2016年1月の、クラシックのおすすめ新譜CDをご紹介!

毎月大量に発売されるクラシックの新譜CD。その中からレコード会社が自信をもってオススメするアルバムをセレクト&オススメコメントをもらい、更にガイド大塚が聴き手としての感想をつけて紹介していきます。2016年1のオススメはこれだ!
(発売前、発売延期、売り切れなどの場合もございます。ご了承くださいませ。直接CD店に行く場合などはご注意くださいませ)


ゲルギエフ(指揮) スクリャービン:交響曲第3番「神聖な詩」、第4番「法悦の詩」

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
ゲルギエフとロンドン響は、2014年3月から4月にかけて「ミュージック・イン・カラー」と題して、スクリャービンの5つの交響曲を取り上げました。「法悦の詩」と「神聖な詩」はその公演のライヴ録音からのSACD化で、ゲルギエフが首席指揮者としての最後の在任期間にリリースされるもっとも重要なプロジェクト、スクリャービンの交響曲全集シリーズ第1弾となります。

■ガイド大塚の感想
「さすがゲルギエフ……!」という、メリハリの効いた濃厚な愛の物語。手を細かく動かす姿が目に浮かぶようで、音の移り変わり、色の変化を丁寧に描くドラマティックな極彩色演奏。ロンドン響も繊細さと分厚い演奏で好演。


飯森範親(指揮) マーラー:大地の歌

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
2014年4月より飯森範親を首席指揮者に迎え、新たな一歩を踏み出した日本センチュリー交響楽団。彼らの記念すべき第200回定期演奏会をライヴ・レコーディングしました。飯森のタクトによって導かれるメリハリのある表現と、情感たっぷりに歌うソリスト2名に寄り添うように奏でられる見事なアンサンブルの響きで、エンターテインメントに満ちた演奏となりました。ますますの躍進を見せる両者の演奏をご堪能ください。

■ガイド大塚の感想
各楽器の音がよく聴き取れる精巧な演奏。飯森もロマンに流されないタイトな音楽作りで、引き締まった構成の中に艶やかな色を滲ませる。ソロ歌手の福井敬と与那城敬も丁寧に歌いオケとよく合う。過去の様々な名盤と比べても、雲が薄くかかる月夜の情景が浮かぶなど、印象的な美しさ。
Amazon


クルレンツィス(指揮)、コパチンスカヤ(ヴァイオリン) チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲、ストラヴィンスキー:結婚

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
話題の指揮者/オーケストラであるクルレンツィス/ムジカエテルナがカリスマ美人ヴァイオリニスト、コパチンスカヤと組んで名曲中の名曲を共に初録音!コパチンスカヤは2011年にドイツ・ラインガウ音楽祭でフェドセーエフ指揮モスクワ放送響と共演した演奏が放映されて大きな話題を呼びましたが、この組み合わせはそれを大きく上回る反響を呼ぶこと間違いなし。カップリングは「結婚」。「歌と音楽を伴うロシアの舞踊」という副題と打楽器、4台のピアノ、独唱と合唱という特異な編成を持つこの曲の真価を、クルレンツィスが鮮烈なまでにえぐり出しています!

■ガイド大塚の感想
出す盤出す盤、鮮烈なクルレンツィスだけにチャイコフスキーの前奏からファゴットと低弦は地殻が振動するようで面白く「さすが!」と思った直後、コパチンスカヤが登場するなり、クルレンツィスが霞むほどの「標準」など知ったこっちゃない自由奔放ヴァイオリンで完全ノックアウト(笑)。急加速でもクルレンツィスはばっちり付け、とにかく2人がこの曲から「安定のスタンダード」の化粧を剥がす様が衝撃的興味深さ。『結婚』は歌が器楽的ではなく演劇的なリアルさで強調され、一方、伴奏はバーバリズムの荒々しさではなく、カラッとまとまり、クールな魅力がある。
Amazon


ラナ(ピアノ) プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番、チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
ベアトリーチェ・ラナは、1993年にイタリアの音楽一家に生まれ、9歳の時にオーケストラと共演し、2013年6月にはヴァン・クライバーン国際コンクールで2位賞と聴衆賞を獲得。彼女は、ショパン:前奏曲&スクリャービンのソナタのアルバム(ATMA)をリリースしていますが、今回の指揮者アントニオ・パッパーノと聖チェチーリア国立音楽院管弦楽団との共演によるアルバムは、技巧と音楽性の両方を存分に披露するというもの。伸びやかな歌心と確かなテクニックは、間違いなく確かな才能の出現を感じさせるものです。

