バレエを通して家族の愛を描く。
ドキュメンタリー映画『Maiko ふたたびの白鳥』


15歳で単身日本を離れ、英国ロイヤル・バレエスクールに留学。19歳でノルウェー国立バレエ団に入団した西野麻衣子さん。2005年、25歳のとき東洋人として初めて同団のプリンシパルに就任。芸術活動に貢献した人物に贈られる「ノルウェー評論文化賞」を受賞するなど、ノルウェーを代表するトップダンサーとして知られています。

映画『Maiko ふたたびの白鳥』は、ノルウェー国立バレエ団でプリンシパルとして活躍する麻衣子さんの日々を4年に渡り追い続けたドキュメンタリー。キャリア絶頂期での予期せぬ妊娠、そして出産。遠く離れた日本にいる母、そしてオペラハウスで芸術監督として働く夫・ニコライ氏らの大きなサポートを受け、その強靱な意志でふたたびステージを目指す麻衣子さん。復帰作は、クラシック・バレエの名作『白鳥の湖』。しかし、出産でバランスが変わった身体は思うように動かず……。

映画を通して描かれるのは、麻衣子さんを取り巻く家族の模様。娘の夢を叶えるため、家を売り払い資金を工面した両親。全力で応援しながらも、母はときに彼女を厳しい言葉で突き放す。それは、娘への愛と信頼ゆえ。一方、出産後復帰を目指す彼女のため、夫・ニコライ氏は半年間の休暇を取り育児に専念することを決意。日本とはまた違う、ノルウェーのお国事情も興味深いところです。

ph

母・衣津栄さんと


次ページでは、麻衣子さんのインタビューをお届けします!



映画化の話が来たときの心境はいかがでしたか?

麻衣子>初めて監督のオセと会ったのはバレエ団のカフェでした。私の舞台を観て興味を持ってくれたということで、“麻衣子の映画を撮らせて欲しい”と彼女にプロポーズされました。話を聞いたときは、嬉しい気持ちと同時に、すごく迷いもありましたね。舞台を通して美しい姿を見せるのがバレエの世界であり、私たちダンサーの役目。でも舞台裏の話だったり、私のプライベートや過去のストーリーをお見せすることには抵抗もあったし、かなり複雑な気持ちでした。それに日本でも公開されると聞いて、日本の方はどんな風に私のことを感じるのだろうという不安もあって……。

出演を決めた最大の理由は、主人や家族の応援でした。実際映画が完成して、両親やお世話になった先生方への恩返しという意味でも素晴らしいギフトになったと思います。ただ、当初の予定では撮影は2年間という約束だったけど、途中で私が妊娠したこともあり、想像していたよりずっと長くなってしまいました。

ph

 


妊娠・出産のエピソードは想定外だった?

麻衣子>かなりの想定外です。撮影を始めたころオセに“麻衣子は将来お母さんになりたいの?”と質問されました。でもそのとき私は30歳で、キャリアが一番ピークのときだったので、“今はまだその予定はない”と答えていたんです。ところが撮影が2年目に入ったとき、思いがけず妊娠して。オセから“じゃあダンサーとしての麻衣子だけではなく、キャリアを持ちながら母になる麻衣子を追いたい”と言われて、2年間の撮影で終わる予定が最終的に4年間になりました。

なので、映画の趣旨も当初とはかなり変わりました。最初は私のパートナーが引退するところで終わる予定だったんです。けれど、妊娠をきっかけに、私と母との繋がりをもっと描きたいということになって……。映画にも映っていますが、母とは週に一度は話をします。すごく性格が似ているので、何でもわかってくれますね。

今はスカイプがあるから本当に近く感じます。私がバレエ学校に留学していた頃はインターネットもなかったし、コレクトコールでかけていたので電話代もすごく高くて、そう頻繁に話せませんでした。今はお金もかからずどこにいても家族とコンタクトできて、すごく幸せな時代だなって思います。



