2016年2月の、クラシックのおすすめ新譜CDをご紹介!

毎月大量に発売されるクラシックの新譜CD。その中からレコード会社が自信をもってオススメするアルバムをセレクト&オススメコメントをもらい、更にガイド大塚が聴き手としての感想をつけて紹介していきます。2016年2月のオススメはこれだ!
(発売前、発売延期、売り切れなどの場合もございます。ご了承くださいませ。直接CD店に行く場合などはご注意くださいませ)


アーノンクール(指揮者) ベートーヴェン:交響曲第4番&5番『運命』

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
2015年12月5日、86歳の誕生日の前日に演奏活動からの引退を表明したニコラウス・アーノンクールにとって生涯最後のレコーディング(2015年5月)で、1953年の創設以来自ら手塩にかけてきたウィーン・コンツェントゥス・ムジクスとの最初で最後のベートーヴェン録音。日本盤ライナーノーツには、アーノンクールによるコメント全日本語訳(8300字)、アーノンクールによるベートーヴェン演奏史などを掲載。

■ガイド大塚の感想
ベートーヴェン交響曲のチクルス録音が予定されている中での引退ということで残念でならないが、唯一録音されたこの盤でも、アーノンクールの演奏意欲は全く枯れていない。どんな表現もされ尽くしたような『運命』ですら度肝を抜かれる解釈…。過去に受け入れ難い演奏もたくさんあったが、後になってその意味を理解することは多かった。既存の音楽に怒り、新たな音楽を叩き付けるようなこのベートーヴェンは、当時の聴衆が斬新さに身震いしつつ感動しただろうことを教えてくれる。
Amazon


パーヴォ・ヤルヴィ(指揮者) ニールセン:交響曲全集

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
デンマークの国民的作曲家カール・ニールセンの6曲の交響曲は、それぞれが独自の風貌と極めて個性的な響きを備え、20世紀音楽の中で重要な位置を占めています。パーヴォ・ヤルヴィのニールセン解釈は、鋭いリズム捌き、クールなリリシズムの表現、そしてシンフォニックな構成感を生かした男性的なダイナミズムが聴きもので、世界的に高く評価されています。この新しい全集は、2015年のアニヴァーサリー・イヤーを超えて、その先を志向する名演の誕生といえるでしょう。

■ガイド大塚の感想
これはハマる。パーヴォが2014年まで首席指揮者を務めたフランクフルト放送響との録音で、おそらくドイツのオーケストラによる全集は初めてとのことだが、まずこの起用がズバリ当たっている。パーヴォの引き締まった音楽作りとドイツオケの重心の低い力強さがマッチし、音楽が確信を持って語られていく。6番最後のファゴット・ソロは「あっかんべー」のよう、と語るなど、とにかく聴いていて面白い。ニールセン開眼する全集。
Amazon


沼尻竜典(指揮)メンデルスゾーン:交響曲第1番&第5番「宗教改革」』

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
録音ともに高い評価を得ている沼尻竜典と日本センチュリー響によるメンデルスゾーン・シリーズもついに完結。第5番「宗教改革」は2014年のライヴから、第1番はセッション録音にて収録いたしました。確かな演奏技術で聴かせる見事なアンサンブルは、沼尻のタクトに導かれ、華麗なメンデルスゾーンを描いています。弦セクションの深みのある響きに、鮮やかに響く管楽器が彩りを添え、美しく壮大な演奏となりました。

■ガイド大塚の感想
メンデルスゾーンの5つの交響曲の中で、若き日に書かれた2つの交響曲だが、勢いある快演で若書きと全く思わせない。アンサンブルは精緻で、響きは堂々と豊か。ちょっと驚く完成度の高さで、このコンビの相性の良さを物語っている。
Amazon


ハーゼルベック(指揮) ベートーヴェン:交響曲第7番&ウェリントンの勝利

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
ベートーヴェンの交響曲はどれも、発表された当初から大きな衝撃を与え、話題の種になっていたことが昔の記録からわかります。しかし当時は、いまのオーケストラとは大きく違う楽器や編成・弾き方で演奏されていた…その点をふまえて当時流儀に演奏する楽団はこの数十年間で激増したものの、ウィーンの彼らのように「会場の響き」にまでこだわった楽団は貴重!同じ日に初演された「もう1曲」とあわせて聴けば「第7番」のイメージもがらりと変わってくる…?!