■ガイド大塚の感想
2曲とも大曲で、見事な迫力ある演奏だが、気を張りすぎるようなことなく、自然な呼吸で音楽を生み出しているのがとにかく好印象。特にプロコの冒頭など、オケと一体となって巨大なうねりを作り、物語を聴かせてくれる。チャイコは3楽章での押し出す部分と抑える部分の対比など繊細な陰影の描き方で唸らせる。若くしてこの安定した技術と流されない音楽性はすごい……。今後も期待。


澤和樹(ヴァイオリン、ヴィオラ)、蓼沼恵美子(ピアノ) リサイタル4「シューベルト/シューマン/ブラームス」

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
ミュンヘン国際コンクールで第3位など国際的に高い評価を受けるデュオ、澤和樹と蓼沼恵美子による好評ライヴ・レコーディング・シリーズの最後となる第4弾アルバムです。ドイツ・ロマン派の室内楽の珠玉の名作が、今作も並びます。歌心溢れるメロディに抒情豊かな世界観。長年共にする二人の美しいアンサンブルと技巧の冴え。まさに名匠のなせる音楽です。室内楽のすべてが凝縮している全4作のシリーズが遂に完結です。

■ガイド大塚の感想
3人の偉大なロマン派の作曲家の主に晩年の作品を演奏。さすがの安定した演奏で、作曲家のある種の諦念をも穏やかに見守るよう。澤の豊かでつややかな美音は慰めのようで、それを正確に優しくサポートする蓼沼の伴奏も呼吸が完全に揃った見事なもの。ブラームスでのヴィオラの中音域を伸びる音も魅力的。ロマン派を聴く喜びに満ちている。
Amazon


ピート・クイケン(ピアノ) ブラームスの音楽と19世紀のピアノで

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
ブラームスが生きた19世紀後半は、昔ながらのピアノに徐々に新機構が盛り込まれ、現代ピアノに限りなく近いモデルへと変わっていった時代。工房の場所ごと、地域差もまだまだあり、人間的な趣きをたたえた当時の楽器は周到に修復すれば、独特の味わいの響きで私たちを魅了します。ブラームスが念頭に置いていた響きも、その頃のウィーンの楽器。作曲者が使っていたモデルと同じ、同年に造られた貴重な作例で、彼の脳裏に響いた音像に迫ります。

■ガイド大塚の感想
現代の照明と違い、ロウソクの灯りが力強くはないが周囲を優しく温かく照らすように、完全に均質ではない味わい深さ。初期のピアノ・ソナタ5番は華麗に激しく、一方、後期の3つの間奏曲などは、穏やかなモノローグに。ピアノ自体の面白さはもちろんだが、奏者は古楽界の大巨匠ヴィーラント・クイケンの息子で「低音域の鍵盤は妙に重く、連打するにも独特の機構をよく理解していなくてはなりません」(解説より)といった考察に基づく、ふと聴きたくなる心に残る演奏。


イム・ドンヒョク(ピアノ) ショパン:24の前奏曲、華麗なる変奏曲、他

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
神童の復活! ロン=ティボーで1位を獲った若き実力者が奏でる、リスタートにふさわしい、イム・ドンヒョクのニュー・アルバム。2005年のショパン国際ピアノコンクールで第3位に輝き、国際的注目を浴びるようになりました。約10年という年月を経て再び聴く「前奏曲」は格段の輝きを帯び、一層の表現力を備えた堂々たるもの。また冒頭に置かれた変奏曲は、ショパンの若書きの作品でありあまり演奏される機会のないものですが、実はこんなに面白い曲であるということを再認識するにふさわしい名演。

■ガイド大塚の感想
力強さをもったクリスタルのクリアさと、即興的きらめきに彩られるショパン。生命力の強い、逞しさのあるピアノは、アルペジオや旋律はもちろん、和音の均質な響きも健康的で爽快。前奏曲8番など、風に揺られるサンキャッチャーが柔らかな光を周囲に反射させるような美しさ。
Amazon


ド・レーウ(指揮) ヤナーチェク:『わらべうた』~合唱作品と室内編成

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
村上春樹の小説にも出てきた『シンフォニエッタ』が有名なチェコの作曲家やナーチェク。2月末から初台の新国立劇場でもオペラが上演されますが、この作曲家の持ち味は大規模な作品ではなく、内向的な味わいにこそ潜んでいるのかも。サティ弾きとしても知られるピアニスト=作曲家=指揮者のド・レーウとともに、古い音楽にも通じた合唱団がしなやかに素朴に、その魅力を浮き彫りにしてゆきます。かわいくユーモラスな歌詞も日本語訳付。

