頑張ってメイクしてるのに、いつも子供っぽく見られてしまう!

フレッシュさ全開の子どもっぽいメイクを大人な雰囲気に変身させます

フレッシュさ全開の子どもっぽいメイクを大人な雰囲気に変身させます

ついマンネリ&自己流になってしまいがちな「一般女性のメイクの悩み」を、ポイントヘアメイクのお直しだけで解決します!

丸顔・童顔のせいか、いつも年齢よりも子どもっぽい印象で見られてしまうことに悩んでいるという20代会社員のSさん。社会人になっても学生と間違われることもしばしば。
先輩OLと並んでも恥ずかしくないような、大人っぽい雰囲気に憧れはするものの、どんなメイクをしたらいいか、自分には何が似合うのか、全く分からない状態だとのこと。


メイクガイドが斬る!普段メイクの残念ポイント

  1. 眉毛が短すぎ&太すぎて、野暮ったい
  2. 丸顔印象を強調する髪型がNG! 輪郭でも子供っぽさが際立ってしまっている
  3. リップなど全体的に「直線的」な印象。エレガントさに欠ける
     
Sさんの変身テーマは、「大人女性のエレガントメイク」に決定です!


【改善ポイント1 眉】
上がりすぎのアグレッシブ眉を、エレガントなカーブに変更

(上)目の横幅を延長するイメージで(下)ソフトで優しい雰囲気に

(上)急カーブで上がり過ぎの眉(下)エレガントな曲線に

セルフメイクの眉は、急カーブで上がり過ぎていたので、アグレッシブな印象を与えてしまっていました。エレガントな曲線に修正し、眉尻を並行気味にして品よく仕上げましょう。

もし自眉毛が途中から生えていなくても諦めないで! まったく毛が生えていないところは、まずグレーのペンシルで下書きをしてから、茶色のアイブロウペンシルを重ねれば、自然な印象に。


【改善ポイント2 目元】
つり上がり気味の目をフラットに調整して、ソフトな印象に

(上)目の横幅を延長するイメージで(下)ソフトで優しい雰囲気に

(上)目の横幅を延長するイメージで(下)ソフトで優しい雰囲気に

Sさんのように上がり気味な目の人は、目じりの高さを調整しましょう。「たれ目」にしてしまうと甘すぎるのでNG。元の目のラインにそって、目頭と同じぐらいの高さに延長するイメージでアイラインを描くと自然な形に!

マスカラも「上」よりも「横」を意識して!流れるように長さを出して伸ばすのがポイントです。


【改善ポイント3 チーク・ハイライト】
骨格補正効果を狙って、スッキリ顔を目指す!

ピンクはチーク、白はハイライト。縦のラインを意識!

ピンクはチーク、白はハイライト。縦のラインを意識!

目元で大人っぽさを演出したので、チークは控えめし派手になり過ぎないようにバランスをとります。

丸顔をカバーしたいので、チークは頬骨に添って角度をつけて、「骨格修正」を意識するのがコツ。ハイライトは目の下に縦長の逆三角形をイメージして、縦の長さを強調するのが◎


【改善ポイント4 リップ】
色ではなく形で、大人っぽさを強調

(上)NG直線リップ(下)OKまるみリップ

(上)NG直線リップ(下)OKまるみリップ

目元にインパクトがあるメイクのために、リップまで濃くすると「ケバいお姉さん」になってしまっています。くれぐれも、色は薄めをチョイス。

Sさんのように直線的な形の唇の人は、丸みを出すことを意識するとエレガントな印象に。唇の山をファンデーションで消して、山に丸みを出し、口角に向けてなだらかに少しはみ出すようなカーブ描くのがポイントです。


【メイク直しで変身】
「縦ライン」を意識して、凛とした大人っぽいメイクが完成!

ハーフアップでぐっと大人っぽく

ハーフアップ効果でさらに大人っぽい雰囲気に完成

Sさんのように丸顔タイプの人は、髪型でも縦長イメージを演出しましょう。ハーフアップにしてトップにボリュームを出しながら、フェイスラインの髪を残すスタイルがオススメ。前髪の分け目をセンターにするのも、ほっそり小顔効果アリ!

エレガントな印象の大人メイクが完成です。若々しくフレッシュすぎた童顔・丸顔が、縦長ラインを意識することで、大人っぽく変身しました!


使用したコスメ

使用したコスメ

使用したコスメ

(写真、左から順に)
■チーク 
資生堂 マキアージュ ドラマティックムードヴェールPK200 3500円(税抜)
■グロス 
資生堂 インテグレート ガールズキッスジェリーPK100 800円(税抜)
■アイシャドウ 
サナエクセル スキニーリッチシャドウ SR03 1500円(税抜)
■カラーコンタクト 
DAZZSHOP カラーコンタクトレンズ ワンデイ NATURAL01 2000円(税抜)


変身メイク関連記事




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。