Kバレエ カンパニー3月公演『ドン・キホーテ』で主演のキトリを踊る祥子さん。役作りはどのようにされていますか?

祥子>Kバレエ カンパニーで初めて『ドン・キホーテ』を踊ったのは2007年。二度目は2012年で、今回で三回目になります。熊川版は振付けはもちろん、セットや衣裳、役柄が上手く作品世界に溶け込んでいるのですごく見応えがありますし、ストーリーを追いながら観てもらえる部分が一番の魅力ですよね。

pH

(C) TOKIKO FURUTA


『ドン・キホーテ』に初めて出演したのは2007年のキトリ役で、これまで全幕ではKバレエ カンパニー以外で踊ったことがありません。子どもの頃にヴァリエーションの練習をしたことがあるので雰囲気は何となくわかっていましたが、全幕通して踊るとなるとまた違いましたね。昔はキトリというとひたすらエネルギッシュなイメージがあったけど、最近は考え方も変わってきました。もっとお茶目なところを見せたり、ちょっと弱々しいところ、しっとり感を出した方が、ギャップの面白さが生まれる気がして。キトリにはこういう部分もあるんだ、こういうキトリもあるんだというものがお客さまに伝われば、また新たな楽しみが感じられると思う。

pH

(C) TOKIKO FURUTA


だからこそ、最初から型にはめていきたくはない。誰がやっても同じでは面白くないですよね。熊川版『ドン・キホーテ』ではあるけれど、私のキトリを観てもらいたい。まずは自分なりの表現を見つけていって、最終的に熊川さんから“この振付はこうだからもっとこうして欲しい”と言われれば、それに従う形です。

以前はいろいろなダンサーのDVDを見ては、こういう表現があるんだと発見したものを自分の踊りに取り入れてました。けれど、今はリハーサルをしながら見つけるようにしています。今日はこんな感じで踊ってみようとか、いろいろ挑戦しながらつくり上げていく。そのためには、自分で意識していかなければだめ。毎回同じようなリハーサルをしてただテクニックを磨くのではなく、意識を変えればその日その日でまた何か違ってくるはず。私ならこうみせたいと考えるようになってから、本当に自分の役を楽しめるようになりました。

pH

(C) TOKIKO FURUTA


昔はいくらリハーサルをしても、なかなかこれといったものが掴めずに、あせりを感じるようなこともありました。でもやっぱりそれは経験が解決してくれた。テクニック的にも余裕ができたのか、だんだん面白くなってきましたね。今までの経験上、決して諦めないことがどれだけ大切かわかっているので、本番直前でもとにかく挑戦してみる。掴めたのが本番のステージの上だったこともあります。後ろに戻らず、掴めないままでもやってみる。これでは終わりたくないという気持ちがあるし、きっと何かあるって信じているんです。

pH

(C) TOKIKO FURUTA


今回は遅沢佑介さんとペアを組みます。パートナーとしての遅沢さんの印象はいかがですか?

祥子>すごく安心感があります。これまで何度か一緒に踊ってきたというのもあるけれど、私が“ここはこうありたい”というものをすぐ察知してくれる。崩れようがどうしようが、きちんと的確な場所に持っていってくれる。何より、女性をきれいに見せる方法がわかってる。だからこちらも思うように踊ることができるし、本当に素晴らしいですね。

pH

(C) TOKIKO FURUTA


自分がどうしたいかを言葉で伝えることもあります。あまり言葉にしないダンサーもいるけれど、私はものすごく言いますね。以前とあるインタビューの席で、遅沢くんに“祥子さんはうるさい”って言われちゃいました(笑)。でも遠慮してたらどこか縮こまってしまって、のびのび踊れないと思う。だから、お互い100%の力を出せるところまで私は言います。ただ自分の意見を押しつける訳ではなくて、“私はこうしたいけど、どう思う?”と聞く。例えば“もっと重心を前に欲しい”とか、“ここはもうちょっと近寄って欲しい”とか。本当に細かなことだけど、それによって動きが変わってきてしまうし、お客さまの受ける印象も違ってくると思うから。

pH

(C) TOKIKO FURUTA


遅沢さん自身はあまり言うタイプではないけれど、私が相手のときはあえて言ってもらいます(笑)。“どう? これでいい? 大丈夫かな?”と答えを求める。そうすることで、彼自身も知らなかった部分が見出せるかもしれない。バレエって、これでいいと思ったら成長はない。相手が誰であってもそうで、引き出し合うようなパートナーでありたいし、刺激しなければレベルは上がっていかないと思います。





Kバレエ カンパニーの舞台には2005年から度々出演されてきました。長くお付き合いされてきて、カンパニーの雰囲気をどう感じますか?