■ガイド大塚の感想
ベートーヴェンの初演会場シリーズの第2弾だが、7番と同日に演奏されたという曲が面白い。まずはメトロノームの発明者として知られるメルツェルによる自動トランペット演奏機(?)の演奏。再現された楽器によるキッチュな演奏が楽しめる。そして、更にこれまたキッチュというか若干大袈裟な『ウェリントンの勝利』。と通して聴くことで、7番が如何に真摯に熱い、後世に残る傑作だったのがより伝わる。

ヤンセン(ヴァイオリン) ブラームス&バルトーク:ヴァイオリン協奏曲(第1番)

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
美しき俊英、ジャニーヌ・ヤンセンの待望の新録音はブラームス:ヴァイオリン協奏曲とバルトークの協奏曲第1番です。共演はパッパーノ指揮でブラームスがサンタ・チェチーリア音楽院管弦楽団、バルトークはロンドン交響楽団という組み合わせ。一風変わったカップリングに思える2曲かもしれませんが、どちらの曲からも濃厚な抒情が香り立ち、ヤンセンが2曲を共に録音した意図が感じられる瑞々しい演奏が聴き手を魅了します。

■ガイド大塚の感想
実演を聴いて思った「わ、すごい上手いな」というのが伝わる演奏。全体的に全ての音をはっきり発音させるような、本当にまぁ上手い演奏。音階の素早い乱高下など美しい。ブラームスの協奏曲は情熱的な要素も必要とされる曲だが、ヴァイオリン登場時から食ってかかるような多少のノイジーさも厭わない気合の入った演奏で、迫力も十分。音の明瞭さ、音符の最後まで目一杯鳴らす粘る力強さで数多い同曲のリリースの中でも印象を残す。バルトークはその粘り強さに程良い妖艶な陰影を加え、これも見事。


ルノー・カピュソン(ヴァイオリン)、パーヴォ・ヤルヴィ(指揮) ツィゴイネルワイゼン、ラロ:スペイン交響曲&ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
エラート・レーベルを代表する世界的ヴァイオリニスト、2016年に生誕40歳年を迎えるが、すでに巨匠の域に到達しているかのような存在感! ヤルヴィ&パリ管とともに、ヴァイオリンの超名曲、「ツィゴイネルワイゼン」に、ラロとブルッフの協奏曲を収録した強力盤です。2015年1月に開館したばかりの「フィルハーモニー・ド・パリ」での初録音となります。

■ガイド大塚の感想
なんだこれ、カピュソンのCDだが、まずパーヴォがかっこよすぎる。どれもよく演奏される曲だが、金管の和音のクレッシェンドを効かせるなど、細かく立体的に作り込まれていて、ソリストを劇的に盛り上げていく。やはりこの人はすごい。主役のカピュソンも勿論上手く、力強い健康的な音で縦横無尽に駆ける。個人的に『ツィゴイネルワイゼン』は糖分過多すぎて苦手な曲だが、この2人のタッグだとビターに引き締まりブラヴォー。最後の猛烈加速は2人からのいたずらなプレゼントにも感じられる(笑)。
Amazon


荘村清志(ギター)&イ・ムジチ合奏団 -夢の共演-

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
円熟の名手、荘村清志と魅惑の弦楽アンサンブルで世界を魅了するイ・ムジチ合奏団が夢の共演を実現!両アーティストにゆかりのある“イタリア”をテーマに、ヴィヴァルディとジュリアーニという、時代の異なる2つのギター協奏曲やギター・ソロによるスカルラッティのソナタ集などを収録。またブローウェルの名作『11月のある日』では繊細で味わい深いアンサンブルを味わえます。

■ガイド大塚の感想
荘村さんの変わらず溌剌としたギターが、こちらも変わらず永遠に爽やかなクラシック音楽を届けてくれる印象のイ・ムジチと抜群の相性で、音楽の楽しさを十二分に伝えてくれる。寂しい楽章では、現実を受け入れつつも前へ進み続けるようなギターで生き様を見るようでもある。
Amazon


ミロシュ(ギター) ブラックバード~ザ・ビートルズ・アルバム

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
昨年はスタジオジブリ映画『思い出のマーニー』の音楽に参加するなど、多方面に活躍しているギタリスト、ミロシュがアビイ・ロード・スタジオでビートルズ・アルバムを録音!武満徹編曲による「イエスタデイ」以外は、名ギタリスト、セルジオ・アサドがギター・パートを書き下ろしています。さらに、グラミー賞アーティスト、グレゴリー・ポーターが「レット・イット・ビー」でヴォーカル参加するなど、豪華な共演陣にも注目です!

