2016年3月の、クラシックのおすすめ新譜CDをご紹介!

毎月大量に発売されるクラシックの新譜CD。その中からレコード会社が自信をもってオススメするアルバムをセレクト&オススメコメントをもらい、更にガイド大塚が聴き手としての感想をつけて紹介していきます。2016年3月のオススメはこれだ!
(発売前、発売延期、売り切れなどの場合もございます。ご了承くださいませ。直接CD店に行く場合などはご注意くださいませ)

 

山田和樹(指揮)、 マーラー:交響曲第2番『復活』

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
国内外から最も注目を浴びる山田和樹が、全身全霊を傾け挑んだマーラーの「復活」が遂にCD化。昨年1月スタートした「山田和樹 マーラー・ツィクルス」の第2番をライヴ・レコーディング。輝かしい響きと情熱的な演奏で、会場は大いに沸き上がりました。山田が正指揮者を務める日本フィルと、音楽監督を務める東京混声合唱団という最高のサポートのもと、自身をマーラーの世界へ捧げ、ひたすら音楽へ勇往邁進していきます。

■ガイド大塚の感想
実に堂々たる、山田和樹の力量を十二分に伝えるアルバム。特に伸びやかな音、爽やかで穏やかな情景などは彼らしい特徴的なもので比類なく、全体としても一画一画に意識を張り巡らせ、壮大な物語を感動的に描き切る。オケも完全に棒に応えた一体感のあるもので、さらに林正子(ソプラノ)、清水 華澄(アルト)が荘厳さを加えている。
Amazon

 

ホープ(ヴァイオリン) 『メニューインに捧ぐ』

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
幼少期よりユーディ・メニューインの身近で育ったダニエル・ホープは、11歳でメニューインの招きにより共演。以降、60回を越す共演を重ね、メニューイン最後のコンサートにも出演するなど、彼の最も近くでその芸術に接することができた弟子の一人でした。2016年のメニューイン生誕100年を記念するこのアルバムは、メニューインと密接な関わりをもつ作品ばかりで編まれています。オーソドックスなクラシック作品と斬新な手法が取り入れられた現代作品が美しい綾をなし、ダニエル・ホープの磨き抜かれたヴァイオリン・トーンが聴き手を魅了します。

■ガイド大塚の感想
ホープの母はメニューインの秘書をしていたことがあるそうで、また子どもの頃に送られた手紙などが解説に掲載され、本当に親しい仲だったことが分かる。演奏は磨かれた美しい音色で尊敬と慈しみを持つように丁寧に奏でられる。選曲がバロックのヴィヴァルディから現代のライヒまで幅広いのも面白く、メニューイン自身の広さ、関心の深さに改めて気付かされる。

 

フラング(ヴァイオリン) ブリテン、コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
アンネ=ゾフィー・ムターの秘蔵っ子であり、確かな技巧とナチュラルな音色で高い評価を集めるノルウェーの女流ヴァイオリニスト、ヴィルデ・フラング。バックは、ルツェルン交響楽団の首席指揮者を務めるかたわら、世界中のオーケストラに客演して注目されるアメリカの若手ジェイムズ・ガフィガンが務め、「音楽の内側に秘められたこの作品の魂が、初めて明らかにされているかのよう。全てにおいて魅惑であり感情的な物語が編み出されている」と高評価を得ています。

■ガイド大塚の感想
これは……、思わず息を呑む美しさ。雪を掻き分け息吹く若芽のような透明な美しさと、か弱そうに見えて力強い彼女のヴァイオリンに浸れるアルバム。オーケストラもこれ以上を考えられないような違和感のない合わせ方で、2つの作品で目指す方向も一致し大きな音楽を生み出している。特にコルンゴルトは映画音楽でも活躍した作曲家だけに物語的で「クラシックはちょっと難しい……」という人にもすんなり受け入れられる内容・演奏になっている。逆にクラシック通にはまだ「俗っぽい曲」と思われている節があるかもしれないが、とても馬鹿にできない内容になっている。
Amazon

 

LSO弦楽アンサンブル シューベルト:弦楽四重奏曲第14番『死と乙女』(弦楽オーケストラ版)、ショスタコーヴィチ:室内交響曲(弦楽四重奏曲第8番の編曲)

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
LSO弦楽アンサンブルによる第2弾アルバムは、ふたつの傑作カルテットの弦楽合奏版が取り上げられました。弦楽合奏版編曲によるシューベルトの「死と乙女」は、すぐれた指揮者であったマーラーのたしかなセンスを証明するもので、変奏曲での慟哭表現など、凄みと深みが一段と増した内容です。ショスタコーヴィチのお墨付きを得たバルシャイ編曲による弦楽四重奏曲第8番もまた、オリジナルの性格を際立たせるものです。

