TOP > シクリッド > 南米産小型シクリッド > アピストグラマ ヴィエジタ

アピストグラマ ヴィエジタ
画像提供:オオツカ熱帯魚

アピストグラマ ヴィエジタ

Apistogramma viejita

■分布 メタ川上流(コロンビア)、オリノコ川
■サイズ 7.0cm
■Temp 23-30℃
■pH 弱酸性
■繁殖
■コメント 生息地による色彩の違いから、3タイプの色彩変異が知られている。それぞれ、タイプ?、?、?と呼ばれ、青味の強い体色を持つものや、黄色い体色であったり、頬に赤い斑紋が入ったりと特徴的である。

雄の成魚でMax7.0cm位と、アピストグマラの中でもやや大きめ。

雄の成魚の色彩は、タイプにも拠るが非常に美しいものだが、余り素人受けする魚ではなく、どちらかと言えばマニア好みの魚である。


アピストグラマ ヴィエジタ

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。