2015年12月の、クラシックのおすすめ新譜CDをご紹介!

毎月大量に発売されるクラシックの新譜CD。その中からレコード会社が自信をもってオススメするアルバムをセレクト&オススメコメントをもらい、更にガイド大塚が聴き手としての感想をつけて紹介していきます。2015年12月のオススメはこれだ!
(発売前、発売延期、売り切れなどの場合もございます。ご了承くださいませ。直接CD店に行く場合などはご注意くださいませ)


ヘレヴェッヘ(指揮) シューベルト:交響曲第1・3・4番「悲劇的」

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
同時代人ベートーヴェンが大きく花開かせた「交響曲」という作曲分野。この大先輩を横目に、10代の頃から学生オーケストラで演奏をしていたシューベルトもまた、早くから交響曲を書いていました。「未完成交響曲」と最後の「ザ・グレート」の影に隠れて見過ごされがちな初期の交響曲が、ひとつひとつ精巧に組み上げられた傑作だったことを、古い音楽にも通じた名匠ヘレヴェッヘがじっくり教えてくれます。稀有の一体感が魅力の名演!

■ガイド大塚の感想
10代の若き曲として扱わず、あくまで敬意と愛おしさをもって臨んでいるのが分かる堂々たる響きと清清しさを併せ持つ秀演。流麗な演奏に聴き惚れるが、これ、ヘレヴェッヘだからできる、バランス・コントロールの賜物だろう。特に弦による旋律の柔らかでしなやかな歌い回しなど、胸に残る。


モロー(チェロ) 「ジョヴィンチェロ~バロック協奏曲集」

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
タイトルの"ジョヴィンチェロ"とは、イタリア語で「若者」の意味。チェロの若者というダブル・ミーニングのタイトルとなっている本作は、モローが得意とするハイドンやヴィヴァルディにボッケリーニの他、プラッティに世界初録音となるルイジ・グラツィアーニの協奏曲を収録。『若い感性で現代のスピーディな感覚に合った演奏』と本人が日本で2015年5月に行われたインタビューで語っていました。既に彼には当時の音楽語法までも身についており、それを見事に再現しているのも、彼の柔軟な感性だからこそできる技。

■ガイド大塚の感想
パンクな演奏! かといって稚拙だったり、雑という意味ではない。巧みながら現代の感覚に合ったスポーティさを持つ演奏で前代未聞。イル・ジャルディーノ・アルモニコ出身のミナーシ&古楽オケ「イル・ポモ・ドーロ」も繊細さと輝かしさと大胆さを持った眼の覚めるような演奏で最高のサポートをしている。曲が終わると拍手したくなる熱演揃いだ。
Amazon


ドゥ・ラ・サール(ピアノ)、ルイージ(指揮) ラフマニノフ:ピアノ協奏曲全集

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
チューリッヒ歌劇場の専属オーケストラ、フィルハーモニア・チューリッヒ。2012/2013シーズンより音楽総監督に就任したファビオ・ルイージ指揮の下、さらなる進化を遂げています。自主レーベルphilharmonia●rec(フィルハーモニア・レコード)の最新ディスクは2013年から2015年までアーティスト・イン・レジデンスを務めたフランス出身のピアニスト、リーズ・ドゥ・ラ・サールを迎えてラフマニノフの5つの協奏作品の白熱ライヴです!

■ガイド大塚の感想
1曲1曲かなり個性があって面白い。例えば、2番は冒頭からかなり遅めで濃厚。3番は作品に入り込み徹底的な弾きっぷりで驚かされる。そして、またオーケストラの付け方がぴったりなオペラ的な劇的さで「さすがはオペラ指揮者ルイージ」と思ってクレジットを見たらオーケストラは音楽総監督を務めるチューリッヒ歌劇場管なのですね。さすがの表現力。若手と思えぬ大胆かつ高度なドゥ・ラ・サールの行く道を、忠臣ルイージが完璧にサポートする印象。


五嶋龍(ヴァイオリン) 「レジェンド」(チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲)

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
CDデビュー10周年、コンサート・デビュー20周年を迎え、「題名のない音楽会」の司会者にも就任し、益々活動の密度を増している五嶋龍。久々の協奏曲アルバムは、初共演となった若きマエストロ、アンドレス・オロスコ=エストラーダ指揮フランクフルト放送交響楽団とのラインガウ音楽祭におけるライヴ録音によるチャイコフスキーのウルトラ・ロマンティックな協奏曲。カップリングはヴィエニャフスキの伝説。