■ガイド大塚の感想
2017年からサイモン・ラトルが音楽監督に就任する予定で話題のロンドン交響楽団。共に作曲家が絶望の中で書いた傑作曲で、ほの暗さを増した弦楽合奏版だが、流石LSOというか、ダイナミクスの大きさ、ぼぉっとした絶望感、生を叩き付けるかのような弾き切る力強さなどをもって作品の世界観を広げ、掘り下げている。

ブニアティシヴィリ(ピアノ) ムソルグスキー:展覧会の絵、ラヴェル:ラ・ヴァルス、ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」からの3楽章

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
グルジア(現ジョージア)出身のピアニスト、カティア・ブニアティシヴィリの新作は、すべて巨大管弦楽のヴァージョンも存在するピアノ曲3題。カティアはもともと極めて色彩的なピアニズムを特色としており、今回の選曲はまさに彼女にうってつけのものといえるだろう。どの曲も技巧的にきわめて難易度が高いが、カティアはむしろそれを一層カラフルに彩った表現ですばらしい万華鏡のような世界を描写することに成功している。

■ガイド大塚の感想
歴史に残る衝撃作……。『展覧会』は冒頭から揺れるテンポ。飾られる絵はただの絵画ではない。自分の過去の物語なのか? 生物の記憶なのか? 「古い城」のわずかなタッチのずれ、「ブィドロ」の朦朧、「バーバ・ヤーガ」による電光石火の攻撃、「キエフの大門」は立派な門ではなく、我に返る警句のような門。何なんだこれは……、圧倒的世界観。。『ラ・ヴァルス』も絢爛豪華にデカダンスに吹き飛ぶ人生のよう。『ペトルーシュカ』も自由な演奏で街の喧騒だけでなく光も描き込むようなカラフルさ。
Amazon

 

グリモー(ピアノ) ウォーター

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
グリモーらしい知的且つ直観的な切り口でまとめられた「水」をテーマとした「音楽と自然を繋ぐ」コンセプト・アルバム。グリモーが「水」をテーマとした作品を、NYのパーク・アヴェニュー・アーモリーの一面に水を張った特設会場で演奏したライヴ録音と、それらを「プロムナード」のように繋ぐニティン・ソーニーの作曲・演奏によるアンビエントな楽曲によって全体をまとめるというユニークかつ意欲的な作品です。

■ガイド大塚の感想
単に水に関する曲を集めた、のではなく、楽譜も人体の制約をも超えて水の動き、彩り、香りをも捉えるよう。ラヴェルの途中の速すぎる「水の戯れ」では、その技術に驚く前に水の恐ろしさを感じさせるし、ドビュッシーの「沈める寺」は幾分官能的な気配から始まるも、大聖堂が出るところでは激しくゴゴゴという音と共に現れるように、単に美しさだけを求める演奏ではないところにグリモーのリアルがあり、引き込まれる。
Amazon

 

シャマユ(ピアノ) ラヴェル:ピアノ・ソロ作品全集

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
フランス近代の抒情を音に投影する作曲家のモーリス・ラヴェルと同じくフランスの地に生まれ育ったシャマユにとって「ラヴェルはとても近しい作曲家」であり、「フランス語をしゃべるように対峙できる作曲家」だと語っています。作品の背景にある「言語」や「環境」、そして作曲家に内含する「哲学」までをも研究し、演奏に投影するシャマユ独特のピアニズムで語る、フランス近代を生きたラヴェルの世界。綿々とフランスに息づく芸術的陰翳礼讃を現代にトレースした、シャマユの意欲作の登場です。

■ガイド大塚の感想
一音一音はしっかり芯のあるものだが、1つの流れに結びつける巧みなレガートや強弱が自然で全体としての柔らかさを生む。そのあたりが雰囲気で弾かれたラヴェルとも、ドライに描かれすぎたラヴェルとも異なる。容器によりカタチを変え、また自由に流れる水のようで、それゆえ「水の戯れ」や「海原の小舟」のような“水”が題材の作品は特に美しい。前者は絶妙のペダリングも相まってマイナスイオンを浴びるよう。感傷主義に陥らず、現代の目線で凛としたラヴェルを聴かせてくれる。
Amazon

 

小菅優(ピアノ) ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集 第5巻「極限」

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
世界を舞台に活躍する若き日本人ピアニスト小菅優が2011年から着手した「音楽の新約聖書」といわれるベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集録音も、とうとう最終章。第5巻は有名な『悲愴』と『熱情』というベートーヴェンのピアノ・ソナタ中でも最大の人気ソナタを前半に、そして後半にはベートーヴェンが生涯追求したピアノ・ソナタの集大成ともういべき『30~32番』という後期三大ソナタを収録。まだ若き小菅優のコスモスがここに描き出されます。

