整理整頓は、お金の面でもいいことづくめ

部屋を整理整頓することは、気持ちがすっきりすることはもちろん、貯蓄にもつながる大きな効果があるのです。今回は、整理整頓をすることで、貯蓄につながる効果を3つ紹介しましょう。

貯金につながる整理整頓のポイント

貯金につながる整理整頓のポイント


効果1:あらゆるものの“期限切れ”を防ぐことができる

例えばこんな経験がないでしょうか。

「金券をもらったのに、久しぶりに見てみたら期限が切れていた」「せっせとポイントをためたのに、いざ使おうと思ったら失効していた」など。おこめ券などは有効期限がないのでいいですが、金券には有効期限があるものもあります。早めに使っておきたいですね。

また期限切れに注意したいのは、“食品”も同じ。「買いだめをしていたレトルト食品の期限が切れてしまった」「冷蔵庫の奥にあったレンコンを腐らせてしまった」など…。これらは、必要以上にモノを買っているか、整理整頓ができていないということが原因です。

改めて、整理整頓をしてみましょう。自分が把握できるだけの量に絞ることで、有効的に使えるようになります。

効果2:ストレスから解放され、“衝動買い”が減る

ストレスがたまってイライラしていると、その気持ちをすっきりさせたいと衝動的に思いますよね。

甘いものをいつも以上に食べたり、自炊する気が起きずに外食が増えたり、セールだからあと不要なものまで買ってしまったりなど、余計な出費が増えてしまうのです。

気持ちが充実しているときは、買い物でもいい判断ができるもの。その結果、必要なものだけの買い物ができます。整理整頓によってくつろげる部屋にすることで、無駄な出費を減らすことができるのです。

効果3:“必要なものだけ”を買うようになる

部屋がすっきりしている人と買い物をしたことはありますか? “買うか買わないか”の判断がスムーズなことがほとんどのはず。

買った後にどこに収納するか、ちゃんと使えるか、そもそも必要かどうかを即座に判断でき、不要なものを購入しないですむので、部屋もきれいなままなのです。当然、無駄な出費もなくなります。

部屋を整理整頓すると、その思考にどんどん近付いていけます。「せっかく部屋をきれいにしたから、これは不要だなあ」「部屋をきれいにしたからこそ、欲しかったこれを買おう」などと考え、自分にとって必要なものに絞って買い物をするようになるはずです。

以上、整理整頓によって、貯蓄につながる効果を3つお伝えしました。欲しいものを我慢する節約をはじめるまえに、まずは整理整頓をしてみましょう。「今度買おうと思っていたものが、実はすでに家にあった」「なんで同じ色のカットソーばかり買っているんだろう。次は気をつけよう」などと、新たな発見もあるかもしれませんよ!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。