妊娠中の浮気は、深刻な離婚問題に発展することも多い

妻の妊娠中というまさかのタイミングで、夫の浮気問題が!?

子どもの誕生は、夫婦にとって人生の大きなイベントであり、喜びであるもの。そんなタイミングでまさかの浮気問題が!?

浮気は、夫婦関係を壊す大きな原因の1つ。たとえ、どういう経緯でそこにいたったとしても、パートナーからの信頼をなくしてしまう罪深い行為、それが浮気です。

――そんなふうに理解してはいても、実際には浮気が原因で離婚の相談に訪れる男女が後を絶たないのも事実。なかでも、「妻の妊娠中に夫が浮気をした」というケースは、とくに深刻な離婚問題に発展する場合が多いのです。

そこで今回は、「妻の妊娠中に浮気をする夫」をテーマに、なぜそんな時期に浮気をするのかという理由や、夫を浮気に走らせないための対策についてお話ししましょう。

「妊娠中の夫の浮気」を、妻はずっと忘れない!

妊娠中に夫に浮気をされたショックは薄れることはあっても、なかなか消えないもの

妊娠中に夫に浮気をされたショックは、薄れることはあっても、なかなか消えないもの

妻の妊娠中に夫が浮気をして離婚問題に発展するケースは、意外と少なくありません。実際に、出産前後に浮気が判明、離婚の危機になった事例はもちろん、何十年もたってから妊娠中の夫の浮気を理由に、妻が夫に離婚をつきつけた事例もあります。「あのときに旦那から傷つけられたことは一生、忘れられない」「妊娠中の浮気で旦那との信頼関係はなくなったが、子どもが成人するまでは我慢しようと思っていた」といった妻たちの根深い思いが、離婚に踏みきる主な理由です。

妊娠中に夫に浮気をされたショックは、薄れることはあっても、全く消えてなくなる、ということはありません。熟年期になって始まる「自分自身の第二の人生」を後悔なく歩むために、母親としての義務をしっかり果たした後で、妻のほうから夫に離婚を切り出すこともあるのです。

ところで、本来であれば夫婦にとって妊娠・出産は、このうえない喜びのはず。幸せの絶頂期であるにもかかわらず、なぜ夫はそのタイミングで妻以外の女性と浮気に走ってしまうのでしょうか?

妻の妊娠中、なぜ夫たちは浮気をしてしまうのか?

妻の妊娠中や出産前後の時期、夫が浮気に走る主な理由は「メンタルの問題」と「セックスレスの問題」

妻の妊娠中や出産前後の時期、夫が浮気に走る主な理由は「メンタルの問題」と「セックスレスの問題」

妻の妊娠中や出産前後の時期に、なぜ夫が浮気の誘惑にとらわれやすくなるのか、主な理由は2つ考えられます。

1つは、「メンタルの問題」です。妊娠中の妻はどうしても生まれてくる子どもをメインに考えるようになるもの。一方で、夫に対しては、「大人なのだから、自分でなんでもできるのが当たり前」と、放置しがちになります。妊娠をきっかけに、妻の気持ちがいったん子どもに向けられると、「妻がかまってくれないから」という恐ろしいほど単純な理由で、心に生じた隙間を埋めようと浮気に走ってしまう夫もいます。

もう1つ、「セックスレスの問題」もあります。妊娠中や出産前後の女性は、体調や体型の変化による不安もあって、一時的に性欲がダウンしやすくなります。出産という命をかけた人生の一大事を迎え、心身が疲労している状態では、セックスに積極的ではなくなることもあるでしょう。

逆に、男性の性欲は変わることなく、ホルモンの影響を受けることもほとんどないと言われています。妊娠中や出産前後の妻の代わりとして、セックスをさせてくれる女性を求めて浮気をしてしまう男性がいるのは、そうした原因も考えられるでしょう。

実はこのほかにも、もともと「他の女性からの誘惑に弱い男性」というタイプも存在しています。彼らには、その言動に“ある特徴”があります。次のページでは、「浮気に走りがちな男性の特徴」と、「夫に浮気をさせないための予防策」についてご紹介します。

「浮気の誘惑に弱い男性」の特徴とは?

妻の妊娠中に限らず、浮気をしがちな男性には、その言動に納得の共通点がありました!

