ラベンハムの歴史

ロンドン北東部サフォーク州にあるラベンハム村が発祥

ロンドン北東部サフォーク州にあるラベンハム村が発祥

エリザベス女王の乗馬用の馬の毛布(ホース・ブランケット)をキルティング加工の生地で作る……。それが、1969年、ロンドン北東部の、美しい村LAVENHAM(ラベンハム)で設立された英国ブランド「ラベンハム」の歴史の始まりです。

当時キルティング加工の馬用毛布は革新的だった

当時キルティング加工の馬用毛布は革新的だった


世界中で人気のラベンハム

世界中で人気のラベンハム

いまや世界中で人気の同社定番製品となっているキルティング・ジャケットは、1972年に発表されました。2002年には、英国産業界で最高の名誉とされる「THE QUEEN’S AWARDS 」の輸出産業部門で受賞するなど、“キルティング・ジャケットといえばイギリスのラベンハム”として、今も洋服ファンの注目を集め続けています。日本でも秋冬になると女性から男性まで、街で身につけている姿をよく見かけますが、本国イギリスでももちろんその人気は変わりません。シティなどのビジネス街やショッピングエリアではラベンハムを小粋に着こなす人たちがさっそうと歩いています。


ラベンハムのマネージング・ディレクターに製品の魅力をインタビュー!

3

終始和やかにインタビューに応じてくれたニッキーさん

今回は、ラベンハムのマネージング・ディレクターであり、乗馬が趣味という、Nicky Santomauro(ニッキー・サントマウロ)さんに東京でインタビューする機会に恵まれました。そこで、ラベンハムが世界中から愛される理由をおうかがいしてきました。