■ガイド大塚の感想
初期作がルネサンスと現代の融合のような不安定な美しさに満ちていて驚くが、白眉は『わらべうた』。どこか懐かしく神秘的な音楽で紛れもないヤナーチェクで、小品ゆえ次々と物語が飛び出す面白さ。チェコ語の特徴を知らないので言葉と強く結びついているのかは残念ながら分からなかったが、とにかく素朴ながらユニークで視野が広がるような音楽世界に引き込まれる。器楽合奏編曲されたピアノ・ソナタも違和感なく、ヤナーチェクの魅力を堪能できる1枚。合唱はヘレヴェッヘとの演奏で知られるコレギウム・ヴォカーレ・ヘント。

鈴木雅明(指揮) J.S.バッハ:ミサ曲BWV233、234、ペランダ:ミサ曲イ短調

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
BCJのルター派ミサ曲第2弾。バッハのミサ曲イ長調は管楽器パートに2本のフルートのみが用いられる牧歌的な雰囲気漂う作品。ミサ曲ヘ長調は、ヴァイマル時代に書かれたとされている「キリエ―キリスト、汝神の子羊よ」BWV233aを改訂し、グローリアの各楽章もすべて旧作の転用によって構成された作品です。最後のペランダは中・北部ドイツの同時代の作曲家にも大きな影響を与えた作曲家のひとりでバッハの作品を理解するうえでも重要な作曲家です。

■ガイド大塚の感想
非の打ち所ないバッハ・コレギウム・ジャパンによるルーテル・ミサ。絡み合う2本のフラウト・トラヴェルソの上をソプラノが舞い歌う天上的な美しさのイ長調、楽器が増え華やかさの増すヘ長調(オーボエのソロも光る)。ペランダも過剰ではなくフーガ、装飾的な掛け合いなど盛り込まれ、爽やかに魅力を伝えている。


『これがポスト・クラシカルだ!』

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
今、欧米で静かなブームを呼んでいる『ポスト・クラシカル』は、伝統的でアカデミックな作曲技法を習得したクリエーターによる、美しくアコースティック的なサウンドを用いながら、エレクトロニカ(電子音楽)の手法も取り入れた、現代的な感覚を持つアーティストたちの音楽。そんなポスト・クラシカルの代表的なアーティストのお薦め作品をたっぷり収録した格安お試しコンピレーションCDです。

■ガイド大塚の感想
ヴィヴァルディの『四季』を分解しミニマルに再構築したマックス・リヒター作や、弦楽器が車のエンジン音を再現するレディオヘッドのジョニー・グリーンウッド作など、クラシックを、エレクトロニカの技術・方法論と幸福に融合させた作品たち。クラシックの時代とは違う、現代のクールな感覚は違和感なく体に響く。
Amazon


偉大なるショパン・ピアニストたち ~ショパン・コンクール優勝者(1927-2010年)によるショパン録音集(11CD)

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
2015年のショパン国際ピアノ・コンクールも興奮の内に終了。また新たな才能が大きな賞賛とともに輝かしい世界へと歩み始めました。このボックスには1927年の第1回コンクール優勝者から2010年の第16回コンクールまでの全てのコンクールにおける覇者たちによるショパン演奏が収録されています。11枚組のコンパクトなひと箱ですが、80年以上にもわたるショパン国際ピアノ・コンクールの歴史とともにショパン演奏の変遷を辿ることができる興味深い企画です。

■ガイド大塚の感想
これは面白い企画。第1回の優勝者で、後にオイストラフとのコンビで名声を得るオボーリンから現代でも遜色ない演奏に驚かされ、ポリーニ、アルゲリッチ、ツィメルマンは別格として、該当者なし時代の2位も収められていて楽しい。それにしてもやはり改めて聴いて感銘を受けるのはブームとなったブーニンだ。伝説の「猫のワルツ」の超高速演奏、ピアノを弾くことが楽しくて仕方ないといった「英雄ポロネーズ」の演奏など、音楽にとって解釈や技術よりも大切な何かを教えてくれる気がする。


