TOP > シクリッド > 南米産小型シクリッド > アピストグラマ・ボレリィ

アピストグラマ・ボレリィ(雄)
画像提供:オオツカ熱帯魚

アピストグラマ・ボレリィ(オパーリン)

Apistogramma borellii

■分布 アマゾン川支流
■サイズ 6.0cm
■Temp 24- 25℃
■pH 弱酸性~弱アルカリ性
■繁殖
■コメント ボレリィの1タイプで、ブルーメタリックの色彩が特徴的な魚。アピストグラマの仲間では、比較的飼育繁殖ともに容易な部類に入り、それほど水質にもうるさくない。

これは他のアピストにも当てはまるのだが、余り人口飼料を好まず冷凍赤虫やブラインシュリンプなどを好むが、クランブル状の人口飼料を根気良く与えればやがて慣れて口にする。

小型水槽で繁殖を狙ってペアで飼育しても良いし、水草水槽でも、ゆとりをもって飼育すれば、やがて稚魚を引き連れて泳ぐ姿を目にする事ができるだろう。


アピストグラマ・ボレリー(雌)

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。