出産直前までバレエのレッスンを続けていましたね。

麻衣子>出産の二日前までレッスンをしていました。妊娠していてもバレエはずっと続けたかった。出産は大きな決断でしたが、子どもが出来たことを理由にバレエをおろそかにしたくはありませんでした。レオタードがぱんぱんに伸びた状態でしたけど、体力もあったし気分も良かったので、全く問題は感じなかったですね。もちろん私ひとりの努力だけではなく、お医者さまやトレーニングのチーム、監督も含めていろいろサポートをしてもらいました。

ただ妊娠している間は、自分の身体がどんどん変わっていくことに対してかなり不安はありました。この体型が本当に以前のように戻るのか、戻ったところでママになって自分の気持ちが変わらないのかと……。けれどアイリフが産まれて、今までよりもっと上に行きたいという気持ちが込み上げてきた。復帰を目指し、出産1ヶ月後にはもうトレーニングを始めていました。子育ても、バレリーナとしての自分のメンテナンスも大変ですが、すごく充実感があります。母として、また違った形で舞台に立てることがとても幸せですし、すごく楽しいです。

ph

 


周りのみなさんの反応はいかがでしたか?

麻衣子>産婦人科のお医者さまには“バレエのレッスンなんてとんでもない!”と言われましたね。けれどバレエ団に付属しているバレエ専門のお医者さまは、私たちダンサーがどれだけ毎日トレーニングをしているか知っているので理解してくれました。

妊娠五ヶ月まで舞台に出ていたりと、直前までバレエを続けていたので、バレエ団のみんなもいろいろサポートをしてくれました。でもなかには心配してくれるダンサーもいましたね。特に女性はそうで、“麻衣子、ビー・ケアフル。あなたはプロのダンサーだけど、プロのママじゃないんだよ”と言われました。でも私はダメなことや間違っていることをしたら自分のハートでわかると思った。“私はバレエをするために生きてるから”と言って、レッスンを続けました。

10代や20代のダンサー、これから子どもが欲しいと想っている女性たち、結婚したばかりの女性たちには“すごく勇気をもらった”“もしかしたら私にもできるかも”と言われました。あと監督のオセ自身も同じ悩みを持っていて、何年も出産を迷っていたそうです。だけど撮影を続けるうちに、“自分も映画監督として働くキャリアウーマンだけど、麻衣子を見ていたら仕事をしながら母親もできるんだって勇気づけられた”と話していて。そうしたら、実際妊娠して、この1月に出産したんです! 今後は監督と出演者としてだけではなく、ママ同士仲良くしていきたいですね。



育児に対するカンパニーや政府の協力体制も印象的です。

麻衣子>バレエ団には子どもを育てながら踊っているダンサーも結構います。ソリストで子どもを出産した女性もいるし、3人の子どもを持つコール・ド・バレエのダンサーもいます。彼女たちもママとして子どもを育て、毎日レッスンに通ってる。そういう方たちを見ていて、私自身やはりとても力付けられました。

主人の協力もすごく助けになりました。ノルウェーは男女平等の国なので、男性も当たり前のように家事に参加します。国が父親になることを応援していて、主人は私のキャリアをサポートするために5ヶ月の育児休暇を取ってくれました。特に主人は母親が同じ劇場でオペラ歌手をしていたのと、彼自身もオペラハウスで働いていたので、何も言わなくても私の状況を理解してくれます。ノルウェーの男性はすごく優しいですね。カムバックできるという自信は主人からもらいましたし、そのおかげで復帰も早くできた気がします。

ph

 夫・ニコライ氏と



出産後どうやってスタイルを戻したのでしょう?

麻衣子>母乳をあげているだけで、3~4週間したら自然と元に戻りました。産後4週間は筋肉がわかれてるから何もしてはいけないとお医者さまに言われていて、実際その間はバレエもお休みしていたんですけど。ただ出産の2日前までバレエのレッスンをしていたので、お腹が大きくても腕や脚の筋肉は一切落ちていなかった、という理由も大きかったかもしれません。



抜群のプロポーションをキープする秘訣とは?

