■やり方:

動作1

動作1

1. 膝を曲げて背中を伸ばします。つま先だけ床につけた状態で、かかとで床を踏むように上げ下げしながら、脚裏を伸ばし、体の裏側を伸ばします。

 
動作2

動作2

2. さらにつま先立ちになり、お腹と太ももをつけるイメージで脇の下から体側、お尻、太腿裏などを伸ばします。

 
動作3

動作3

3. さらにかかとを床からしっかりと離し、足の甲が床と垂直になるくらい脚の付け根をグッと天井方向に押し上げましょう。この時、腰やお尻を押し上げるイメージでお腹の力も意識しながら、お腹を緩めないようにしましょう。

 
動作4

動作4

4. ゆっくりと吐く息とともにかかとを床の方に下ろし、つま先を床から離してかかとの方に体重を一旦乗せるイメージでひざ下を伸ばします。目線は柔らかく床に下ろし、上腹部、肋骨、頭の順につけるイメージで常に背骨を長くキープしましょう。肩と耳も遠く離すように意識して、そのまま1分ほどホールドします。


いかがですか?膝を曲げることで、肩や腰が気持ちよく伸びます。ぜひ、呼吸とともにポーズを深めてみてください。

■おすすめのヨガ記事
まずはココから!自宅でできる初心者向けのヨガポーズ
ヨガで痩せる?ヨガをする人が美しいわけ
肩甲骨をほぐして、背中をスッキリさせるヨガポーズ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。