年末年始の買い物、12月と1月どちらがお得?

yodo_akiba_tv

大型テレビなども年末セールならお得に(写真はヨドバシカメラ マルチメディアAkiba)


年末年始は、買い物気分が高まる時期。年末の歳末セール、年始の初売り。果たして家電を買うならどちらがお得なのでしょうか? 買い物の条件によって賢く使い分けるコツをお伝えします。

夏と冬のボーナス支給時期は、家電販売の中でも特に売り上げが伸びる時期です。エアコンや冷蔵庫などの大物家電は10月くらいまでに新商品が発売され、家電メーカー、小売りにとって12月は最新モデルが主役となる商戦期となります。

12月のこの時期は、新商品に切り替わっていることで、家電の値段が全般的に上がっています。しかし、12月の歳末セールは『年間でも重要なセール』と位置づけている家電量販企業が多く、販売数量を増やすために全体的に価格を下げる傾向にあります。だから、12月は、新製品をおトクな値段で買いやすい時期といえます。

12月に一度下がった価格は、1月になると上がることが多く、いわゆる"目玉商品"以外の商品の購入には注意が必要です。

 

12月の中でも1番の狙い目は『30日・31日』

bic_gangu

クリスマスプレゼントの買い物など、多くの人が店に訪れます。写真はビックカメラ有楽町店

12月の中でも、クリスマスの25日まではボーナスでの買い物や、プレゼントなどの購入のため多くのお客が量販店にやってきます。ラッピングや配送なども多いので忙しい時期です。そのため、1人あたりの接客時間が短くなりがち。時間をかけた価格交渉などはなかなか難しい時期といえます。

クリスマス後は、クリスマス前より客足はやや落ち着きますが、大掃除で必要なものの買い物や、電球の取り替えなどでの来店が多く、忙しい時期が続きます。

買い物にもっとも狙い目なのは、12月30日と31日。これらの日は家電量販店に足を運ぶ人がグッと少なくなります。店側に比較的余裕があるので、1人あたりの接客時間を長くとることができます。店側は、売り上げ確保のために値段を下げたり、時間をかけた価格交渉にも応じる余裕が出てきます。商品の細かい違いなどについてゆっくり説明してもらえるのもこの時期です。欲しい機種が決まっていたり、じっくり接客を受けたいなら、この時期での購入がオススメです。

4K対応の大型テレビなども、クリスマス以降の方がさらにお得になる可能性が高いのですが、30日、31日での購入には注意点が2つあります。

■12月30日、31日に購入の際の注意点
  1. 人気商品は在庫切れの場合もある
  2. 大型家電などは配達や配置が遅れる可能性がある

1つめは歳末セールに多くのお客が来るので、人気商品は在庫切れを起こす場合があるということです。

2つめは、大型家電など配送、設置が必要な商品は年内の配達・設置が難しく、実際に使えるのは年明けになる場合が多い、ということです。

【12月30日・31日に家電を買う際のメリット】
  • 売り上げ確保のために値段が下がっている場合がある。
  • 忙しさも落ち着き、商品の説明や価格交渉に応じてもらいやすくなる。
 
次は機種を選ばないなら『初売り』を狙え