妻の妊娠中に限らず、浮気をしがちな男性には、その言動に納得の共通点がありました!

「妻が妊娠中だから」という理由に限らず、既婚者でありながら妻以外の女性と浮気をするタイプの男性には、いくつかの共通点があります。

それは、「イケメン」「頼れる」「お金を持っている」というような見た目や条件的なことだけではなく、本人の言動による部分も大きいと言えます。具体的には、次のような特徴があげられます。

【他の女性からの誘惑に弱い男性の3つの特徴】
1:女性全般に対して、あたりがソフト。もちろん、浮気相手にも優しいが、実は妻には悟られまいとそれ以上に優しく振る舞っていることが多い。

2:態度に“そこそこの”誠実味がある。女性の悩みを真剣に聞いてくれたり、困っているときにそばにいてくれたりもする。ただし、よく考えると現実的な問題解決には役立っていないことが多い。

3:情熱的な言葉を惜しまない。「世界で一番~」「みんなを敵に回しても~」「生まれ変わったら~」といった歯が浮くようなラテン系のフレーズを恥ずかしがらずに多用できる。恋愛にご無沙汰の女性は、意外とコレに弱い。

では、もしも自分のパートナーを浮気に走らせないためには、どういった対策が効果的なのでしょうか。妊娠中や出産前後の女性たちにおすすめの「夫の浮気抑制術」をご紹介します。

浮気夫に効く「不倫抑制のコツ」!原因別にアプローチ!

妊娠中、夫の浮気を防ぐためには、マメなコミュニケーション、スキンシップが有効

妊娠中、夫の浮気を防ぐためには、マメなコミュニケーション、スキンシップが有効

「妻がかまってくれないから」というメンタル的な問題が原因で浮気に走りそうなタイプの夫には(これはわからない妻も多いのですが、妻を愛していれば愛しているほど、子どもに愛を向けられるとある意味ショックで、でもそれを正直に言えない男性が多いのです)、できれば妊娠前と同じようなスタンスで、つまりは夫が一番大切、次に子どもと順序を守ってマメにコミュニケーションをとるようにするのが得策です。

たとえば、いつもと変わらない様子であっても、「疲れているようだけれど、仕事でなにかあった?」と体調をおもんばかるような声かけをしてみたり、「最近、なかなかゆっくりできていないけれど、子どもが生まれたら実家に預けて2人で温泉でも行こうよ」と恋人時代を思い出させるような言葉で誘ってみたり。「子どものことだけでなく、あなたのこともちゃんと考えていますよ」ということを、言葉にして伝える工夫をしましょう。

「セックスレスだから」というフィジカルな問題が原因で浮気に走りそうなタイプの夫には、相手が納得できるような説明をしつつ、スキンシップを忘れないようにします。

なぜなら、夫にとって、妻からセックスを拒まれることは想像以上にプライドを傷つけられること。「その気にならないから」「なんとなく落ち着かないから」というボンヤリとした理由でセックスを拒むより、「今度、病院に行ったとき、お医者さんにOKと言われたらしない?」「平日は子どもの夜泣きが気になるから、今度の週末にしようよ」と納得できる説明と代替案でフォロー。その代わりとして、手をつないだり肩をもんだりといったスキンシップで、セックスレスにならないような環境を作っておくことも大切です。

妊娠・出産という人生の大きなイベントに直面した女性にとっては、今までの価値観や人生観にまで影響することも多く、とかく子どもの誕生を夫と喜び、生活の変化も受け入れてもらえるものと信じてしまいます。そして、こんな時に、こんな大切な子どもを授かったさなかに「妊娠中の夫の浮気」だなんて許せないことですし、心が離れていく原因にもなるもの。

だからこそ、面倒なことではあるものの、夫が浮気をしないために先手を打つ意味で、妻のほうから「あなたが大切、気にかけてるわ」と歩み寄る工夫をすることが、円満な夫婦生活を続ける秘訣になることもたしか。賢く立ち回って、夫が他の女性に目を向けないように、賢く、先々根回ししておきましょう。

【関連記事】
「妊娠中の浮気問題」に決着をつける3つの考え方
実録!「産後クライシス」で悩む妻たち
新婚なのに離婚したい!危機を乗り越えるためのヒント
できちゃった婚のスピード離婚を防ぐには?
離婚の決断をする前にやってはいけないこと


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。