:
こちらこそ、ありがとうございます!そうです、もともと京都生まれ京都育ちでございます。
sawasaki

サワサキヨシヒロ


ガイド:
じゃ、同郷ですね!
サワサキさんのデビュー作は、1994年のApollo(ベルギーのR&Sのサブレーベル)からの12インチシングル『Slumber/Space Race』とあります。何がきっかけとなって、海外レーベルからのデビューとなったのでしょう?

Slumber/Space Race (Discogs)
slumberspacerace

Slumber/Space Race


サワサキ:
あの当時、ヨーロッパの方でテクノのレーベルがどんどん出てきてて、日本でもDJやクラブ界隈では、テクノやアンビエントなどの作品をみんなが躍起になってチェックし出してて、ドンドンとリリースされて、新しい波が出てきた感じでした。で、僕はと言えば、実は、そんなにテクノとかDJのシーンを知らなくて、たまたまイベントで知り合ったイシイくん(ケンイシイ)がR&Sから、デモテープを送ってリリースしたのを知って、だったら僕も送ってみようと思って、良さそうな作品を出してるレコードレーベル数か所にデモテープを送ったんです。そしたら、R&S RECORDSから連絡が来て、リリースすることになったんです。運が良かったんですね。

元々ベーシストでプログレッシブロックなどの70年代オールドウェイヴロックが好きで、そういう流れでジャーマン・エレクトロニックミュージックやブライアンイーノのアンビエントシリーズを聴いていて、それに影響されてエレクトロニックミュージックを作ってたんです。それが、たまたま90年代のテクノ、チルアウト、アンビエントシーンとリンクしたのかな、と思ってます。

ラテンXテクノ

ガイド:
同じ年にSublime Recordsからアルバム『Perfumed Garden』をリリース。「Secret Samba」はアンビエントなサンバというか、サンバも入ったアンビエントというか、異種の複合具合が素敵です。ちなみにアルバム・タイトルは、RAH Bandと関係あるのでしょうか?

Perfumed Garden (Discogs)
perfumedgarden

Perfumed Garden


サワサキ:
RAH Bandの『Perfumed Garden』って曲がめちゃめちゃ好きで、実は20代前半某自動車会社に勤めてたので、あの曲を聴いて夕方の第三京浜や保土ヶ谷バイパスをクルーズするのが大好きだったんです。「Secret Samba」は「Secret Isle」という曲があって、そのリミックスバージョンをいろいろ作った中の1つですね。ジャングルドラムンベース・バージョンの「Secret Jungle」というのも、あります。

ガイド:

ラテンつながりで一つ脱線します。実を申しますと、サワサキさんが関わった最初の楽曲として僕が購入したのは、ソルトマティーナの『フリフリ!~魔法のケチャップダンス』に収録されていた「サワサキヨシヒロ LaTECHNO MIX」のリミックス仕事です。スペイン出身のLas Ketchupの大ヒット曲『Asereje』を調べていて、この和製Las Ketchupのカヴァーを見つけたのです。そして、サワサキさんのリミックスは、ラテンXテクノという自分の中では大好きな組み合わせだったのです。ラテンXテクノというのは、サワサキさんにとっては一つの重要なテーマなんでしょうか?

フリフリ!~魔法のケチャップダンス (amazon.co.jp)
furifuri

フリフリ!~魔法のケチャップダンス


サワサキ:
実はそうなんです、ラテンXテクノ、ってのはかなり好きで、一時期そういうのを出してる世界のレーベルばっかり集めてたんです。15年前ぐらいにイビサに行って、Es ParadisっていうクラブでDJしたんですが、夜中のクラブもさることながら、昼間に海岸でやってるオープンなパーティーが最高で、ラテン的なテクノがガンガン掛かってて、今でもそういうパラダイス感ってのを日本でも出来ればなあと思うんですよいつも。温泉でいつかそういうの出来ないかなあと、ほんと思ってます。「サワサキくんはラテンディスコ、合ってるよ」ってよく言われるんで、次のアルバムは「ラテン温泉」で作ろうかな、っと(笑)。

ドラムンベースの先駆け

ガイド:
1996年の『NIGHT CRUISING EP』は、日本でドラムンベースを取り入れた先駆け的作品とされていますが、ドラムンベースとの出会いは何だったのでしょう?

