運気を循環させる「九星」とは?

運気を循環させる「九星」とは?

記事「色を変えて開運!知っておきたい風水の色の基本」でご紹介したように、風水の基本は「陰陽」や「五行説」です。その他に、「九星」と呼ばれる星を割り当て、よい運気を導こうとします。九星は、五行説の木・火・土・金・水に割り当てられ、9年をひとつの単位とし、繰り返し循環します。

今回は、「九星」の基本と2016年のラッキーカラーをご紹介します。

【CONTENTS】
Page1:運気を循環させる「九星」とは?
Page2:2016年、安らぎをもたらす「二黒土星」のラッキーカラーは?

運気を循環させる「九星」とは?

九星と五行説は次のように関連づけられています。

■九紫火星(きゅうしかせい):火
太陽を象徴する星、華やか、高貴、プロデュース

■八白土星(はっぱくどせい):土
山を象徴する星、変化、節目、リセット

■七赤金星(しちせききんせい):金

湖を象徴する星、潤い、楽観的、開放的

■六白金星(ろっぱくきんせい):金
宇宙を象徴する星、気品、バイタリティ、グレードアップ
 
■五黄土星(ごおうどせい):土
中央を司る星、地震を象徴する星、破壊と再生、転換

■四緑木星(しろくもくせい):木
風を象徴する星、柔軟性、社交性
 
■三碧木星(さんぺきもくせい):木
雷を象徴する星、声や音、若さ、情熱、エネルギー

■二黒土星(じこくどせい):土
大地を象徴する星、万物を育成する力、人と人を繋ぐ

■一白水星(いっぱくすいせい):水
水を象徴する星、柔軟性、目に見えない心の動き

例えば、ある年が「九紫火星」だとすると、その翌年は「八白土星」というように、1つずつ数字を減らしていき、「一白水星」の翌年はまた「九紫火星」になるというように循環します。

年の九星は立春をもって切り替わるため、立春の前日の節分までは前年の九星となります。2016年の九星は「二黒土星」、五行でいうと「土」の年に当たります。

2016年の開運のポイントとラッキーカラーをご紹介します。