京都観光に出かける前に、知っておいたほうが良いかも?

京都に訪れる観光客の方の多くは、電車・地下鉄・バスなどの公共交通機関を使われると思います。

私(ガイド)は関東出身ですが、京都で電車やバスを使ったときに、「えっ?」と驚いたことがいくつかあります。

今回は、京都を訪れる前に知っておくと、ちょっとだけ役に立つかもしれない、公共交通機関にまつわる話を5つほどご紹介したいと思います。

その1:立地的には意外と不便な京都駅

京都観光の玄関口といえば、新幹線が到着する京都駅。

京都駅におりたって、まず目を見張るのがその斬新なデザイン。とくに4000枚のガラスに覆われた吹き抜け空間は、なんだか未来を感じさせますね。

斬新なデザインの京都駅

斬新なデザインの京都駅


しかし、京都駅は意外かもしれませんが、観光という意味では、立地的にはちょっと不便な場所なのです。

まず、京都の人気観光地・嵐山方面に向かうには、阪急電車を利用するのが便利ですが、阪急電車は京都駅には乗り入れていません。京都駅からだと、地下鉄で「四条駅」まで行かないと阪急電車に乗れません(阪急の駅名は「烏丸(からすま)駅」)。

嵐山方面への観光に便利な阪急電車

嵐山方面への観光に便利な阪急電車


また、鞍馬や貴船など洛北の観光地に行くなら、京阪電車で「出町柳駅」へ行き、叡山電車に乗り換えますが、京阪電車も京都駅には乗り入れていません。

さらに、有名な歓楽街である祇園や先斗町(ぽんとちょう)なども、京都駅からは、ちょっと離れた場所にあります

このようなことから、京都駅の周辺に宿・ホテルをとるのは、必ずしも便利ではないのです。

観光で京都に宿泊するなら、京都の目抜き通りである四条通りの周辺が便利。とくに四条通りと河原町通りが交差する阪急の「河原町駅」の付近が、一等地といえるでしょう。

"京の台所"と呼ばれる「錦市場」

"京の台所"と呼ばれる「錦市場」


阪急電車にはすぐ乗れますし、京阪電車の「祇園四条駅」も近くて便利。また、祇園や先斗町にも近く、さらに、"京の台所"と呼ばれる「錦市場」も目と鼻の先なので、買い物にも便利です。

■京都 鉄道路線図
http://ekitan.com/rosenzu/pdf/kyoto.pdf