独身のまま歳を重ねても、幸せでいるためには?

独身でも幸せでいるためには?

独身でも幸せでいるためには?

最近は、30~40代の独身者も増えてきました。
中には、独身でいることで肩身の狭い思いをしている人もいます。

そんな人たちが、日々、幸せに過ごすためにはどうしたらいいでしょうか?


その1:自分の現状を納得できるようになる

独身でいる人にはそれぞれ理由があります。独身主義の人もいれば、「結婚したいけど、なかなかいい人が見つからない」という人もいるでしょう。
ただ、幸せでいるためにも、ある程度は、今の状況に納得できるようになることは重要です。

例えば、“独身主義の人”であれば、自分が今の生活を選んでいるので、納得できていることでしょう。その場合は問題ありません。
でも、結婚したいのに、結婚できていない状況の人は、なかなか受け入れられるものではありません。

ただ、なんだかんだ言って、結局は、今の環境は「自分で選択している」ものなんですよね。
例えば、“結婚願望はあるけど、好きな人(もしくは、条件が合う人)としかしたくないから独身でいる人”の場合は、「好きでもない人と結婚する」「好きな人と結婚するくらいであれば、独身でいる」という選択の中で、後者を選んでいいます。

だから、自分の意思で今の環境を選んでいるのです。
それをきちんと理解できたら、現状を納得するまではできていなくても、「仕方がない」と受け入れられることでしょう。
嫌だったら、好きではない人とでも結婚すればいいだけのことです。幸せになれるかどうかは置いといても、「好きな人と結婚しなくてはいけない」なんて決まりはないですしね。

逆に、“誰でもいいから、とにかく結婚したい人”の場合は、今の状況に納得する前に、行動を起こすことが重要です。
なぜなら、世の中には同じように単に“結婚”という形を求めている人もいなくはないので、結婚しようと思えばできる可能性は高いからです。
その場合は、結婚相手と出会うためにも、結婚相談所や婚活パーティーなど、出会いのシステムを積極的に利用し、より多くの人と会うようにしましょう。

ただ、そういう人でも自分自身と向き合っていくと、「相手は誰でもいいと言っておきながら、誰でもよくない」と思っていることに気付くこともあります。

例えば、我を押し通す人は、無意識的に「自分の我を受け止めてくれる人」を求めている、とも言えます。
つまり、「我を押し通す自分でいること」と「相手に合わせ、聞く耳を持てる自分になること」では前者を選び、“そんな自分を良いと言ってくれる人”を求めているのです。それは、「誰でもいい」わけではありません。

今の環境は、意識的であれ、無意識的であれ、「自分が選択をした結果」なのです。自分の選択に責任をもつことは、大事ですよ。

ただ、こんな風に自分では今、独身であることを受け入れられるようになっても、周りから「どうして、結婚しないの?」なんて、デリカシーのないことを聞かれ、心を乱される人は少なくありません。そうすると、また幸せではなくなってしまいますよね。
その場合はどうしたらいいでしょうか?次のページで紹介します。