2016年……年が明けて、週刊誌、ワイドショー、ネットを席巻しているベッキーについて書きます。と言いましても、別に今回の騒動について書きたいわけではありません。ベッキーのひととなりを僕は知る由も無いし、どちらの立場に立つにしても想像の範疇を超えない話になります。あえて言えば、「ゲスの極み」は、「LINEという個人メッセージをリークする行為」と「週刊文春」だと思いますが…


テクノキャット

ベッキーはバラエティ番組やCMでのタレントというイメージですが、ここでは歌手ベッキーに焦点を当ててみます。もちろん、テクノポップ目線です。僕が最初にベッキーを歌手として意識したのは、2010年にベッキーが「眼鏡市場」で歌っていたなんだかテクノポップな歌を聴いた時です。4つのヴァージョンが確認されていますが、どれを見たのかは覚えていません。冒頭から「テクノキャット、お願いよ」と歌い出し、画面にも「♪テクノキャット」と曲名が表示されます。CMの文脈から特にテクノである必要はないのですが、この手のものは好きなので、今でも覚えています。

新!眼鏡市場 1 (YouTube)

彼女は1999年以降、歌手活動を行っており、何故か2009年から「ベッキー♪♯」名義となっています。「テクノキャット」は、彼女のデビュー・アルバム『心の星』(2010年)のオープニング曲となっています。ちなみに「テクノキャット」も含めてアルバム収録曲の全ての作詞は、ベッキー自身によるもので、彼女が何らかの理由でテクノな楽曲を作りたくなったと想像できます。同時にアルバム収録曲の中でテクノポップ的な楽曲はこれのみです。

心の星 (amazon.co.jp)
kokoronohoshi

心の星


ベッキーとは関係ないですが、「ウキウキワクワク」って反復するニトリのランドセルのCM曲は、テクノなアニソンって感じですね。

ニトリ ランドセル(2015年)

歌手ベッキー♪♯

ベッキーは2011年にセカンド・アルバム『風とメロディー』をリリースしていますが、コラボを主体としたJ-POP的内容となっています。また、ベッキー♪♯名義で8枚のシングルを出しますが、2013年のシングル集『3shine!~Singles & More~』を最後にリリースは止まっています。

チャートアクションを見ると、シングル、アルバムともに10位前後と決して悪くはないですが、『夢のチカラ ~今を変える3つのレシピ~』というTV番組で「私の歌に興味ある人はまだ少ない。タレントとは違うアーティストとしての自分も受け入れてもらいたい」とベッキー自身が語っており、売れっ子タレントと歌手としての実績のギャップを吐露しています。


伝説のスタフィー

ベッキー♪♯名義は、ユニバーサルへの移籍がきっかけになっているようで、ベッキーの公式サイトでは、移籍前の作品が含まれていません。また、2006年から2009年の間は歌手としてはブランクとなっています。初期ベッキー時代を振り返ると、気になる曲が2曲ありました。

一つは、彼女の2枚目のシングル『伝説のスタフィー』(2002年)。これは、任天堂のゲームボーイアドバンス用ソフトで、ヒトデのキャラクターが主人公のゲームです。無国籍なメロディーで始まる、ちょっとレゲエ感もある80年代的テクノポップになっています。結構クセになる好きなタイプの曲です。

伝説のスタフィー (amazon.co.jp)
densetsunostafi

伝説のスタフィー


伝説のスタフィー (YouTube)

さらら

もう一つは、3枚目のシングル『さらら』(2002年)。曲名からも伝わりますが、どこか郷愁を誘う「和」のテイストが伝わる打ち込み曲。グラビアアイドルの乙葉は同じ頃に『OtohaCD Volume1』という隠れた私的愛聴アルバムを発表していますが、そちらに近い世界観です。と言っても、ご存知な方はあまりいないでしょうが… ちなみに、乙葉の夫である藤井隆も歌手として僕は好きです。いつかこの二人についても書いてみたいです。

さらら (amazon.co.jp)
sarara

さらら


さらら (YouTube)

以上、歌手ベッキーについてのテクノポップ目線で偏った再評価をいたしました。最後に……ゲスの極み乙女。の「猟奇的なキスを私にして」も好きですよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。