NIGHT CRUISING EP (Discogs)
nightcruising

NIGHT CRUISING EP


Secret Jungle (YouTube)

サワサキ:
実は、R&Sや日本のサブライム、トランソニックなど、クラブやDJカルチャーのレーベルから出してるにもかかわらず、僕は当時、全然DJ稼業をしてなかったんです。やったことは何度もあったんですが、「僕はクリエーターなんで、人の曲をかけるDJなんて、どうなんかなあ」って気持ちが強くて。そうこうしてる時に、サブライム主宰の山崎さん(DJ YAMA)が「今、イギリスではドラムンベースとかジャングルがすごいんだよ!ロック好きなサワサキくんだったら、ドラムンベース、絶対ハマると思うよ。ドラムンベースを作ったりDJしてる人、日本じゃまだいないから絶対いいよ!」と、ガンガン聴かせてくれたんですよ。

で、その時丁度、ロンドン帰りのDJ FORCEくんと知りあって、ドラムンベースのアナログをごっそり持って帰ってきて、そこで意気投合して、ドラムンベースならDJやってもなんかいいかも、と思いだしたんです。でも、まだほとんど知られてないドラムンベースなんで、都内のどこのクラブでもやらせてもらえる感じはなくて、吉祥寺のクラブでドラムンベース、ジャングルオンリーのパーティーをやり始めたんです。たぶん日本で初のドラムンベースのパーティーだったのかも。

で、僕はドラムンベースにマイルスデイビスのLIVE EVILとか、MAGMAのアタックとかをつなぐ、とかそういうプログレとか70年代ロックとの融合が成しうる、ってことがかなり自分の中でワクワクしまくりで、そこからドンドンとドラムンベースDJやドラムンベース制作にハマっていった感じですね。ドラムンベースとかDJの道に導いてくれたDJ YAMAさんには今でもほんと感謝してるんです。

今思うとアホだったなあ

ガイド:
2000年にアルバム『Presents Dr. YS & The Cosmic Drunkards』をリリース。デビュー以来、Techno The Gong、Meditation Y.S.、Doctor YS & the Cosmic Drunkardsなど名義がコロコロと変わってきていますが、これはその時の気分とか(笑)?

Presents Dr. YS & The Cosmic Drunkards (Discogs)
drys

Presents Dr. YS & The Cosmic Drunkards


サワサキ:
名義で作風を変えてた、とか実は全然なくて、ほんと気分というか、名前とか作品名とか、どっちなん?わけわからん?ってのが面白いなあと思ってたんです。でも、今思うとアホだったなあと思ってるんですよ。ずーっとサワサキヨシヒロ名義だったら、レコード屋さんのカタログとか棚も「サワサキヨシヒロ」の作品で統一出来て売りやすかっただろなあと(笑)。

「ゆるキャラ音頭」も日の目を見る日が来ることを!

ガイド:
2008年、みうらじゅんさんが作詞、橋幸夫さんが歌う、「ゆるキャラ音頭」の作曲を担当されました。「ゆるキャラ」という言葉はすでに完全に日本語として定着していますが、「一人電通」ことみうらじゅんさんが名付け親ですね。サワサキさんは、デビュー前にみうらじゅんさんの事務所におられたとか。そこでは何をされていたんですか?