■ガイド大塚の感想
1曲目は『ブラックバード』。ビートルズ・ギター・コピーの定番曲で「懐かし~」と思い聴いていたが、伴奏だけでなくメロディーまで同時に弾いていて、ミロシュにとっては全くなんてことはないのでしょうが、それだけでノックアウト。全編ビートルズ愛に溢れ、かなりマニアックな編曲&演奏で楽しめる。単に「ビートルズをやってみました」ではないアルバムとしての充実さがある。ビートルズ好きも必聴!
Amazon

マッカーシー(ピアノ) Solo / ソロ~左手のためのピアノ編曲集

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
ニコラス・マッカーシーは、1989年に右腕なくして生まれ、14歳で「ベートーヴェン:ワルトシュタイン」に感激しそれからピアノを始め、ロンドンのギルドホール音楽学校を卒業。歴史ある王立音楽学校の歴史で、初の左手だけのピアニストの卒業者として話題となりました。ロンドンでのパラリンピック閉会式で、コールドプレイと共演もした彼のデビュー・アルバムは、自分での編曲や、様々な作曲家の編曲による左手のための作品を収録。超絶技巧というだけでなく、敏感さと温かい解釈にあふれたアルバムです。

■ガイド大塚の感想
タッチが優しくとても温かな音色、アルペジオもレガートも丁寧で穏やかな音楽が生み出される癒される。本当に左手だけの演奏とは思えない豊かさ。「左手だけなのにすごい」演奏では全くなく「すごい演奏が左手だけだった」という驚き。『ヴォカリーズ』や『別れの曲』など、誰もが聴いたことのあるだろう曲も収録され、クラシック好きではなくても、多くの人の心を捉える稀有な演奏だと思う。
Amazon


ソコロフ(ピアノ) ワルシャワ&ザルツブルク・ライヴ

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
現代最高のピアニストと絶賛されるソコロフのワルシャワ&ザルツブルクでのライヴ録音。DGリリース第2弾となる今作はハンマークラヴィーア・ソナタをメインに、シューベルトの即興曲集 Op.90なども収録しています。いずれも2013年のライヴ録音。その実力と反比例して録音が非常に希少な巨匠ソコロフの磨き抜かれた表現がこうして聴かれる喜びを一人でも多くの音楽ファンの方々と共有したくなるアルバムの誕生です。

■ガイド大塚の感想
これまたソコロフの稀有な透徹したピアニズムに満ちたライヴ。ハンマークラヴィーアを聴いても、この曲が難曲であることが微塵も感じられない。冒頭からして主題を「提示する」というより、ただただ慈しむ、という感じ。ひたすらに磨き上げられた珠がリズミカルに共鳴するような幸せな音楽が紡ぎ出されることに驚かされ、派手さはないが、同心円状にじわじわと温かさが伝わる感じが心地良い。
Amazon


宮本ミサ(ピアノ) ロマンス

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
ポーランドで確固とした評価を得るピアニスト宮本ミサのデビュー・アルバムは、ショパン、リスト、ラフマニノフと彼女のピアニズムが存分に堪能できるバラエティに富んだものです。目玉ともいえる、バラキレフ編曲のロマンス、ワイルド編曲のラルゲット、エキエル版によるレント・コン・グラン・エスプレッシオーネは、数少ない貴重な録音です。一曲一曲に魂をこめる演奏により、宮本ミサのみが創造し得る世界が広がります。

■ガイド大塚の感想
これはとても個性的な盤。ショパンが残した2つの協奏曲の緩徐楽章のピアノ1台編曲版が冒頭2曲連続で演奏されるところから、普通ではない感じがが漂う。ショパンの遺作マズルカ ヘ短調 作品68-4を含む、切ない前半の一方、後半はラフマニノフの『楽興の時』で力強さを持ち、希望へ向かう。一貫して透明度の高い美しい演奏で、引き込まれる。通して聴くアルバムとしての意味がとてもあるCDだ。
Amazon