祥子>熊川さんとの最初の出会いは16歳のころ。ローザンヌ国際バレエ・コンクールに出たとき熊川さんが審査員を務めていて、一緒に記念写真を撮っていただいたのを覚えています(笑)。きちんとお話したのは、その後しばらく経ってから。ウィーン国立歌劇場バレエ団にいたときに青山劇場で開催されたローザンヌ・ガラに出演する機会があり、その舞台を観に来ていた熊川さんから“一度Kバレエ カンパニーへレッスンしに来てみませんか”と声をかけていただいたのが縁で舞台に出演するようになりました。

pH

(C) TOKIKO FURUTA


昔から思っていたことだけど、Kバレエ カンパニーのメンバーは本当に一生懸命だし、成長していきたいというエネルギーをすごく感じます。だけどみんなが同じ方向ばかり見ていると、同じような踊りになってしまったり、吸収できなかったり、刺激しあえない部分も出てきてしまうかもしれない。私としては、自分が海外で身につけてきたものを少しでも見せることで、こういう踊り方があるんだ、こういう伝え方があるんだと、刺激になれていたらという気持ちがあって。ひとつの環境にいながら自分でそれを見つけていくのはとても大変だし、バレエダンサーはお互いを見ながら成長していく必要もあると思います。

ただ私自身はスタジオでいい格好をしようとは考えてなくて、失敗しようがヘンなところを見せようが構わない。日々どれだけ自分に向きあえるかで成長が違ってくるから、レッスン中は自分が磨きたいことをやるだけ。それを見て学びたいと思ってもらえたら学んでもらってもいいし、自分は違うと思えばその方のやり方があるということ。自分を磨いていくためのレッスンであって、人と競争している訳ではない。どうしたらきれいなラインを見せられるんだろう、どうしたらテクニックができるようになるんだろう、と日々模索する。レッスンというのは誰のためでもなく、自分のために行うものですよね。その上で、みんなと刺激を分かち合えたらと思っています。

pH

(C) TOKIKO FURUTA


昨年秋に拠点を日本に移されています。きっかけは何だったのでしょう。

祥子>日本の方たちに私の舞台を観てもらいたい、ゲストとしてひと作品だけ踊るというのではなく、いろいろな役柄であり舞台を観て欲しいという気持ちが年々高まっていて。ブタペストにあるハンガリー国立バレエ団には一年半いましたが、その間とても多くの作品を踊りました。このままブタペストに留まって踊り続けるべきかと考えたとき、今が移る時期かもしれないと直感で思ったんです。バレリーナとしていい状態でいる内に、日本のお客さまにいろいろな作品を観てもらいたいと考えたのが一番の理由でした。

主人のヴィスラフとも相談しましたが、“祥子はまだ踊れるんだから、君が日本のお客さまに観せたいと思うなら日本に行くのは問題ないよ”と言ってくれました。彼自身はもう十分踊ったからと、今はバレエの指導をしていきたいと考えています。息子のジョエルは5歳になりました。日本語と英語とポーランド語を話しています。なので日本での生活は問題ないですね。

pH

(C) TOKIKO FURUTA


もちろん不安はありました。ただそれはどこに行くときもそうで、ベルリンからブタペストに行くときもすごく不安でした。でもそこで行動を起こすダンサーと起こさないダンサーを見ていると、行動を起こすダンサーは大変なことはあっても何かしらのものを得ているし、実際に行って良かったと言ってる。やっぱりダンサーである以上、安心したらダメですよね。新たな環境に自分を置いてプッシュしていかなければ気分も上がっていかない。ダンサーは前向きでなければやっていけないし、精神的に強くないと闘っていけない、舞台には上がっていけないと思います。

pH

(C) TOKIKO FURUTA


久しぶりの日本での生活はいかがですか? 海外にいた頃と違いを感じる部分はありますか?

祥子>16歳のとき日本を離れ、その後19年間海外で過ごしてました。長いこと海外にいたというのもあるけれど、生活に充実感がありますね。時間を見つけてはヴィスラフと散歩をしたり、おいしいレストランを探してみたり。そこで落ち着いて話をするだけで、身体も心もリラックスできる。お休みの日に子どもを連れてディズニーランドに行ったり、恐竜レストランを見つけて行ったり、そういう時間が楽しくて、だからこそ新鮮な気持ちでまたバレエを頑張れる。もちろんバレエも楽しいけれど、どこかでリセットする時間も必要になる。舞台のためにやらなければいけないことって本当に沢山あって、あれもしなきゃこれもしなきゃと考えていると、それがストレスになって身体がガチッと固まってしまう。けれど、どこかで遊びだったり家族の時間があれば、また新しいエネルギーが吸収できる気がします。

pH

(C) TOKIKO FURUTA


海外のダンサーはみんなオンとオフがはっきりしていて、仕事は家に持ちこまない、持ち帰らない。リハーサルが終わったらバレエのことは忘れて、ショッピングに行ったり、お茶したり……。でもあの頃の私はみんなと違って、リハーサルをして、ストレッチをして、家には帰るだけ。一年365日ずっと劇場にいたので、よく“祥子はまだ稽古場にいるよ”って言われてました(笑)。

