モンスターハンタークロス発売!

モンスターハンターの図

今作は、初めての人でも遊びやすい仕組みがたっぷり詰まっています

狩ってますか! 狩られてますか! 「モンスターハンタークロス(以下MHX)」やってますか! 今回のモンスターハンター(以下モンハン)は、ナンバリングタイトルではないということで、いつものモンハンから思い切った変更点がたくさん加えられていて楽しいですね。タッチペンぽんで出せて派手な見た目の狩り技や、同じ武器でも、操作の熟練度や好みによって4つの「スタイル」が選べるなど、初めての人でも遊びやすい仕組みがたくさん組み込まれています。

MHXをきっかけにモンハンを始めました、なんていう人も少なくないかもしれません。ガイドは毎週、ゲームを持ち寄って遊ぶ、誰でも参加できるイベントを主催しているので、「モンハン初めてなんです」なんていう方と遊ぶ機会が実はわりとあります。

初めて遊ぶモンハン、できれば思いっきり楽しんでもらって、好きになって欲しいですよね。そういう初心者さんと遊ぶ時に気をつけていることがいくつかありますので、今回はそれをご紹介してみたいと思います。大事なことは「いそがない」ことです。

狩りを急がない

モンスターハンターの図

サポートするというプレイ自体、やってみると、とても面白かったりします

まず、1番大事なことは、狩りを急がないことです。たくさんのモンスターを狩って、素材を集め、装備を作っていくモンハンにとって、狩りが早いということはとても重要なことです。長くやればやるほど、いかに効率よく、早くモンスターを狩るかということが1つの価値感になっていきます。

狩りが始まると同時に、アイテムがぶ飲み、地図も持たずにボスモンスターにまっしぐら、自慢の武器であっという間にボッコボコ、なんてやってしまうと、「すごい!」とはなるかもしれませんが、初心者さんはやることが無くなってしまいます。

それよりは、むしろ色々味わって欲しいと思うのです。ガイドが非常に好きなモンスターに「ゲリョス」というキャラクターがいます。こいつが悪い奴なんですよ。歩きながらそこらじゅうに毒をぺっぺとまき散らし、頭がチカチカしたら突然閃光、画面真っ白ハンターさんは気絶して頭に星がくーるくる。今度はつついてきたと思ったらアイテムを盗んでいきます。それでも頑張って戦っていると、ある時バサッと倒れます。あれ、倒したのかな、と思うと、なんと死んだふり。素材を剥いでいる途中のハンターにきつーい不意打ち。

本当に悪い奴で、面倒な奴なんですが、でも、そういうのこそ楽しいじゃないですか。そういう厄介なことを、ギャーギャー言いながら体験してもらいつつ、頑張ったら倒せた、というのが1番面白いと思うのです。狩りの前には、解毒薬を忘れないよう教えてあげて、閃光で気絶しちゃったらキック1発、頭を攻撃して、あのビカビカ光るトサカを壊しちゃおうと提案します。死んだふりの時には、「ちょっと待って、死んだふりかもしれないよ。ほら、クリアの音楽鳴らないし」「まさかー」なんてやりとりしたら、すごく楽しいと思うんです。

MHXでは、いつもはノンプレイヤーキャラクターのアイルーを自分で操作できる「ニャンター」がいます。ニャンターは笛のスキルで、仲間の体力を回復したり、状態異常を治したりと、サポートがとてもしやすくなっています。いつもメインで使っている武器ではなく、ニャンターを使ってゆったりオトモしてあげるのもいいんじゃないでしょうか。

続いて、狩りをする前にも、気をつけたいことがあります。

キークエ消化を急がない

モンスターハンターの図

早く強力でカッコいいモンスターをガンガン狩りたいというのも分かりますが、初心者のペースにあわせてあげることも大事です

これも、やり慣れたハンターさんにはありがちなんですが、どのクエストをしようかという時、ハンターランクを上げるのに必要な「キークエスト」だけを消化して、一気にハンターランクを上げてしまおう、という狩り方をする人がいます。もちろん、自分のランクを上げるために自分で選択しているのであれば、問題ありません。

でも、初心者さんがとにかく経験者の言われるがままにキークエストをどんどん消化して、緊急クエストもクリアして、あれよあれよとハンターランクを上げていくのはちょっと危険かもしれません。ランクがあがったはいいけど、プレイヤー自身は武器の特性も、アイテムの使い方も、モンスターの知識も、マルチプレイでの立ち回りも、イマイチ身についていないというのでは困ってしまいます。