■ガイド大塚の感想
龍らしい、ヴィブラート強く、速めに弓を振り抜くような潔い演奏。いつも思うのだが、アップのスピッカートなど本当に名人芸だ。テンポは揺れ、描き方も割と個性的だが、オケが完璧に付けて見事。そう、オケが上手い。冒頭のオーボエからよく歌い、全体が大気のようにサポートする。
Amazon(リンクは初回限定盤)

小林美樹(ヴァイオリン) サン=サーンス:ヴァイオリン・ソナタ、ラヴェル:ツィガーヌ、他

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
ヴィエニャフスキ国際コンクール第2位となり、一躍日本のトップ奏者となった小林美樹。難関ロン・ティボー国際コンクールで弱冠20歳で第1位となった田村響。現在若手世代でまさに実力派として活躍する2人の才能が煌くアルバムです。小林美樹の卓越したテクニックは見事ですが、注目は彼女の奏でる美しく紡がれる音色とメロディです。一音一音を七色に輝かせ、音楽の起伏を大胆に表現してゆくさまは、まさに圧巻です。

■ガイド大塚の感想
1曲目イザイの『サン=サーンスの「ワルツ形式の練習曲」によるカプリース』から卓越した技術に驚かされる。フランスのヴァイオリンの名曲を若き勢いで、熱っぽく奏でていくが、最後にしっとりと美しい「タイスの瞑想曲」がデザートのように演奏されるのも嬉しい。
Amazon


レヴィット(ピアノ) 変奏曲の世界(バッハ、ベートーヴェン、ジェフスキ)

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
イゴール・レヴィットの3作目は、なんと3枚組! しかも、前2作で取り上げた作曲家の変奏曲と、昨今人気の高まっているポーランド系アメリカ人作曲家ジェフスキが1975年に作曲した「不屈の民」変奏曲という大胆なカップリング。、「不屈の民」変奏曲は、現代音楽作品の中では異例の人気を誇る楽曲の一つです。「変奏曲」にスポットを当てたレヴィットの冷徹な視線に大きな話題が集まることは間違いありません。日本盤のみ高品質BSCD2仕様。

■ガイド大塚の感想
これまたクラシックの歴史に刻まれるとんでもないアルバム。当然ジェフスキに話題がいってしまうと思うが、ゴルトベルク変奏曲からそれだけで十分なほどの衝撃がある。そんなに熟成させたわけではないのに飲み頃のワインのような角の取れた味わいのテーマから美味すぎる。変奏では装飾音を自然に盛り込み心地良く進む。一方、ディアベリは繊細なディナーミクをつけた快速テンポで深遠な未来旅行へ行くよう。ジェフスキは淡々とレーモン・クノーの「文体練習」のように多様な変奏を描く。
Amazon


田部京子(ピアノ) ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30~32番

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
田部京子のトリトンレーベル移籍第1弾は、ベートーヴェンの最後のピアノ・ソナタ3作品を収録。これまでのリサイタルでも喝采を浴びてきた「ファン待望の楽曲」が、ついにセッション録音されました。田部京子の確かなテクニックによって奏でられる音楽は、繊細かつ緻密に構築されています。音質にもこだわった当盤では、彼女の凛とした美しい音色を、そしてベートーヴェンの世界を、存分にご堪能いただけることでしょう。

■ガイド大塚の感想
この落ち着いていながらも若々しい感性を失わない美しきベートーヴェンは、胸にすとんと落ちた。演奏は(特に30番など)メロディックかつ響きが美しく女性的だ。だが、それは全くデメリットにならない。芯のある佇まいで、何度も聴きたくなる。
Amazon


ホロヴィッツ(ピアノ) リターン・トゥ・シカゴ

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
鍵盤の魔術師と称され、20世紀最高のピアニストの一人として絶大な人気を誇るホロヴィッツの未発表ライヴ音源! その圧倒的スケールとエンタテインメント性で聴衆を熱狂させた巨匠最晩年の貴重な記録です。変幻自在かつ多彩な音色でホロヴィッツの晩年に典型的なレパートリーを堪能させてくれるアルバムです。

