アカデミー賞前哨戦とは?

現地時間2月28日(日本では2月29日)に開催される、第88回アカデミー賞授賞式が近づいてまいりました。全米の映画各賞はほぼ受賞が決定し、大トリのアカデミー賞はどの作品か? 誰か? との話題で持ちきりです。

前哨戦とも言える全米映画賞は実に多く、50は下りません。そのなかでも特に重要な賞と言われているのが、アメリカ製作者組合賞、アメリカ監督組合賞、アメリカ映画俳優組合賞、アメリカ脚本家組合賞、アメリカ撮影監督組合賞、アメリカ編集監督組合賞などがある“組合賞”。

アカデミー賞は業界人が選ぶ賞ですから、投票者が組合賞とかぶるんですよね。
だから組合賞を制する者がアカデミー賞を制すことが多いわけです。


アカデミー賞助演女優賞予想:アリシア・ヴィキャンデル

リリーのすべて

アリシア・ヴィキャンデル

助演女優賞は新人がサクっとさらっていくことも多いでの、ここは『リリーのすべて』で初候補となったアリシア・ヴィキャンデルと予想。

映画では、性転換手術を受けた夫(エディ・レッドメイン)の妻を熱演。夫が女になり、彼から「もう君の夫は死んだんだ」と言われてしまう。それでも一途に彼を愛する妻を演じています。

アリシアの演技には、もう泣けて泣けて、彼女に感情移入せずにいられなくなる。
胸が張り裂けそうな名演! 受賞すべきです。

◎ほかの候補者
ルーニー・マーラ『キャロル』
ケイト・ウィンスレット『スティーブ・ジョブズ』
レイチェル・マクアダムス『スポットライト 世紀のスクープ』
ジェニファー・ジェイソン・リー『ヘイトフル・エイト』

(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.


アカデミー賞助演男優賞予想:マーク・ラファロ

スポットライト

マーク・ラファロ

映画界のレジェンドでもあるシルベスター・スタローンが予想人気は高いです。
『クリード チャンプを継ぐ男』で、再びロッキーとして戻ってきた彼を讃える声は多いのですが、個人的には老いてボロボロになった姿で熱演するより、老いても「俺もリングにあがる!」とか言ってほしかったな。

というわけで、あえてマーク・ラファロを予想。

『スポットライト 世紀のスクープ』で見せた記者のリアリティ、ひとつのスクープを追いかける情熱、ジャーナリストはこうあるべきという姿を体現しているのです。実は個人的に受賞してほしいという願望もあるのですけどね。

◎ほかの候補者
シルベスター・スタローン『クリード チャンプを継ぐ男』
マーク・ライランス『ブリッジ・オブ・スパイ』
クリスチャン・ベール『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
トム・ハーディ『レヴェナント 蘇えりし者』

Photo by Kerry Hayes (C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

>次のページでは、主演の男優&女優賞を予想します!

アカデミー賞主演女優賞予想:ブリー・ラーソン

ルーム

ブリー・ラーソン(右)

映画『ルーム』では誘拐され、レイプされて監禁されたまま子供を産んだヒロインを演じたブリー・ラーソン。荒れた肌、抜けた歯、しかし、狭い世界でもちゃんと我が子を教育していこうとする母の姿はけなげで……。

日常を取り戻してからは、失われた日々を受け止めきれずに苦しむ姿が胸イタ。もう演技だか真実だか境界線がないくらいの生々しさで……。

初候補ですが、前哨戦も圧勝しているので、このまま受賞するでしょう。

◎ほかの候補者
ケイト・ブランシェット『キャロル』
ジェニファー・ローレンス『JOY』
シアーシャ・ローナン『ブルックリン』
シャーロット・ランプリング『さざなみ』

(C)ElementPictures/RoomProductionsInc/ChannelFourTelevisionCorporation2015


アカデミー賞主演男優賞予想:レオナルド・ディカプリオ

レヴァナント

レオナルド・ディカプリオ

レオナルド・ディカプリオが候補に挙がるたびに、予想で名前を挙げ続け、そのたびに撃沈してきました。予想が外れたことより、レオが受賞できなかったことに涙する日々でした。

でもやっと受賞の瞬間を見られるときがやってきたようです!

レオは『レヴェナント:蘇えりし者』でハンターとして仲間と移動中、熊に襲われ、仲間に裏切られ、息子を殺され、復讐心のみを糧に生きる男を演じています。
セリフはあまりないのですが、主人公の人生がスクリーンから立ち上がってくるのです。

また、ベテランの域に入った俳優なのに、いまだ演技が進化しているというのが凄い! それにしても熊に食いちぎられそうになるシーンは見てて辛かった。もう頭に焼き付いて離れません。

◎ほかの候補者
ブライアン・クランストン『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』
マット・デイモン『オデッセイ』
マイケル・ファスベンダー『スティーブ・ジョブズ』
エディ・レッドメイン『リリーのすべて』

(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

>次のページでは、監督賞&作品賞を予想。

アカデミー賞監督賞予想:
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ&ジョージ・ミラー

レヴァナント

イニャリトウ監督の演出は神がかっていた『レヴェナント:甦りし者』

監督賞はとても悩みました。もしもアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が昨年受賞していなかったら「イニャリトウ監督しかいないでしょ」と激オシしていたのですが、昨年受賞して2年連続って、アリかなぁと。

しかし、『レヴェナント:蘇えりし者』は、昨年の受賞作『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』よりいいんですよ。そして『バードマン~』とはまったく違う世界を見せてくれていて、ほとんど神がかっているんです。

とはいえ、前哨戦で強いジョージ・ミラーも推したい。あのお年で、2015年度いちばんエネルギッシュな映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を作り上げたのですから、すごいバイタリティ! ミラー監督が受賞するならこの作品しかないでしょう。あのアクションのバリエーションの豊かさ!

……で、二人が同点受賞という予想をしてみます。どうでしょう?

◎ほかの候補者
レニー・エイブラハムソン『ルーム』
トム・マッカーシー『スポットライト 世紀のスクープ』
アダム・マッケイ『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.


アカデミー賞作品賞予想:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

インパクトで選ぶと、監督賞と同じく『マッドマックス 怒りのデス・ロード』か『レヴェナント:蘇えりし者』なのです。この2作品がいちばんスクリーンで見るべき作品だから。スケールの大きさでは他の候補作とは差があります(物語の充実度は別にして)。

アカデミー会員の平均年齢は高いからアクションは……と思われるかもしれないけれど、ベテランのミラー監督作なわけで、彼に獲ってほしい業界人は多いんじゃないかなあと。それにこの映画が受賞したら、映画の祭典も盛り上がるであろうということで『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を予想します!

◎ほかの候補作
『スポットライト 世紀のスクープ』
『レヴェナント:蘇えりし者』
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
『オデッセイ』
『ルーム』
『ブリッジ・オブ・スパイ』
『ブルックリン』


授賞式の生中継は日本時間の2月29日、午前9時から!

作品賞の予想が『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で、マジで? と思われるかもしれないけど、それを望んでいる映画ファンは結構多いと思います。映画を大スクリーンで観る醍醐味を存分に味あわせてくれる『マッドマックス~』と『レヴェナント~』。

とはいえ、他の候補作も必見の素晴らしい映画ばかりです。すでに公開中の作品もありますが、すべて日本公開されますので、楽しみにしていてくださいね。

なお、授賞式は日本時間の2月29日(月)の午前9時からWOWOWで生中継。楽しみに待ちましょう!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。