若い頃の自分にとってそれはすごくいい環境だったと思うし、あの時間があったからこそ今がある。行き過ぎるくらいストイックでないと、掴めないものってありますよね。どれだけの人がプロを目指しているかといったら大変な数だし、なかでもプリンシパルになれるのは数人しかいない。それを勝ち取りたいのなら、やり過ぎをやるしかない。でも私の場合いやいややっていたのではなく、バレエが好きで、夢中だったから手に入れてこれたんだと思います。

pH

(C) TOKIKO FURUTA


10代、20代のころはもう本当にバレエしか頭になくて、そのために生きてる感じでした。とにかくバレエが上手になりたかった。何かあっても朝のクラスを受ければ自然と忘れられたし、気持ちもリフレッシュできた。悩みはバレエに関することしかなかったから、それがクリアできたら解消される。“できない……、できない……。あ、できた!”の繰り返し。頑張ったからクリアできたし、だから諦めないという精神が身に付いたのかもしれません。ひとつの課題に何年もかかることもありましたけど、信じてやり続けてきたからできた。バレエはやるしかない。諦めなければ、必ずどこかで見えてくるものがある。ずっとやり続けていれば、いつかできる瞬間が必ずある。

もちろん今もバレエは好きだけど、関係性は変わったかもしれません。昔は本当にバレエしかない、これがないと生きていけないという感じでしたが、ある程度年齢がいって、家族もできると、それだけでは満たされない。バレエにだけエネルギーを注いでいると、空っぽになっちゃう。他に何か大切な時間があるからこそバレエにも新鮮なエネルギーや表現が出せるし、本当に楽しめる気がします。





バレエ一筋だった少女が今や一児のママとなり、舞台の傍ら育児もこなす。その変化とバイタリティに驚かされます。

祥子>私も最初はどうなるかと思っていたけれど、意外と乗り越えられたというか、経験を積む内に自分のリズムを見つけていった感じです。家ではいろいろやることが多すぎて、トゥシューズも縫えないから、スタジオにいる間に100%やり切ってしまう必要がある。帰宅すると時間が経つのなんて本当にあっという間ですよね。子どものご飯をつくって、お風呂に入れて、遊んで、歯を磨いて、寝かせて。本番前だろうが何だろうが子どもにとっては関係ない。“ママ明日本番だから早く寝てね”というのはムリだし、それに慣れるしか方法はない。

だけど、自分でもよくやれるなって思います(笑)。子どもだからよく熱を出したりもするけれど、それが必ずといっていいほど本番前なんです。本番の前日熱が出て、夜中ずっと抱っこして、翌日パパと交代してレッスンに行き、本番を終え、熱が下がらないからと舞台用の頭のまま救急病院に連れて行って、夜中の三時、四時に帰ってくる、なんてこともありました。結局バレエダンサーだからって関係ないんですよね。ダンサーだから子どもが産めないとか、育児ができないとか、そういうことはないんだなって感じます。

pH

(C) TOKIKO FURUTA


多忙な日々を乗り越えるために、やはり食生活には気を遣っているのでしょうか? 抜群のスタイルを維持する秘訣は?

祥子>みなさんによく“ささみしか食べてないんじゃない?”って言われるんですけど、そんなことは全くなくて。昔はダイエットをしていた時期もありましたけど、もともと食べることがすごく好きで、今は食べたいものを食べてます。ただ朝はレッスンがあるからあまり食べられなくて、コーヒーとヨーグルトやバナナ、ミューズリーといったものを軽く摂るくらい。レッスンの後にリハーサルが続くとお昼は食べられないので、きちんとした食事は夕飯だけ。その分夜はディナーからデザートまでしっかり食べます。どこかで見つけてきたおいしいスイーツをデザートにしたり、クレープをつくって息子と巻いて食べたり、フルーツのときもあるし。それもひとつの楽しみです。

家では和食やイタリアン、ポーランド料理だったり、いろいろですね。息子はカレーライスが好きって言ってます。好き嫌いがあるから、ブロッコリーやほうれんそうなどいろいろな野菜を細かくしてチャーハンにして食べさせたりと、栄養もちゃんと考えて料理してるつもり。つくったものを全部食べてくれるとすごく嬉しいですね。

pH

(C) TOKIKO FURUTA


日本のバレエ界に現在足りないものは何だと思いますか?

