ソロアルバムを発表してから今年で20年

ガイド:
約1年の間隔で、お久しぶりです。中野さんには、2011年の活動開始からここまで3回のインタヴューをさせていただきました。今回、ベストアルバム『TERUO NAKANO 1996-2016』が3月16日に発売となりますが、今まで聞けていなかったことも含めて、集大成となったこの作品についてお伺いします。32ページにわたるブックレットも付いてくるとのことですが、このタイミングで、ベスト盤を発表しようとしたの訳は?

TERUO NAKANO 1996-2016 (amazon.co.jp)
teruonakano1996-2016

TERUO NAKANO 1996-2016


中野テルヲさん、活動再開! (All Aboutテクノポップ)
中野テルヲ~Deep Architecture (All Aboutテクノポップ)
中野テルヲのエレクトロなSwing! (All Aboutテクノポップ)

中野:
1996年にソロアルバムを発表してから今年で20年ということで、これまでの作品をベストアルバムという形でまとめようというものです。廃盤になっている1st『User Unknown』と2nd『Dump Request 99-05』の再発を望む声もあったのですが、単なる再発はしたくないというところではレーベルとも考えが同じでした。そこでこのベストアルバムを2枚組という仕様にして、ディスク1の方には1stと2ndから多くを収録しようと。

User Unknown
userunknown

User Unknown


Dump Request 99-05
dumprequest

Dump Request


ガイド:
ジャケットのアートワークは、電球、それとも、以前説明いただいた超音波センサーのキセノン菅? これは、中野さんのトレードマークのようになっています(笑)。やはり愛着があるんですか?

中野:
はい、電球には愛着があります(笑)。ジャケットのそれはキセノン管ではなく、白熱電球とそのフィラメントの部分ですね。デザイナーの中井氏が考えてくれたものです。
teruwonakano

中野テルヲ


UTS(Under Techno System)とは?

ガイド:
ディスク1は、初期のソロ作品『User Unknown』(1996年)から9曲(新録も含む)。『User Unknown』では、中野さんと同じくP-MODELに在籍した高橋芳一さんが参加し、高橋さんが作成したUTS(Under Techno System)が使われています。UTSにはどのように出会い、使う経緯となったのですか?

中野:
UTSの始まりは、LONG VACATIONのステージでオリジナルの電子楽器を使いたいという私の要望と、高橋君が長年あたためていた楽器開発のアイデアが合致したものです。第1号は電鍵のトリガーで発振器が発音し電球が発光するUTS-1。ここからステージで電球を光らせることが始まったんですね。その後もUTSシリーズは高橋君によって生み出されていきます。超音波センサーによるインターフェイスUTS-6(手刀によるトリガー演奏システム)は私の通常のライヴセットにおける重要なアイテムとなっています。ちなみにUTS-1やUTS-2は現在では高橋君自身の音楽活動の中で使用されています。

愛着のあったスタジオ名称から

ガイド:
2曲目の「Uhlandstr On-Line」の「Uhlandstr」とはベルリンにある駅「ウーランストラッセ」ですね。それ以前から、古村昌史さんと『Uhlandstr Endless』というタイトルで、AからFまでなるMacintosh用フロッピーディスクによる変則的なリリースをされていますが、「Uhlandstr On-Line」はその延長線上にある作品と考えていいのでしょうか?

中野:
「Uhlandstr Endless」のAのフロッピーには古村氏のグラフィックに合わせて再生される短いサウンドループが収録されているのですが、そのサウンドループを発展させて出来上がった曲が「Uhlandstr On-Line」という訳です。

ガイド:
「ウーランストラッセ節」という曲もあり、「ウーランストラッセ」には強いこだわりがあるように思われますが、何か特殊な思い出でもあるのでしょうか?

中野:

作品の世界の中ではあくまで“仮想の場所”としてのイメージです。LONG VACATIONの1stアルバムのレコーディングで訪れたベルリンは刺激的でした。ベルリンから帰ってきて、LONG VACATIONの音源制作の為に私の自宅に設置されたスタジオにKERAさんが付けてくれた名称が「Uhlandstr Studio」でした。たいへん愛着がありましたのでその「Uhlandstr」を拝借、使用させていただいたというものです。
teruwonakano

中野テルヲ [2000年頃]


初のソロライヴで“無人”で演奏

ガイド:
『User Unknown』と『Dump Request 99-05』を横断する形で、「Run Radio」というタイトルで、IからIVまで収録されています。番号が違うだけですが、曲の表情はそれぞれ個性があります。その中でも「Run Radio II」は僕のお気に入りで、とても小気味いい電子ポップスと感じます。これは最初からラジオ・シリーズとして作るつもりだったのですか?

中野:
はい、タイトル通りどれもがラジオをテーマにした曲であります。実は「Run Radio IV」も『User Unknown』のレコーディング時には曲としてはすでにあったのです。曲数の関係でそれには収録されませんでしたが、発売記念でもある初のソロライヴのアンコールで初演、“無人”で演奏していますね。

短波少年のスカイセンサー5900

ガイド:
『Dump Request 99-05』からの「Let's Go Skysensor」は、タイトル通りスカイセンサーを駆使したスカイセンサーのための曲。スカイセンサーについては、以前その仕組みを解説していただきました。スカイセンサー5900がベースになっていると理解しますが、その前のスカイセンサー5800なら昔持っていました(売ってしまったので、手元にないのが残念です)。ご自身もBCL(短波による国際放送を楽しむ趣味)が原体験としてあるとのことですが、その時使っていたのもスカイセンサー5900だったのでしょうか? 短波少年として何を主に聴いていたのですか?