■ガイド大塚の感想
作曲家への畏敬と共感が強く感じられ、思いつくまま、また直感的に弾いたのではなく、全体的に重心低く地に足を付けたところから描かれている。それゆえ、仰ぎ見る宇宙はとても広く、また遠くまで見通せる。彼女が楽譜から見つけ出した・見出した感情の機微やまた不変などのテーマがはっきり描かれていて、その偉大な仕事自体と演奏内容の素晴らしさに感銘を受ける。
Amazon

リュビモフ、他(ピアノ) ストラヴィンスキーとサティ

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
作曲家が知っていた“当時”の創り方どおりの楽器を、その頃の弾き方で鳴らしてこそ、曲本来の魅力があらわれる。「古楽器演奏」の考え方は、ヴィンテージのピアノを鳴らすときにも有効です。時代にあわせたピアノ奏法を探り、ヴィンテージ楽器の魅力を最大限に引き出してきた異才リュビモフらが、シャネルやコクトーらが生きた「ストラヴィンスキーやサティと同時代のピアノ」で、めくるめく音響世界を描き出す……桁外れの音楽性あればこそ、の境地!

■ガイド大塚の感想
これは反則なくらいの良さ!(笑) 現代のピアノと違い、歴史的ピアノの強靭さのない、どこか温かみのある音色が、少しジャジー少しデカダントな雰囲気を持つこれらの曲によく合う。この魅力を知ってしまうとモダンピアノでこれらの曲を聴くと冷たく堅く聴こえてしまい戻れなくなるような。演奏自体も音色やピアノの特徴をよく理解し完璧にコントロールされていて「単に歴史的ピアノで弾きました」で終わらず作品の内容を研究し演奏した、作品と楽器と奏者がぴったり合った演奏。

 

ユンディ・リ(ピアノ) ショパン:4つのバラード、他

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
2015年~2016年、再び集中的にショパンに取り組んでいるユンディ・リ。昨年秋発売のプレリュード全集に続き今回はバラードを録音しました。ショパンの繊細さ、エレガントな詩情、そして嵐のような激情を見事に表現したユンディだけのリリカルなショパン演奏は、伝統的な解釈に立脚しながらも、現代の若者らしいスマートな感覚を付加したものとなっています。5~6月の日本ツアーでもバラードの演奏を聴くことができます。

■ガイド大塚の感想
彼は伝説のショパン・コンクール優勝時からそうだと思うのですが、何でもないところに突如光を差し込むような天才肌の感覚が魅力。このアルバムでもリリカルに進める中で彼らしい一瞬のきらめきのような感性の飛翔があり、ハッとさせられる。
Amazon

 

小林有沙(ピアノ) ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ第2番、他

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
ベルリン~ウィーンで7年半研鑽を積んだ若手実力派ピアニスト小林有沙。2年ぶりのセカンド・アルバムは、ラフマニノフを取り上げました。ピアノ・ソナタ第2番の冒頭から、力強いタッチでスケールの大きな音楽が広がります。同時にロマンティックで優美なメロディを爽やかに聴かせる演奏は秀逸です。ラフマニノフによるピアノ編曲版「愛の悲しみ」「愛の喜び」も収録し、この作曲家の世界を存分に楽しめるアルバムとなりました。

■ガイド大塚の感想
やはり注目はソナタ。力やこれ見よがしの技術で弾くのではなく、ほの暗さもあるスコアから色彩をうまくすくい取る。ストレートに調和させるところやあるいは意図的に濁らせるところなどメンタル・景色を弾き分け、モダンさとほのかに色香をも感じさせるノスタルジックさを同居させる。ラフマニノフ編曲のクライスラー『愛の悲しみ』などを聴いても、溜めや和音のアルペジオなど、やはりどこかノスタルジックな夢想のような心地良さがある。
Amazon

 

コープマン(オルガン) ブクステフーデ、パッヘルベル、J.S.バッハなどの作品

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
巨匠コープマンの2015年9月の最新録音は名器ヒルデブラントのオルガンを使用したオルガン名曲集。オルガンビルダーのヒルデブラントはゴットフリート・ジルバーマンの愛弟子で、J.S.バッハとも親交がありました。当時のオルガン音楽を支えた重要なオルガンビルダーの一人で、音色は崇高で豊かなストップが最大の魅力です巨匠コープマンによりオルガン音楽の絶頂期の名作を堪能することができます。2016年6月来日公演予定です。