祥子>ダンサーの環境としては、やっぱりもっと舞台が沢山踏めたらいいですよね。あと何より、いろいろな作品を踊れたらなと思います。海外には有名な方から若い方までいろいろな振付家がいて、クラシックからコンテンポラリーまでさまざまな作品を踊るチャンスがある。日本はそういう方たちとの出会いが少ないから、ダンサーの動きも広がりがなかったり、お客さまもクラシック一辺倒になってしまいがち。もっといろいろな作品が上演できる環境になれば、バレエにはこういう作品もあって、こういう表現もあるんだと知ってもらえるし、もっとお客さまに足を運んでもらえる気がします。

pH

(C) TOKIKO FURUTA


海外と比べて、日本のお客さまは熱心ですよね。“この舞台のために来ました!”という想いが伝わってきます。海外はチケットも手軽に買えるし、日々何かやってるから、“今日はこれを観てからディナーに行こう”という感じで気軽に足を運ぶことができる。

日本にもっとバレエを浸透させたいという気持ちがあって、だからこそ私たち日本人ダンサーがより表現を深めなければいけないと思う。チュチュを着てキレイに踊るだけがバレエとなると、お客さまもチケットを買って観に行こうとは思ってもらえない気がします。そういう意味ではKバレエ カンパニーは素晴らしいですよね。熊川さんの振付やセットも普通とは違うスペシャルなものがあるから、お客さまを引き込ませるし、観たいと言ってもらえるんだと思う。もちろん振付やセットだけではなく、もっとダンサーも表現していく必要がある。深い表現があるからこそ引き込まれて、観ている方もいろいろな気持ちが沸いてくる。舞台作品の魅力にダンサーの表現がプラスされることで、はじめていいものができると思うんです。

pH

(C) TOKIKO FURUTA


今後の展望をお聞かせください。

祥子>まずは、日本のお客さまにこれまでとはまた違った役や表現を観てもらいたい。こういうバレエもあるんだということを伝えたいし、お観せしたい。物語性があるものでもいいし、コンテンポラリーでもいい。何かお客さまの心を掴めるような作品を踊って、新しいものを伝えていきたいです。

この先教える方にエネルギーを注ぐ時期が来れば、これまでの経験を伝えていきたいとも思っています。ただ今は、自分の踊りや作品を伝えたいという想いが一番であり、いい作品をつくるために日々レッスンに全力を尽くす。もちろん人間なので、ときには気分が乗らない日もあります。だけどやっぱりバレエがないと自分ではなくなってしまう。バレエがあるからこそ楽しいし、毎日頑張っていられるような気がします。

pH

(C) TOKIKO FURUTA







プロフィール

pH

(C) TOKIKO FURUTA

中村祥子

Kバレエ カンパニー ゲスト・プリンシパル。佐賀県生まれ。6歳よりバレエを始める。1996年、ローザンヌ国際バレエ・コンクールでスカラーシップ賞/テレビ視聴者賞を受賞。同年より1998年 までシュツットガルト・ジョン・クランコ・バレエスクールに留学し、1998年、シュツットガルト・バレエ団に入団。2000年、ウィーン国立歌劇場バレエ団に入団。同年、ルクセンブルク国際バレエ・コンクールで第1位を受賞。2001年に準ソリスト、2002年ソリストに昇格。2003年、ヌレエフ版『白鳥の湖』で主役デビュー。2006年にはライト版『眠れる森の美女』でオーロラ姫を踊っている。2006年8月、ベルリン国立バレエ団に移籍。2007年、プリンシパルに昇格。2013年11月、ハンガリー国立バレエ団にプリンシパルとして移籍。2015年秋より日本に拠点を移して活動を開始。



公演情報

Kバレエ カンパニー『ドン・キホーテ』
会場:Bunkamuraオーチャードホール
日程:2016年3月9日(水)~3月13日(日)
チケット:S席¥14,000、A席¥10,000、B席¥8,000、C席¥6,000
http://www.k-ballet.co.jp/company

チケット予約:
チケットスペース 03-3234-9999
http://ints.co.jp

問い合せ:
チケットスペース 03-3234-9999
http://ints.co.jp


※ データは2016年2月21日現在のものです。
内容は変更になる場合があります。
詳細は公式HPでご確認ください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。