ゆるキャラ音頭 (amazon.co.jp)
yurucharaondo

ゆるキャラ音頭




サワサキ:
みうらさんの実家と僕の実家が近くだ、とかもあって、たまたま知り合って仲良くしてもらってたんです。みうらさんのアシスタントが辞められる、ということで、僕は一応サラリーマンをやった経験があったので、「事務所仕事やってくれるか」ってお誘い受けたんです。仕事としては、原稿受け渡しから、打ち合わせなどスケジュール調整、TVやラジオ出演とかではマネージャーとして付いていったり、ゆるキャラなどの面白いグッズやキャラクターを如何に集めるか、とか、それを広めるために如何に出版社の編集長の名刺と名前を頭の中にいれておくか、とか、打ち上げのための新宿のいい飲み屋さんの電話番号を覚えて、いざという時に如何に飲み屋を押さえるか、などなど何から何までですね。まさに天才みうらじゅんが思いついた発想を具体化していく「一人電通」のサポートです。

その後、僕は音楽仕事で1人立ちできるようになったんで、事務所を離れましたが、その後も「ゆるキャラ音頭」だけでなく、東京ドームで行われたゆるキャラの祭典「みうらじゅんin東京ドーム 郷土愛2004」の総合音楽プロデューサーもやらせていただいたり、なんだかんだでみうらさんとは今でもお仕事させてもらってるんです。ゆるキャラ音頭はリリースしてもう10年近く経つんですけど、あの橋幸夫さんが歌ってるにもかかわらず、いっこうに流行る兆しもなく、毎年「ああ、今年も「ゆるキャラ」は流行ったけど、「ゆるキャラ音頭」は流行らなかったなあ」と嘆いています(笑)。「マツケンサンバ」がリリースされて数年後に流行った如く、いつか「ゆるキャラ音頭」も世の中に日の目を見る日が来ることを、祈ってる、はや10年、でございます(笑)。
sawasaki

サワサキヨシヒロ


おケツを叩かれるとやる人なんです

ガイド:
最新作『SAWASAKI IS BACK! 』の話にやっと辿り着きました! これは16年ぶりのソロアルバムと理解しますが、このタイミングで作品を発表しようとした理由は?

SAWASAKI IS BACK! (disk union)
sawasakiisback

SAWASAKI IS BACK!


1. onsen girls
2. maybe it’s coming up
3. blue cafe
4. bubble up!
5. pumping pingpong
6. is the casino really legal in onsen resorts?
7. onsen girls (long mix)
8. blue cafe (long mix)



サワサキ:
これはたまたま、京都のDJどぶさんと親しくなり、Chelip(チェリップ)さんの曲を書いたりした流れで、DJどぶさんが「出しましょう!」と後押しして下さったからですね。実は曲は、ちょっと手直しすればほぼ完成っていうのが何十曲もあって、ドンドン出せる状態なんです。でもやっぱり自分でリリースをやっていくには腰が重くて、ドンドン月日が経ってしまったって感じですね。「サワサキさん!いいですよ!出しましょうよ!」って煽てられると「よし、出すぞ!」ってなる、そういう単純なことなんです。おケツを叩かれるとやる人なんですよねえ僕、実は。ですから、みなさん、どんどん僕のオケツ叩いてください。どんどん頑張って仕事しますので! 音楽も作りますしDJもしますし、温泉イベントもやりますし、温泉原稿も書きますよ!

アイドルにポップスを提供してたのに憧れてたんです

ガイド:
オープニングを飾る「onsen girls」は、井次麻友ちゃんと藤井美音ちゃんからなる鳥取発のアイドルデュオ、Chelipが歌っています。サワサキさんは、昨年、「Change the Power!!!」「ガールズ・ミッドナイト」の2曲を提供されていますが、どのような経緯で関わることになったのですか?

Change the Power!!! (amazon.co.jp)
changethepower

Change the Power




サワサキ:
これはDJどぶさんがChelipのプロデュースをしてたからですね。僕は、一応はテクノ人、ということになってるのですが、元々歌謡曲やJ-POPも大好きで、それこそ、SMAPさんにも曲を書いてますし、ポップスを作曲するのは大好きなんです。昔YMOの人達が、YMOではかなり進歩的な音楽をやってるのだけれど、それと並行して松田聖子さんなどのアイドルにポップスを提供してたのに、グッと来て憧れてたんです。今僕もそういう立ち位置で仕事出来たらなあと思ってるんです、いつも。

「温泉」が好きで好きでたまらない

ガイド:
「onsen girls」「is the casino really legal in onsen resorts?」と「温泉」が一つのテーマになっています。温泉のスポーツと言えば卓球ですから、「pumping pingpong」もそっちですね。「温泉」にこだわる理由は?