■ガイド大塚の感想
力強さと十分な機動力、多彩な音色を持つこのオルガンを弾く事をコープマンが喜びを隠せない様子が伝わってくる。音に影響を受け、その音に合う演奏がなされ相乗的に高まっていく。正に教会のオルガンとはそういうものなのだなと再認識させる。1曲目のブクステフーデからコープマンらしい生き生きとした演奏でインパクト十分だが、圧巻なのが、最終曲のバッハ「パッサカリア」。澱みなく荘厳に、高音から低音まで多彩な音色のシャワーのようにバッハの想像した宇宙を語る様は、格別な感動と気持ちの良さをもたらせる。

コジェナー(メゾ・ソプラノ) モンテヴェルディの作品、他

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
マグダレーナ・コジェナーの新作はイタリア初期バロックの大家、モンテヴェルディのマドリガーレやオペラからの歌曲を収録。モンテヴェルディだけでなく彼と同時代に活躍した作曲家たちの器楽曲をはさんでバランスよくプログラミングされたアルバムです。コジェナーの自然な即興的表現が光る歌唱に加え、アンドレア・マルコンの歌を引き立てる器楽統率も見事。アルバム冒頭と最後に配置されたアンナ・プロハスカとのデュエットも絶品です。

■ガイド大塚の感想
現代を代表するメゾ・ソプラノの一人、コジェナーによる芯のある歌唱が美しいアルバム。今作も“名花”という感じがあり『ポッペアの戴冠』『タンクレディとクロリンダの戦い』などからの作品を、舞台が目に浮かぶような劇的さをもって、凛々しく歌い上げている。レコード会社からのオススメにもあるが、プロハスカとのデュエットは必聴。

 

クイケン・アンサンブル ドビュッシー:弦楽四重奏曲、3つのソナタ、他

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
『モネ展』が話題の印象主義絵画。輪郭線ではなく「色の置き方」で事物を描いた彼らのように、メロディとハーモニーの造形を全く新しい考え方で捉え、新鮮かつ美しい響きを創ったのが、モネの同時代人ドビュッシーでした。それは今から100年前、楽器の響きも弾き方も、現代とはだいぶ違う頃。「当時の楽器と奏法」を検証しながら音楽性豊かな解釈を続けてきた古楽の達人クイケン一家の記念碑的解釈が、長年の廃盤から奇跡の復活です。失われた響き、ここに。

■ガイド大塚の感想
ドビュッシー晩年の傑作群である3つのソナタが出色の出来映え。名門一家が息ぴったりに奏でるわけだが、中でも『フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ』が素晴らしい。バルトルドとシギスヴァルトに加え、唯一家族外からのゲストであるソフィー・アランクが温かく、時に生き生きと、絶妙に配置され作曲された色を描いていく。

 

シューリヒト(指揮) モーツァルト:交響曲第36番「リンツ」、第38番「プラハ」、第40番、第41番「ジュピター」

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
シューリヒトのコンサートホール録音を代表する名盤のひとつ。パリ・オペラ座管弦楽団とのモーツァルトが待望のSACD化!限定盤です。今回の復刻では、デンオン製A/D コンバーターを用いて、44.1kHz/20bit でデジタル変換を行った 2016年新リマスタリングをCD層で新規で採用。SACD層は弦楽器の豊かな倍音を楽しめます。

■ガイド大塚の感想
元々きびきびとしたテンポで現代的演奏の指揮者なものの、それでもやはり昨今の演奏と比べると解釈が古くのんびりと感じるところもあるが、逆に言えば古くなりすぎず温かな響きの魅力が心地良く「良い演奏だなぁ」と思わず聴き込んでしまう。ジュピター終楽章など、全てのメロディーが活き活きと生まれ戯れるようで、その喜びに溢れた様は感動的。
タワーレコード

 

シューリヒト(指揮) メンデルスゾーン:『真夏の夜の夢』より、序曲集

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
品格あるシューリヒトのメンデルスゾーン録音を集成。待望の初SACD化で、名盤が新たな魅力を放ちます!バイエルン放送交響楽団との「真夏の夜の夢」よりは、オケの美質とシューリヒトのドライヴ力が重なったことで、素晴らしい効果が生まれている名演。CD層は従来盤と異なる新規リマスタリングを採用し、SACD層では細かなニュアンスが再現できます。今回のシリーズでは、3作が限定盤として発売されました。

■ガイド大塚の感想
「真夏の夜の夢」は弦を中心に分厚く豊かなオーケストラがしなやかにシューリヒトらしい緻密なタイトさでもって推進され、木管やホルンもやわらかな調べで幻想的な森に誘ってくれる。「フィンガルの洞窟」など序曲含め3つのドイツのオケを振っているが、どれも60年代のドイツらしい温かな力強さを堪能できる。
タワーレコード
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。