麻衣子>ポジティブに生きること。それはスタイルだけではなくて、ひととしてとても大切なことだと思います。朝起きてシャワーを浴びたら、まず鏡を見て笑うのが私の日課。バレエの先生に“心がきれいじゃないと踊った瞬間にわかるのよ”と言われたことがありますが、確かにそう。舞台に立つ人間として、心身ともにきれいでいたい。このポジティブさ、アクティブな性格にはとても助けられてると思います。自分の持っているポジティブさで、舞台を通してみなさんにポジティブを分け与えられるから。

もともと食べることがすごく好きで、好き嫌いなく、何でも食べます。でもダイエットは一切したことがないんです。もちろん朝から晩までトレーニングしているということもあるけれど、こんな性格なのでじっとできなくて、家にいてもいつも走り回ってばかりいます(笑)。ただダンサーのお友達でダイエットをしている方はいますし、ひとにもよるのかもしれません。体質なのかもしれないですね。こういう身体に産んでくれた両親に感謝しています。

ph

 





15 歳で親元を離れ、英国ロイヤル・バレエスクールへ留学。ご両親は留学費用を捻出するため、実家や車を売るなど大きなサポートをしています。15歳の少女にとって、その責任の重さは大変なものだったのでは?

麻衣子>両親のサポートは大変なものだったと思います。弟や妹、祖父母もいるなかで、自分の夢のために留学させてもらった。私自身“絶対に途中で帰って来ることはできない”“失敗は許されない”といつも言ってましたね。でも、やはりプレッシャーは大きかったです。

15歳って、少女から女性になる複雑な年齢じゃないですか。英語が話せない歯がゆさと、自分の想いを伝えられないもどかしさがある。お友達をつくりたいとは思うけど、どうつくっていいかわからない。シャイなタイプではないので、ボディランゲージはしていたけれど、複雑な気持ちまでは伝え切れない。家が恋しいだけではなくて、自分の戸惑っている気持ちをシェアしたかった。それができないということで、やはりホームシックになりました。

ph

 


出産を経て、バレエに対する意識に変化はありましたか?

麻衣子>アイリフを抱いて家に帰ってきて、今までより何か意味深いというか、これからは彼のために“ママは頑張ってきたんだよ”という姿を残したいと思いました。彼にとって自慢のママでいたい。ダンサーとしてだけの麻衣子ではなく、ママとしても輝きたかった。

中途半端なことは大嫌いなので、決めたら150パーセントやる。だから復帰作を『白鳥の湖』にしようと決意しました。でも周りには、“麻衣子、いくら何でも『白鳥の湖』はないでしょう”と言われましたけど。でもみんなも私がこういう性格だと知っているので、最後は“まぁ、麻衣子だからしょうがないね”と諦めてサポートしてくれました(笑)。

ph

 


『白鳥の湖』で復帰するにあたり、苦労した点は?

麻衣子>『白鳥の湖』は何回も踊っているので改めて振りを習うようなことはないけれど、やはり“白鳥”にならなければいけないので、他の作品より腕のトレーニングをする必要がある。だから本番まで要する時間も長くて、だいたい6~8週間くらいかかりました。それに妊娠していたときに出ていたお腹がなくなったせいでバランスがすごく変わってしまって、それが自分のなかでもショックだったし、怖かった。バランス感覚が以前とは全く違ってしまったので、いつもよりかなりスタートが遅れた部分はありました。本当にクラシック作品のなかで一番難しい『白鳥の湖』を踊ることができるんだろうか、という不安は大きかったです。

特に大変だったのはフェッテでした。日本のダンサーはみんなくるくる回るけど、私は背が高いということあり、もともと回転ものは得意じゃなくて。身長は172cmで、ノルウェーでも高い方。今バレエ団にいる日本人ダンサーは男性一名と女性二名ですが、やはりみんな小柄ですね。
バランス感覚の面では最後まで苦労しました。出産後早い段階で現場に復帰したからかもしれませんが、ギリギリまで自分の芯がつかめず悩みました。

