注目されている「平屋」の住まい

近頃、「平屋」の住まいが注目されています。とくに、お子様が独立されて広い家が不要になったシニア世代の方が、建て替えや住み替えの際に平屋を検討されるケースが多いと感じています。

「これからはゆったりと暮らしたい」と考えるシニア世代から、特に人気が高い「平屋」の住まい

「これからはゆったりと暮らしたい」と考えるシニア世代から、特に人気が高い「平屋」の住まい


平屋の一番のメリットは、生活をワンフロアで完結できる点です。階段の昇り降りが不要になると身体面への負担が軽くなり、転落・転倒の危険も減らせます。また、同じフロアで過ごすことで、お互いの気配が伝わりやすくなります。さらに、どの空間も屋外に面しているために窓を設けやすく、風や光を採り入れやすい点もメリットといえます。気軽に屋外に出やすいのも魅力と言えるでしょう。

このようにメリットの多い平屋の住まいですが、一方で必要な床面積を確保するためには広い敷地が必要になることや、外壁や屋根面積が広くなるため同じ床面積の二階建てと比較すると建物価格が高くなりがちという難点もあります。

平屋に屋根裏部屋をプラスするメリット

平屋のメリットを活かしつつ、ゆとりのある空間を生みだす方法として「屋根裏部屋」を設ける間取りがおすすめです。屋根裏部屋を居室として利用できれば、プラスαの空間として趣味の部屋や客間スペース、また、生活時間帯が異なる成人したお子様の部屋としても活用できます。

ただし、屋根裏部屋を設けるときには、屋根の勾配に十分な配慮が必要です。屋根の勾配がゆるいと、屋根裏部屋の天井高が十分に確保できないため、居室としてではなく、小屋裏収納やロフトスペースとして使用することになるからです。

急勾配の屋根にすれば、屋根裏部屋の天井が必然的に高くなるので、居室として問題なく活用できる空間をつくることができます。

天井の高い屋根裏部屋なら、趣味をゆったり楽しめる快適空間がつくれます

天井の高い屋根裏部屋なら、趣味をゆったり楽しめる快適空間がつくれます


さらに、快適な屋根裏部屋をつくるためには、屋根の断熱がとても重要になります。屋根裏部屋というと「夏は暑くて部屋にいられないのでは?」と考える方は多いでしょう。一般的な住宅は最上階の天井部分で断熱しているため、その上になる屋根裏空間は太陽光を受けた屋根の熱が直接伝わり、蒸しかえるように暑い空間になります。ここを快適に過ごせる空間にするには、屋根部分できちんと断熱し、日射熱を緩和することが重要なのです。

左は一般的な天井断熱、右は屋根断熱のイメージ図。屋根そのもので断熱することにより、屋根裏に熱がこもりません

左は一般的な天井断熱、右は屋根断熱のイメージ図。屋根そのもので断熱することにより、屋根裏に熱がこもりません


平屋+屋根裏部屋の住宅商品が登場

平屋のようなワンフロアでの暮らしを楽しみながら、急勾配の大屋根を設けることで居室として活用できる屋根裏部屋を配した住宅商品「WESTWOOD」が、先日、三井ホームから発売されました。

急勾配の大屋根が洗練された印象を与える外観

急勾配の大屋根が洗練された印象を与える外観


「WESTWOOD」の特徴は、屋根断熱構造材「ダブルシールドパネル」により、8寸の急勾配屋根がもたらす、大らかな外観とダイナミックな空間を実現していることです。屋根裏部屋でも約2.5m~3mの天井高を確保できるうえ、1階を吹き抜けにすれば最大天井高が約6mもある大空間がつくれます。

もちろん、優れた断熱性を誇る「ダブルシールドパネル」ならば、屋根そのもので日射熱を遮断するため、屋根裏部屋に熱を伝えません。また「プレミアム・モノコック構法」のモノコック構造ならシンプルな小屋組で屋根部分を構成するため、急勾配をそのまま感じられるダイナミックで開放感のある空間をつくれるのです。

梁のないシンプルな小屋組が、ダイナミックな勾配天井を実現しています

梁のないシンプルな小屋組が、ダイナミックな勾配天井を実現しています


屋根断熱構造材「ダブル―シールドパネル」が、快適かつ開放的な屋根裏部屋を生み出します

屋根断熱構造材「ダブル―シールドパネル」が、快適かつ開放的な屋根裏部屋を生み出します


次のページでは、「WESTWOOD」の実例をご紹介しましょう>>