また、ハンターランクとプレイヤースキルのミスマッチというだけでなく、ゲームの消費の仕方としても、ちょっともったいないと思うんですね。最初のモンハンですよ、見るもの、倒すモンスター、アイテム、マップ、全部新鮮なんです。これを一気にだーっと駆け抜けるって、すごくもったいないです。

ゆっくり味わいながら、徐々に慣れていって、そしてハンターランクも上がっていくというのが良いと思います。ぜひ、まずはその初心者さん自身が狩ってみたいモンスター、やってみたいクエストを自由に選んで、そして、色々やった末に「ランクを上げたいんだけどどうしたらいいの?」と言われれば、キークエストの話をしてあげるとベターではないでしょうか。

マルチプレイを急がない

モンスターハンターの図

マルチプレイが楽しいのは間違いないんですけどね。自分のタイミングで、というのが大事かもしれません

ガイドは、ご本人がマルチプレイをやってみたい、と思えば、買って封を開け、すぐさま誰かと遊ぶのも良いと思いますが、必ずしもそうじゃない人もいますよね。ちょっと1人でやって、自信をつけてから遊びたい、そういう人もいるかと思います。

モンハン初心者の方は、そっとしておいてしばらく集会所クエストではなく、村クエストを遊んでもらうというのも良いかもしれません。モンハンシリーズの村クエストは、とても丁寧なチュートリアルになっています。武器を選ぶのに参考になる訓練から、キノコをとったり、ハチミツをとったり、草食動物を倒して肉を手に入れたり、そして徐々に大型モンスターと戦っていきます。狩りだけではなく、ハンターとしての暮らしをゆっくり学んでいきます。

慣れている人からすれば、まどろっこしい部分でもあり、さっさと終わらせて大型モンスターをみんなでガンガン狩りたい、と思うこともあるかもしれませんが、初心者からすると、それでも情報量が多くて大変なぐらいです。

モンハンシリーズというのは、マルチプレイや大型モンスターを狩るところばかりがクローズアップされがちですが、実はハンターとして、人と自然との調和をはかりながら暮らしていくというようなゲームでもあります。そういったモンハンシリーズの世界観もゆったり味わいながら、基本をしっかりやって、さあそれからマルチプレイだ、というのは、初めての人がたっぷりとゲームを堪能できるコースかもしれません。

大事なことは、そうやって自分の力を育てていくことなのです。

自分の力を育てていく、そのお手伝いを

マルチプレイをするユーザーの図

その育てた自分の力で、誰かと遊ぶのがまた楽しいのです(イラスト 橋本モチチ)

初心者と遊ぶ時に気をつけたい3つの「いそがない」、いかがだったでしょうか? もちろん、本人が「一気にハンターランクを上げたいんだ!」ということであれば、それをかなえてあげるのも良いと思いますが、あっという間に狩りが終わって、キークエストをどんどん消化、気がついたらランクが一気に上昇、なんだかすごく強いモンスターばかりで良く分からない…なんて事態にならないように、ちょっとだけ気をつけるとより楽しく遊べるんじゃないかなと思います。

発売されたばかりのMHXの売り上げですが、発売2週で190万本以上を販売ということで、相変わらず大変な人気です。これだけたくさんの人が遊んでいると、誰でも遊べるゲーム…と思いがちですが、実際にはとても難しいアクションゲームです。それなりに遊びこんでいる人でも、武器が変わったら全然立ち回りが分からなくなることがある、というぐらい、プレイヤーに的確な操作を要求してきます。適当にガチャガチャやっていたらそれなりに戦える、というゲームじゃないんですね。

むしろ、こんなに難しいゲームが、何百万と売れることの方が驚きで、ちょっと不思議なぐらいです。ですから、すごくたくさんの人がやっている、国民的とも言えるメジャーなゲームですけれど、初めての時は大変だということを、ぜひ覚えておいていただきたいんですね。

いそがないでゆっくりと、自分の力を育てていく、それ自体がすごく楽しいゲームだと思うので、お友達が始めるという時には、そのお手伝いをしてあげると、とても喜ばれるかもしれません。

【関連記事】
初心者向け すぐ使えるモンハンマルチプレイのコツ(AllAboutゲーム業界ニュース)
PDCAサイクル回せると、ゲームは面白くなる?(AllAboutゲーム業界ニュース)
ゲームにハマッた時によくあること(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連ページ】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)