ダブルを入れてフェッテをしたいという想いが強くあったけど、いくら練習してもなかなか上手くいかない。私にとっては意地もある。でもそんなとき、トレーナーのリチャードに“麻衣子、ダブルだけが全てじゃないよ”と言われて。“今までの状態で白鳥を踊っているんじゃない、子どもを産んでカムバックしたんだ。もっと広い視野を持って”と……。リチャードは11年間一緒に踊っていたかつてのパートナーで、私のことをよく知り尽くしてる。彼に“32回のフェッテはもちろん黒鳥の見せ場。でもダブルを入れるかシングルかというだけじゃない。どれだけ麻衣子が白鳥・黒鳥を踊り切るかというトータルのパフォーマンスが大切だから、舞台はシングルで踊りなさい”と言われて、私も考えを改めました。

復帰にあたり、緊張感はなかったですね。十何年間このバレエ団で踊ってきたので、私のことをフォローしてくれているお客さまも沢山いる。映画にも映っていますが、白鳥の衣裳を着て舞台袖に立ったとき、“あぁ、私は踊るべきなんだな。ここが私の家なんだ”と改めて思いました。

ph

 


今後のキャリアで成し遂げたいことは?

麻衣子>もうほとんど全てのレパートリーを踊りきっていると思います。今チャレンジしたいのは、これまで踊ってきた舞台をママとしてもう一度踊ること。今度『ジゼル』を踊りますけど、今までとはまた違うジゼルが踊れると思います。もう一回やり直しです。ママになって、本当に変わったと思います。すごくエモーショナルになって、泣き虫になりました。主人にも“最近よく泣くようになったね”って言われます(笑)。ママになった私、年齢も含めて、自分がまた違った意味で輝けるのではと思っています。


どんな方にこの映画を観てもらいたいですか?

麻衣子>バレエをしている方だけではなく、いろいろなジャンルの方に観て欲しい。若い子たちも含めて、いろいろな年齢の女性にこの映画を観ていただきたいなと思います。そして、夢を持って生きて欲しい。日本とノルウェーのカルチャーの差という意味では、日本の男性にも観てもらいたい。ノルウェーはとてもほがらかで、ふんわりした国。私は日本とノルウェーをミキサーに入れて混ぜたら絶対に最高の国になると思っているんです(笑)。

ただ日本を出てもう20年になるので、どんどん日本人離れしていって、日本の方からどう見えるか少し心配です(笑)。日本語は母としか話さないので、ちょっと言葉がヘンかもしれません……。バレエの映画ですけど、母や家族との関係、サポートも描かれている。ぜひいろいろな方に観ていただきたいです。
 
ph

 







プロフィール

ph

 

西野麻衣子
大阪生まれ。6歳からバレエを始め、15 歳で英国ロイヤル・バレエスクールに留学。19 歳の時オーディションに合格しノルウェー国立バレエ団に入団。25 歳で東洋人初のプリンシパルに抜擢され、同年ノルウェーで芸術活動に貢献した人物に贈られる「ノルウェー評論文化賞」を受賞。武器は172cmの長身と、長い手足を生かしたダイナミックかつエレガントな踊り。私生活ではノルウェー人の夫・ニコライ氏と長男・アイリフ君との3人暮らし。オペラハウスで芸術監督をしているニコライさんとは劇場で出会い、結婚した。




作品情報

『Maiko ふたたびの白鳥』
監督:オセ・スベンハイム・ドリブネス
出演:西野麻衣子   
http://www.maiko-movie.com/
(2015年/ノルウェー/70分/英語・ノルウェー語・日本語)
配給:ハピネット/ミモザフィルムズ
2016年2月20日より、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次ロードショー






※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。