サワサキ:
まさに、今回のテーマは「温泉」なんです。というか、たぶんこれから僕は温泉をテーマにした音楽ばっかり作っていこうと思ってるんです。ずーと温泉。なぜ温泉にこだわるのか。これはもう「温泉」が好きで好きでたまらないからですね。これを語り出したらもうキリがないので、僕の「自然湧出温泉至上主義宣言」を読んでいただければと思います!

自然湧出温泉至上主義宣言 (naturally gushing.com)
sawasaki

サワサキヨシヒロ


ガイド:
「温泉」と言えば、サワサキさんは「シンセ温泉」の主催もされています。一見、交わらないこのシンセと温泉がどうして融合してしまったのでしょう?

サワサキ:
無理やりです(笑)。しかしながら、シンセの気持ち良い音色に包まれるのと、温泉の湯に包まれるのは、そのリラックス感で共通するものがあるんではないかと思ったりしてます。

ガイド:
実際に温泉地でイベントは行われるのでしょうか?

サワサキ:
はい。昨年7月に「シンセ温泉 IN 山陰湯村温泉」を開催したのですが、シンセライヴは、機材がものすごく多くて、搬入搬出が大変なのですが、温泉旅館で泊まりでの開催となると、1日目の夜遅くまでイベントをした後、機材を片付けなくてもいい、というメリットがあるんです。お客さんも旅館で温泉に入ってすぐ寝れますし、演者もリラックスしてライヴが出来るし、お客さんも終電を気にせずに楽しめるんですよね。そういう意味で「シンセ温泉 IN 本物温泉」は、かなり可能性のあるイベントになるのではないかと思ってます。なんとか、今年も本物温泉地での開催をしたいと思ってますので、もしうちところでやりたい!という温泉旅館さんがあれば、ご連絡ください! 東京からも関西からも地の利がいい、熱海とか湯河原、箱根辺りなら最高でございます! ご連絡お待ちしております!
sawasaki

サワサキヨシヒロ


宇宙的なトリップ感を感じるんです

ガイド:
話をアルバムに戻します。アルバム全体を聴いてみると、シンセサイザーのシュワ~、ウニュ~、ビューンという音の気持ちよさに圧倒されます。音の快感というのが、サワサキさんが作る音楽ではとても大事な部分だと思うんですが、そのあたりは強く意識されるのでしょうか?

サワサキ:

やっぱりシンセの上昇音とか、ブリ―プ音が好きなんですよね。宇宙的なトリップ感を感じるんですよ。プログレッシブバンドのGongが大好きなんですけど、Gongを聴いてると、シンセサイザー・アーティストのTim Blakeがアナログシンセで空間的宇宙音を鳴らしてて、そういう空気感を今のテクノやクラブ的なサウンドで体現したいと思ってるんです。

ガイド:
アルバムの制作にあたっては、どのような機材を使われたのでしょうか?

サワサキ:
アナログシンセは、RolandのSystem 100M、KORGの MS-20 Vintage、Will Systems MAB-303ですね。この3台は昔から使ってて、自分的にグッとくる音色が出せるので、僕のサウンドの個性になってるのかなと思ってます。あとは、音楽制作ソフトで、Cubase 8です。僕は今までずーっとCubaseユーザーなんです。

リリースパーティーやります!

ガイド:
最後にリリースイベントなど、今後の予定について教えてください。

サワサキ:
今のところ決まってるイベントは、以下2つですが、リリースパーティー第2弾、第3弾を随時やっていこうと思ってます。サワサキヨシヒロニューアルバム特設サイトの方で、随時アップしていきますのでチェックしてください! 

サワサキヨシヒロニューアルバム特設サイト (どうぶつレコード)

2016.3.25 (Fri)
URBAN DANCE 30th Anniversary Live CERAMIC LOVE in Osaka 2016」に出演決定!

2016.3.27 (Sun) 14:30-19:00
サワサキヨシヒロニューアルバム「SAWASAKI IS BACK!」リリースパーティー第一弾!!@京都BLUE EYES
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。