今回はこんな質問が届きました

Q.右目が二重で左目で一重に近い奥二重です。アイシャドウを塗ると、右目のほうが濃く見えてしまうのが悩みです。二重のほうが濃く見えるのはなぜなのでしょう?解決法などあればぜひお願いします。(30代 会社員)


A.アイシャドウの濃さを左右で変えれば大丈夫!アイプチで二重幅を調整し、目の形を揃えてアイメイクするのもおススメ!

アイプチのテクニック

 

右目が二重で左目が奥二重。右目が濃く見えるのは、二重は幅があるのでアイシャドウの色が多く見え、その分目が大きく、奥二重は中に入り込んでしまう分アイシャドウの色が見え辛くなり、同じように塗ってると左右が違ってしまうからです。解決法としては、濃く見えるほうの目のアイシャドウの塗る幅や濃さを小さい方にあわせて加減すればいい。そのために、まず小さいほうを先にメイクしそれに合わせるようにして大きいほうをメイクすれば加減がつけやすいですよ。又、ブラシやチップのあて方を変えるとやりやすいです。

またもっとしっかり合わせたいというならアイプチもおススメです。もうね、つくづくアイプチって偉大!私も中一からお世話になり、また今も、時々つかっています。取材を受ける、写真を撮る、とか人前に出るときは必ずアイプチしてます!だって二重幅がちゃんと見えると目力がぜんぜん違うんですもん。

ご相談者のように目の形が違うのであれば、奥二重のほうだけアイプチで二重にしてみるといいですね。のり、テープ、ファイバータイプなど驚くほどいろいろなタイプがあるんですよ。私は昔はセロテープをカットしてやってたけどね。テープは医療用のものだったりして薄くてフィット力が強くてとても自然!肌色、透明もあれば、硬め、柔らかめなどいろいろ。

新しいのも色々チャレンジしていますが、面白かったのはファイバー式のアイプチで、プチっと小さな棒状のスティックを引っぱると、中から2本の細いファイバーが出てきてそれをクリクリと1つに“よる”と、アイプチ力が強くなるというもの。ちなみに、私のようなまぶたのよりたるんだ大人になるとテープの幅でグッと持ち上げてくれる「テープタイプ」のほうがいいみたいですよ。

ちなみにどのタイプがいいかピッタリのアイプチを見つけるにはもう探すしかない。投資必要です!それと練習。練習すれば必ずうまくいきます。
このアイプチ、メイクの前、つまり肌にメイクがのってない方がくっつきます。メイクした後だとくっつかない。私はベースメイクの後まぶたを軽く拭いてからテープを貼りアイメイクをしていますよ。あっ、テープは上からメイクするとほぼ目立たなくなるから大丈夫!安心してください、見えてません。目の形の左右差などある方にはおススメですが、左右に差がない方も一度試してみてはいかがでしょうか?二重の幅が変わると印象が結構変わりますから!メイクが楽しくなるかもですよ!


山本さんのおすすめアイテム

 

医療衛生材料テープ使用でベージュ色で肌になじみやすくメイクをしても目立たない
テープの両側に持ち手が付き、テープ部分に触らずに接着可能。ベージュ色で表面に細かな穴が開いているためアイシャドウの粒子がしっかりフィット。4mmのワイドサイズでまぶたの厚みのある方におススメ。スリムタイプもあり。専用プッシャー付き/シャドウオン アイテープ ワイドタイプ(30組)518円(税抜)/コージー本舗
 



 

 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。
公式Twitterはこちら>>
公式Facebookはこちら>>


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。