ヴィジュアルシーンにおいて昨年も引き続き、残念ながら脱退に加え、特に活動期間の長いバンドの解散や活動休止が多く目立った。

今年注目のアーティストを挙げたとしても、その翌年にはいなかったり、たった2年前のイベントのチケットを見返せばその半分近くが活動を終了していることから、今後どのバンドがブレイクする、また、絶対に解散しなさそう、いうのはとても言い難い状況だ。

だがインタビューをしていると、長く活動を続けているバンド、勢いのあるバンド、揺るがない絆を見せているバンドには少なくとも共通点がある。そこで今回は、ガイドの独断と偏見ではあるが、取材中の発言やそこで伺えるバンドの姿勢という、ステージングや音楽性以外の視点からヒントを得て、活動の良好なバンドに見られる特徴をランキングで紹介したいと思う。


10位:全員が作曲をできる

生まれも育ちも異なる人間の集まるバンドにおいて、メンバー全員の音楽の趣味が合致することは稀。好きな音楽とバンド活動で奏でる音楽の異なるメンバーも多くいる。

その中で、メンバー全員が作曲をできる場合、バンドカラーを意識しつつもそこにそれぞれ自分の趣味を加え、自分を表現することで、先に述べた趣味とバンド活動での音楽との間に生まれるジレンマを比較的押さえることが可能。それは例えば取材の場などで互いの嗜好について理解を深めることにも繋がり、よく言われる『方向性の違い』が原因で離れ離れになることも少ないといえる。

また作曲のできるメンバーが多いと楽曲に幅が広がり、バンドとしても人を惹きつけるフックを増やすことになる。


9位:期日を守る


原稿チェックのお願いなどといった用件について、事務所スタッフまたはバンドと直接やり取りする中で、返事の早い必要はないが、期日をきちんと守るバンドを見ていると、その人自身のマメさもあるだろうが、業務がひとりのメンバーに集中していないことがわかる。

音楽活動においてライブをしている時間は全体の一部にすぎず、例えばスケジューリングやさまざまな手配などといった他の業務は、しっかり者のリーダーが一手に請け負う場合が多いが、互いに協力のもと、うまく役割分担されているバンドは『自分ばっかり』と卑屈になるメンバーもいなく、メンバー間の関係も良好。


8位:ボーカルが話せる

インタビューにおいて「話が下手でごめんなさい」と言われる方も少なくないが、話の上手い下手や話す量、社交性というのは取材においてはまったく関係ない。
だが、やはり初対面の接触でもきちんとバンドや楽曲についてブレのない姿勢で話すことのできるボーカルのいるバンドは、やはり実際も頼もしいステージングを見せていることは間違いない。

大概のボーカルはライブで言葉を発する立場にいたり、他のパートに比べ自分の世界感というのを強く持っているのでしっかりとしているが、やはりボーカルはバンドの顔であることを踏まえると、その時々で言うことが異なったり自論のあいまいなボーカルには不安を覚える。

>>次ページでは7位~4位を紹介


7位:いじられる役、もしくはムードメーカーがひとりでもいる

ヴィジュアル系バンドはそれぞれ確立した世界観を持っているが、いじられ役、もしくはムードメーカーの存在というのは、見る者に親近感を沸かせ、バンドの入口となる場合が多い。
また、これがいるといないとでは実際窮地に陥った時のバンドとしての立ち上がり方も異なるだろう。中和剤となる役割のいるバンドには終始和やかな雰囲気が漂っている。


6位:発言を撤回しない

読者が読んでどう思うかを気にし過ぎるあまり、考えては訂正しながら発言するバンドより、ありのままの本来の姿で勝負をしているバンドに、活動に対してどっしりとした構えを感じる。
また「やっぱり今の発言はなしにしてください」という発言は、本来の自分とキャラとに差異のあるメンバーによくと見られる。ここで問題なのは、そのキャラが本来の自分とかけ離れているか、設定に無理があるかどうかということでなく、自分の中で消化し演じきれていないことだ。そうしたメンバーやバンドはやはりその後限界の来る可能性が高い。

5位:距離感の把握


互いの生活をほぼ把握し、ほう・れん・そうを徹底しているバンドもあれば、バンド以外の生活についてまったく関与しないバンドなど、関係性はそれぞれ。だが、長く続くバンドというのはある程度知りながらもお互いのベストの距離感というのを把握している。そして誰と誰が常に一緒にいるといった偏りがなく、互いに満遍なく均等な交流を図っている。


4位:場違いな注文をするメンバーがひとりいる

喫茶店等の飲食店でインタビューを行なう際に、平均して注文されるのがコーヒー、紅茶類。ミックスジュースぐらいまでは許容の範囲だが、アルコールを注文したり、パフェやランチプレートを頼むメンバーに、それが悪いというのではなく、日常でもきっと我が道を行くタイプなのだろうな、と思って見ている。
全員がパフェを頼むバンドだったら不安が残るが、普通に生活してたら『えっ!』と思われるような型破り、または破天荒な行動をするメンバーがひとりぐらいいるようなバンドは着眼点や発想が突き抜けている場合が多い。

>>気になる3位~1位をとは!?

3位:あけすけな仲良しアピールをしない

常々思うことだが、仲の良いバンドほど、わざわざ「仲がいいんですよ」と言ってこないものだ。仲良しアピールをしていた矢先に、バンドを裏切る理由で脱退を表明するメンバーもいたりと、自称仲が良いというものほど当てにならない。ステージングを見ていれば合わさる音なり立ち振る舞いなどからその雰囲気というのは十分に伝わってくるものだ。

互いに嫌なところを言える仲こそ健全な関係であり、喧嘩やぶつかり合いをまったくしないというのを聞くと逆に少々心配になる。


2位:全員が話す

こちらからメンバーに順番に話を振らなくとも、メンバー同士で会話が弾んでいるバンド、つまりメンバーの発言に互いに関心を持っているバンドは、いつも和やかな雰囲気で、本当の意味での仲の良さを感じる。

人を介さなくても自然と話の弾んでいる様子に、互いの遠慮のなさ、意志の疎通が表れているといえるだろう。

インタビュー記事を見れば一目瞭然で、インタビュアーの文字数が少なく、発言の均等なバンドがそうしたバンドだ。逆に一問一答状態になっている記事を見ると、そのインタビュアーの苦労が伺える。


1位:遅刻をする人がいない

意外かもしれないが、百発百中これが一番わかりやすく、バンドの先を左右する項目だと思っている。誰しもやむ終えない理由で、一度くらい遅刻することはあるだろう。けれど毎回誰かしら遅刻してくるメンバーのいるバンド、それどころかバンドごと遅刻をするバンド、ましてやすっぽかすメンバーのいるバンドは、その後なくなっている可能性が非常に高い。

それがバンドの存続に直接結びつく訳ではないと思うが、バンドの向き合い方の温度差がそうしたところにも表れているのだろう。

たった半年前のインタビューで解散はないと断言していたバンドでさえも、そうした決断に至ることを思うと、そのきっかけとなりえる事象はいくらでも転がっており、活動を続けることの大変さというのを痛感した2015年だった。

もちろん解散理由の起因するところはそれぞれ異なり、ネガティブな要素だけが原因ではない。またここに書いたことはインタビュアーの力量やバンドとの相性にも寄る話ではあるが、万人に『いいバンドだね』と言われ活動を長く続けているバンドというのは、平均して誰から見ていてもいいバンドであるはずであり、どこかしら共通点があるだろう。そこで今回、インタビュアーの視点で寄稿を試みた。

今年も現在前線で活動しているバンドが末永く続けられるよう応援したい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。