■ガイド大塚の感想
ホロヴィッツは長い演奏家人生で、初期には強靭な指でバリバリ弾き、一方、来日公演では吉田秀和に「ひびの入った骨董」と言われた指の回らぬ演奏(薬のせいとも言うが)、また強烈な打鍵でショー的であるが下品でもある演奏など様々な歴史を経た。が、この晩年のライヴでは、解説に「インディアン・サマー」とあるように、正に人生最後期に訪れた小春日和の美しさを見せてくれる。もう春や夏に戻れるわけではないが、それ以上に温かさが身に沁みるような、音楽の優しさ、美しさがある。
Amazon

フライシャー夫婦(ピアノ) 「フォー・ハンズ~ブラームス:愛の歌、シューベルト:幻想曲」

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
アメリカの生んだ巨匠ピアニスト、レオン・フライシャーは10代から演奏活動を繰り広げ、将来を嘱望されながら30代で難病によって右手が使えなくなり、以後は左手のみの演奏および指揮、教育活動に専念。治療の甲斐あって2004年には両手での録音ができるまでに回復しました。このアルバムは2014年5月の最新録音で、妻との連弾のもの。息のあったコンビネーションも素晴しく、収録された曲の題名どおり、二人三脚で歩んできた夫妻の愛、そして今後のピアノ演奏への期待を感じさせてくれるはずです。

■ガイド大塚の感想
この気負いの無さが何より「病気から回復して良かったね」と思える。選曲自体が良いが、信頼しきった穏やかな、完全に心の通った2人による演奏。
Amazon


チョ・ソンジン/感動のショパン・コンクール・ライヴ2015

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
数々のスター・ピアニストを輩出してきたショパン国際ピアノ・コンクール。今年その栄冠を手にしたのは韓国人ピアニストのチョ・ソンジンでした。今年10月に行われたワルシャワでのコンクールの演奏からセレクトされたCDが早くも発売されました。巨匠への道を歩み始めた若き才能の最初の第一歩を、今、一番輝いているショパン演奏をお楽しみいただけます。

■ガイド大塚の感想
なんとも熱いショパン。様々な性格を描く前奏曲集ですら、それぞれの曲で、ふと火が点いたように突き上げるような情熱が燃え盛る。これはやはり個性的。今後さらにどのような音楽を聴かせていってくれるのかが楽しみだ。
Amazon


ニケ(指揮) 「ヴィヴァルディと、女声の世界」

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
「四季」をはじめとする協奏曲ばかりが有名なヴィヴァルディ。しかし彼はヴァイオリンの名手であったと同時に「赤毛の司祭」と呼ばれていたとおり聖職者でもあり、教会音楽もかなり書いていました。聴き手を十分意識した華やぎある音楽作りは、彼ならでは! ヴェネツィアの女子学院で演奏される演目として書かれた一連の合唱曲は、当時どおり「女声だけで歌ってこそ」だと指揮者ニケは言いますが……桁外れの快速さが魅力の「グローリア」が最高です!

■ガイド大塚の感想
これは好企画盤。女声だけで歌われることにより、独特の浮遊感があるというか、恍惚感、天国感が増す印象。同音域によるフーガは滲むような少し退廃的ともいえる甘美さを生み出す。ニケの指揮による引き締まった清清しい演奏も見事。


ガーディナー(指揮) J.S.バッハ:ロ短調ミサ曲

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
ガーディナーが「ロ短調ミサ曲」を再録音! アルヒーフに録音したのが1985 年で当時「新時代のバッハ」と賞賛され、この度30 年ぶりの録音です。当録音は凄まじい集中力とアンサンブルで聴かせる名演! モンテヴェルディ合唱団の研ぎ澄まされた歌声、イングリッシュ・バロック・ソロイスツの見事なアンサンブル、高水準なソリスト陣、そしてガーディナーの推進力のある指揮で、全体がその真価を発揮した演奏を聴かせてくれています。

■ガイド大塚の感想
これはまた驚きの再録音。前回の録音とはかなり違うところがあり、どちらが良い、と言えるものではないですが、共通するのはやはり美しさ。そしてやはり合唱の正確で研ぎ澄まされた響きは圧巻。クルシフィクス(磔刑)最後の消え入るような深淵な響きなど言葉を失う。