ホロヴィッツ(ピアノ) ヒストリック・リターン50周年リリース

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
公の演奏活動から一切身を引いたホロヴィッツが、1965年5月9日、12年ぶりにリサイタルを開催。ライヴ収録・発売され、伝説的な名盤となった。それから50年経ち、最新のDSDマスタリングによるSACDハイブリッドで新たに蘇る。コロンビアから発売された最終編集版と、コロンビアが演奏会当日に収録したままの無修正版を収録。さらにブックレットにも初出時のライナーを始めとする資料性の高いライナーノーツを掲載し、この20世紀に残る音楽イベントの一つを振り返る。日本独自企画。

■ガイド大塚の感想
ミスが別テイクに差し替えられた当初の盤と、ミスタッチの多い実際のライヴ盤を高音質で比較できる。修正版はミスしても超然とした完成度の高い盤だが、本当の演奏は焦りや意欲的表現などあり、人間ホロヴィッツを感じられ、ミスが音楽の価値を毀損するものでないことが分かる。それにしてもスクリャービンの夢見心地のような音色・音楽世界、ショパンでの柔らかさ、突き上げるような凛々しさなど、表現の多彩さ深さはさすが超越したものがあり感動的。
Amazon

アンチェル(指揮) チャイコフスキー:交響曲第4番、3大バレエ組曲、他

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
1958年から翌年にかけてウィーン交響楽団とPHILIPSレーベルに収録された一連のアンチェルの録音のなかから、チャイコフスキーを集成。3大バレエ以外は世界初CD化となる貴重な音源です。同時に発売される「新世界」他の2枚組(PROC1915/6)と合わせて、アンチェルのPHILIPS録音はこれらが全てとなります。オリジナルのマスター・テープからハイビット・ハイサンプリング(192kHz、24bit)音源をCDマスターに使用。

■ガイド大塚の感想
交響曲第4番が特にそうなのだが“理知的な優しさ”とでも言うべき音楽に稀有の魅力を感じた。弦、木管の旋律からゆったりと息長く、腰の強い演奏。ロマンに溺れず、枠組みを持ち、そこで面的に音楽が出し引きされる。押し出す際の凝縮感と、弱音部の甘美さが厳しくも正に理知的な優しさで、モダンさがある。
タワーレコード


マリナー(指揮) ホルスト:惑星、他

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
今年(2015年)91歳を迎えて尚現役であるマリナー指揮による"伝説の"「惑星」。ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団唯一の「惑星」録音であり、当時のPHILIPSによるアナログ録音最盛期の優秀録音を復刻。マリナーは先ごろ来日し、来年も日本で指揮をする予定です。美しさとダイナミクスを兼ね備えた、現代においても随一の演奏。オリジナルのマスター・テープからハイビット・ハイサンプリング(192kHz、24bit)音源をCDマスターに使用。

■ガイド大塚の感想
流石コンセルトヘボウで、火星なども迫力ある上、金星など穏やかな楽想では今度はこちらが流石のマリナーならではで、叙情的世界を自然な優しい美しさで描く。弦楽によるヴォーン・ウィリアムズ「トーマス・タリスの主題による幻想曲」の情熱的な祈りのような音楽もなかなか真似できるもののいない、胸に迫る音楽。
タワーレコード


スターン、ズッカーマン、ミンツ、パールマン、他(ヴァイオリン) フーベルマン音楽祭1982ライヴ

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
スターン、ズッカーマン、ミンツ、パールマンという当時最高の錚々たるヴァイオリニストたちが一堂に会し、メータ指揮のイスラエル・フィルハーモニーとともにヴィヴァルディの名曲『四季』などを演奏した画期的といえるコンサート『フーベルマン週間音楽祭』のライヴ録音。『四季』では4人のヴァイオリニストがソロを分担。各々の奏者の音色やテクニック、そして音楽性などを聴き比べることで楽しみが倍化するアルバムです。バッハの2つのヴァイオリンのための協奏曲やモーツァルトの協奏交響曲でも極上のアンサンブルをお楽しみいただける贅沢な音楽祭ライヴです。

■ガイド大塚の感想
82年という各人も脂ののった若き日の演奏であり、それぞれの華麗なテクニック、美しい音色が堪能できる。強くしなやかな音で魅了するミンツ、金糸のような美しさと柔らかさを持ったパールマン、といった感じで個性もよく分かり楽しい。一方で、ユダヤ系ヴァイオリニストという共通する音楽も強く感じられ、圧巻。


決定盤!フィギュアスケート・ベスト2015-2016

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
銀盤に輝く、感動の音楽! 今シーズンも日本人フィギュアスケート選手が大活躍し、大変な盛り上がりを見せているフィギュアスケート。2015-2016シーズンに使用されたクラシック音楽をセレクトした、シリーズ最新作です。
Amazon


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。