家計簿をはじめる時期が失敗の元⁉

新しい年になり「今年こそは家計簿をつけよう!」と張り切った方も多いと思いますが、家計簿が長続きしない理由の1つに、スタートする時期が挙げられます。ではなぜ、年始めから家計簿をつけ始めると失敗しやすいのか、その理由をお話します。
 
家計簿 続かない理由

家計簿をスタートする時期も、継続させるためには重要なのです。


<原因1>使途不明金が多い

お正月は1年の中でも最も使途不明金が増える時期です。お年玉や初詣に関わるお賽銭、お守り、おみくじといったモノには、レシートや領収書がありません。使途不明金が多いと当然ながら収支が合いません。収支が合わないことにイライラして家計簿をつけることが嫌になる……という羽目に。

<原因2>支出が多い
お正月はお年賀や初売りなどで支出が増える時期です。あまりの支出の多さにうんざりしてしまう姿が目に浮かびます。

<原因3>家計簿と向き合う時間がない
お正月3が日は、帰省や旅行で自宅にいない、又は来客をもてなしていて忙しいということがあり、家計簿と向き合い、何にいくら使ったか思い出しながら記帳する時間がありません。記入しないまま数日経過することで、家計簿は次第に放置されることに……。
 

「思い立ったが吉日」今日から家計簿をつけよう!

いかがでしょうか? 似たような経験をした方も多いのではないでしょうか? しかし、諦めないでください! 1月は空白でも構いません。「年初めから、月初めから」家計簿をつけることは、決して重要ではありません。「思い立ったが吉日!」ではありませんが、今日からでいいのです。
 

イベントの少ない2月がスタートに良い時期

長続きのコツとしては1月スタートよりは、イベントによる支出の少ない2月スタートにする方がいいですね。家計簿をつけるのは、ダイエット前に体重計に乗るのと同じ作業です。集計するうえでは「年初め、月初め」がいいかもしれませんが、ご馳走が続くお正月からダイエットを始めるのは辛いですね。

それよりは1月の中旬や2月位から始めるほうが、よいのではないでしょうか? そう考えれば年始めや月初めからと、こだわる必要はありませんよね。家計簿もそれと同じです。家計の落ち着いた時からスタートさせ、毎日体重計に乗って増減をチェックするように、コツコツと記帳を続けることが大切になります。
 

家計簿の目的とは?

家計簿をつける大きな目的のひとつに「何にいくら使ったら把握する」ということがあります。何にいくら使ったかを記帳し、数字で確認することで、食費がいくらかかるのか? といったことを把握することができます。

1月の家計簿が空白になったとしても、2月の食費、3月の食費、4月、5月、6月……と続けることで、毎月の食費が平均いくらかかるのか、把握できるようになります。そうすれば空白だった1月も、毎月食費は4万円前後だから、1月はお正月があったから少し大目に4万5000円位だったのではないかと、想定することができるようになります。
 

家計の内訳が分かって初めて貯蓄の目標額が決まる

この毎月いくらかかるのか? といったことを把握することはとても大切です。家計の内訳が分かってくると、どの位無駄があって節約できるのか? そうすることで初めて、貯蓄の目安や適正な目標額も決まってくるというものです。
 

口座引落しなら記帳漏れはない

1月の家計簿が記帳できなかったとしても、口座引落しにしているモノは把握できるはずです。住居費・水道光熱費・通信費、そしてクレジットカードを使っている場合は必ず明細を記帳し、明細表も1年間は保管しておきましょう。
 

イベント時には必ず予算を立てよう

お正月の失敗例のように使途不明金や支出が多くなる時期は、必ず予算を立てて、その範囲内で使うようにすれば、詳細を明確にできなくても記帳に困ることはありませんね。

<予算例>
◆交際費:お年玉・お年賀 3万円
◆レジャー費:初詣費用、お出かけ費用
 

収支を合わせる必要はない

また、長続きの秘訣としては収支や残高を合わせようとしないことです。1円単位で収支を合わせようとすると、使途不明金につまずきイライラして投げ出したくなるでしょう。ざっくりと何にいくら使ったのか把握できるように、100円単位、又は1000円単位でもいいので、コツコツと記帳をすることが大切です。

1月スタートの失敗した人も、今日から早速再スタートさせましょう。1年間続けることができたら、1年後、3年後、10年後と素晴らしい未来が必ず待っているでしょう!

【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。