至高のゼロスタイルハーレー・ロードホッパー Type2

ロードホッパー Type2

ロードホッパー Type2


ハーレーダビッドソンのエンジンを搭載した日本のメーカーによるバイク、ロードホッパー。それだけ聞くと「え?ホンダ?ヤマハ?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。「プロト」という愛知のメーカーが手掛けたバイクで、いわゆる量産型カスタムハーレーという表現が当てはまるかと思います。

ハーレー・スポーツスターに搭載されているVツインエンジン「エボリューション」

ハーレー・スポーツスターに搭載されているVツインエンジン「エボリューション」


現在ハーレーはエンジンを単体で販売しており、ロードホッパーはそのハーレーのエンジンをベースに組み上げられたバイクです。なので、鼓動やトルク、そしてスタイリングはハーレーそのもの。日本では馴染みが薄いエンジンそのものを製造・販売するS&S社の存在はアメリカではポピュラーなもので、そのエンジンをベースに、和製カスタムハーレーとして販売されているというわけです。

ロードホッパー Type2 レフトビュー

ロードホッパー Type2 レフトビュー


リジッドフレームにピーナッツタンク、エイプハンガーなど、カスタムハーレーを見てきた人にとっては馴染み深いトラディショナルなスタイルが魅力のロードホッパー。それも、ただビンテージスタイルを踏襲したのではなく、日本人カスタムビルダーによってアレンジされた「ゼロスタイル」と呼ばれるフォルムを最大の特徴としています。

世界が注目したゼロスタイル

ゼロスタイルを生んだのは、今や世界にその名を轟かせるカスタムビルダー木村信也さん。B'zのボーカリスト稲葉浩志さんやハリウッドスターのブラッド・ピットさんなど、多くの著名人がバイクカスタムを依頼するほどの御仁です。

グースネックフレームにスプリンガーフォーク、そして極太タイヤを前後に履かせたゼロスタイル

グースネックフレームにスプリンガーフォーク、そして極太タイヤを前後に履かせたゼロスタイル


1992年、木村信也さんを代表とする「ゼロエンジニアリング」というカスタムショップが愛知県に誕生し、彼の手によって生まれたゼロスタイルは日本でも一大ムーブメントを巻き起こし、海を越えて世界に知られるスタイルとなっていきました。ゼロスタイルの特徴は、ガチョウのように首が突き出した「グースネック」と呼ばれるリジッドフレーム、そして前後に極太タイヤを備えた足まわりからなるフォルム。

そんな「ゼロエンジニアリング」を設立したのがプロトで、木村さんが生み出したゼロスタイルを量産化したものがこのロードホッパーなのです。

誰もが憧れる至高のカスタムハーレーがコンプリートモデルとして手に入る。その乗り心地は……

誰もが憧れる至高のカスタムハーレーがコンプリートモデルとして手に入る。その乗り心地は……


ハーレーダビッドソンの醍醐味と言えば、やはりカスタム。それがゼロスタイルのコンプリートモデルとして手に入るという夢を実現させたのが、このロードホッパー。その乗り味はいかに?早速試乗させていただけたので、そのインプレッションを次ページにて。

>> 次ページ 現代バイクの考え方とは異なるハードな乗り味!