森の歌、さまざま。~J.H.シャインの曲集から~

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
静かでオーガニックな雰囲気のジャケットが愛らしいこのアルバムには、その雰囲気どおりの?やさしく素材感あふれる音楽が。400年前のドイツで大流行した歌集の曲をおさめたこのアルバムの主人公J.H.シャインは、バッハの100年前に同じ町で活躍した「ドイツ三大S」のひとり…穏やかな歌の数々の心地良さに耳を傾けていると、シャインは偉大な仕事をした巨匠というより、純粋によい曲ばかりを書いて人気を得た人だったのかな?と思えてきます。

■ガイド大塚の感想
これまた驚いたCD。ドイツ・バロックの印象が180度変わる、爽やかな盤。作品のテーマそのままだが、花が咲く草むらから少女たちが飛び出すかのような歌、ハープは光の輝き、ヴァイオリンは吹き抜けるそよ風、テオルボは鳥の歌声のよう。通奏低音があり、アルペジオの伴奏もあるので、現代のポップソングにも近い親しみやすさを感じる。400年前の軽やかな歌をどうぞ。


ロストロポーヴィチ(指揮) R=コルサコフ:シェエラザード、他

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
アナログ最盛期の旧EMIレーベル優秀録音盤を、新規マスタリングで復刻。重厚な演奏を最高音質で再現! 名録音としても名高いロストロポーヴィチの「シェエラザード」と、同じくパリ管とのロシア管弦楽曲集より3曲をカップリング。今回の復刻のために、本国のマスター・テープから96kHz/24bitでデジタル化したマスターを用い、SACD層、CD層別々にマスタリングを新規で行いました。オーディオ・ファンならずとも、必聴の名盤です。

■ガイド大塚の感想
タワーレコードさんが行っている、高品位なデジタル化がされていない過去の名盤をマスターテープから取り寄せ、最良のマスタリングでリリースするシリーズ。各レコード会社に保管されているマスターテープの経年劣化が進んでいるそうで、解説にある「時間と技術との狭間で、最大限の尽力で後世に残る音源を今後もリリースしていきたい」という言葉が熱い。で、内容だが、臨場感が半端ない。弦がトゥッティで弾き切った後、ホールに残る音の減退まで自然に捉え、ホールにいるよう。各楽器の音のエッジがよく立ち、音の光彩が見えるよう。で、シェエラザードのこの引き潮の強い感じはどこから来るのだろう……? 低音の強さから? パリ管らしい木管の美しさも印象的。細かなテンポの揺らぎも海に飲み込まれるよう。ロストロは指揮者としても偉大な演奏が多かった。とんでもない名盤。
タワーレコード


クリュイタンス(指揮) ベルリオーズ:幻想交響曲、ラヴェル:『ラ・ヴァルス』他

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
数ある"幻想交響曲"の中でも指折りの名盤です。1958年録音ながら、ミュンシュ&パリ管と並ぶ旧EMIレーベルを代表する名演! 同時録音の貴重な"ラ・ヴァルス"も収録しました。こちらの盤も、本国のマスターから96kHz/24bitでデジタル化したマスターを用い、SACD層、CD層別々にマスタリングを新規で行いました。また、詳細な解説を新規で収録。この盤にまつわる背景や詳細な分析は、読み物としても興味深い内容です。

■ガイド大塚の感想
上と同じDefinition Series。これまた客席、それもとびきり良い席で聴くような臨場感で、クリュイタンスらしい細かなニュアンスや、突如燃え盛るオケなど生々しく響く。オケもこの曲にある、憧れと諦めの交錯をクリュイタンスによく反応し、描いていく。端正さとヴェルヴェットのような音の美しさに酔わされる。『ラ・ ヴァルス』に至っては、あまりのエレガントな響きに脱帽というか、思わず笑ってしまった。パリ管の演奏とは別の名演が良い音になり楽しめるのは、歴史的事件に近いと思う。ずっと聴き続けたい名盤が今こうして熱い思いで発掘されたことに感謝。
タワーレコード

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。