中野:
BCLの当時に使っていたのもスカイセンサー5900でした。主に聞いていたのは海外の日本語放送ですね。放送開始前に流れるインターバルシグナルというのがあって、音楽だったり鳥の声だったりとその国その放送局によって様々なんですけど、このインターバルシグナルを聞くのがとても好きでした。中でもモスクワ放送の音楽は美しく哀愁があり、今でも自分の中に深く刷り込まれています。

Computer Love

ガイド:
Kraftwerkのカヴァー「Computer Love」は元々トリビュートアルバム『MUSIQUE NON STOP ~A TRIBUTE TO KRAFTWERK』(1995年)に収録されていた曲(収録は「2005 Recovery」ヴァージョン)ですが、トリビュートの際にこの曲を選んだ理由は?

MUSIQUE NON STOP ~A TRIBUTE TO KRAFTWERK (amazon.co.jp)
musiquenonstop

MUSIQUE NON STOP ~A TRIBUTE TO KRAFTWERK


中野:
この頃は4声のハーモニーというアレンジに凝っていまして、それが効果的に出る旋律というところでいろいろな曲でそれを試した結果この「Computer Love」になりました。

刺激にもなった電子音楽部

ガイド:
では、ディスク2に行きましょう。『Signal/Noise』(2011年)以降のソロ作については、今までのインタヴューでかなり教えてもらったので、新曲も含めてそれ以外の部分を中心に伺いたいと思います。オムニバスアルバム『電子音楽部』(2010年)からは、「Raindrops Keep Fallin' On My Desktop」のExtendedヴァージョン。電子音楽部は、中野さんに加えて、FLOPPYの小林写楽さん・戸田宏武さん、soyuz projectの福間創さん、そして三浦俊一さんの5名からなる「部」と理解しますが、ここでの活動はソロとしての本格始動へのきっかけとなったのでしょうか?

電子音楽部 (amazon.co.jp)
electricmusicdivision

電子音楽部


電子音楽部 (ナタリー)

中野:
動きとして自分の中で大きなきっかけになったのはその前年のイベント「DRIVE TO 2010」への出演でしょうか。そこからいくつかのイベント出演、自主制作CD-R「Pilot Run」等のリリースを経て2010年のワンマンへとつながった流れ。その後の『電子音楽部』への参加から現在のマネジメントになり、環境的にも整っていきました。戸田君にはリミックスをしてもらったり、写楽君には前作『Swing』にチップチューンで参加してもらいました。そういったアーティスト達のする“イイ仕事”は刺激にもなりますね。

Signal/Noise (amazon.co.jp)
signalnoise

Signal/Noise


Oscillator and Spaceship (amazon.co.jp)
oscillatorandspaceship

Oscillator and Spaceship


Deep Architecture (amazon.co.jp)
deeparchitecture

Deep Architecture


Swing (amazon.co.jp)
swing

Swing


なんとなく耳にしていた「今夜はブギー・バック」

ガイド:
中野さんは結構意表をついたカヴァーをしますよね(笑)。アルバム『Deep Architecture』に収録されたThe Stalinの「ロマンチスト」とか。今回は、小沢健二 featuring スチャダラパー(またはスチャダラパー featuring 小沢健二)の「今夜はブギー・バック」! 1994年のヒット曲で、ちょうどJ-RAPなどという言葉もありました。中野電子音流だけど、同時にストレートにヒップホップしていますね。これは原体験とかあった曲なのでしょうか?

中野:
当時はなんとなく耳にしていたくらいだったと思います。いい曲なので印象にはあったのでしょうね。その記憶が2014年12月のワンマンの準備中、ブレイクビーツを選んでいる時に突然降ってきたという感じです。ライヴで一度だけ披露してそのまま寝かせておいたんですね。ちゃんと作り込み、音源として発表できる機会をうかがっていました。ソロではブレイクビーツの使用、特に2010年以降はCDJなどの機材やボイスの使い方などヒップホップ的なアプローチもしていましたので、自分としてはすんなり取り込めたという感じです。
teruwonakano

中野テルヲ


フラメンコのステップに引き寄せられた

ガイド:
「IDは異邦人」は、異種交配度が素晴らしいラテン系電子ポップ。実は、中南米のテクノポップが好きで、個人的にはツボです。一見、ラテン系には見えない中野さんですが、好きなラテン音楽などあれば、教えてください。

中野:
すみません、実はラテン音楽にはそんなに詳しくないのです(笑)。たまたまフラメンコのステップに引き寄せられたという。

東名阪でツアー

ガイド:
東名阪でツアーも予定されているとのこと。中野さんのライヴは仕掛けもあって、楽しみです。見所・聴き所などありましたら、ヒントをください。

中野:
6~7月の東名阪は20周年の記念のツアーということで、それにふさわしいセットリストになると思います。各地ともワンマン公演です。曲に演奏、パフォーマンスの全てをたっぷり楽しんでもらえたらと思います。たくさんのお越しをお待ちしています。

中野テルヲ Official Website
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。