ドゥヴィエル(ソプラノ) 「モーツァルト・アリア集~ウェーバー三姉妹」

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
2011年にパリ高等音楽院を首席で卒業したばかりにもかかわらず、在学中から数々のオペラの舞台に立ち、美しい容姿もヨーロッパで話題沸騰中!コロラトゥーラならではの高音を自在に操る超絶技巧も完璧。2013年フランスのグラミー賞といわれるヴィクトワール・ドゥ・ラ・ムジーク、およびディアパゾン・ドール賞を受賞。自然な歌い口に、すっかり魅了されてしまうはず。決してノンヴィヴラートをストイックに貫いているのではなく、躊躇いがちな心の揺れはきちんと歌い上げるも、声全体は透明感に満ち、高音はヒステリックにならず余裕たっぷり。このモーツァルトと恋愛関係にあったウェーバー姉妹にちなんだ歌曲を中心としたプログラムは、とにかく絶品!

■ガイド大塚の感想
これはコンセプト、歌・演奏の内容どれも素晴らしい完成度の極めて高いアルバム。ウェーバー姉妹3名と関係のある曲が歌われていき、それぞれに対するモーツァルトの優しい眼差しが分かる。ところで、いきなりスペシャルなオマケ的にきらきら星の原曲であるフランス語の「ああ、ママに言うわ」が歌われるが、さすがフランス人だけあって、茶目っ気ある演技力ある歌で美しくまた楽しい。「夜の女王のアリア」も余裕で「一体どこまで高音が出るんだ?」という感じ。恐るべし。聴き終わると、モーツァルト自身と、運命的な縁の合ったウェーバー姉妹の一生を辿るような感動がある。そしてそう、彼女は解説で「皆さま、アルバムの『本当に最後の最後』まで楽しんで下さいね!」といたずらっぽく語る。ほんと才色兼備で知的でかわいらしい魅力的な人だなぁ~(笑)。
Amazon


デル・モナコ(テノール) オ・ソレ・ミオ~ビー・マイ・ラブ~デル・モナコ・ソング・アルバム

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
生誕100年記念盤。イタリアの有名なカンツォーネをはじめ、国内初CD化曲も特別収録! デル・モナコの素晴らしさを知る格好の1枚。オペラと違ったもうひとつの顔であるカンツォーネを始め、オペレッタやポピュラー曲にスポットを当てました。2枚のオリジナル・アルバムに加え、当初未発表だった2曲も加えた充実の記念盤。この2曲は日本初出です。

■ガイド大塚の感想
徹頭徹尾デル・モナコ! オペラではなくてもやはりデル・モナコ。この輝かしく強靭な声“黄金のトランペット”は本当に好き。彫りの深い濃い歌い回しをたっぷり堪能できる。「オ・ソレ・ミオ」「帰れ、ソレントへ」など名曲が歌われるが、明るい曲であっても「この後に誰か死ぬかな…」とオペラを連想してしまうドラマティックな歌唱はさすが。「ウェスト・サイド物語」の「トゥナイト」なんてのも面白い。聴きたくなるでしょ?(笑)
タワーレコード


メンゲルベルク(指揮) J.S.バッハ:マタイ受難曲

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
1939年の記念碑的な名演を、'52初発売時のPHILIPSアナログ・マスターより新リマスター。従来盤より鮮明な音質で再現。今回の復刻ではLP初出時のマトリックス・ナンバーが記されたPHILIPSのアナログマスターテープよりハイビット・ハイサンプリング(192kHz/24bit)でデジタル化した上でCDマスターを作成。音が鮮明になり、さらに合唱やソリストの鮮度が上がっています。必聴の歴史的遺産!

■ガイド大塚の感想
強烈に感情を揺さぶる圧倒的音楽。音楽が楽譜から解き放たれ、思いとして胸に響く。今では「バッハ像を歪めているのでは?」と批判されることもある古き時代の録音だが、逆に今これ以上に感動を呼ぶ演奏はあるだろうか? 演奏の多様性を改めて感じさせてくれる意味でもとても重要な名盤。そして、この後、この指揮者・オーケストラのいたオランダはナチス・ドイツに占領される。音のクリアなリマスターによる再発売に感謝。
タワーレコード


ルプー(ピアノ) 録音全集 

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
「千人に一人のリリシスト」と謳われるピアニスト、ラドゥ・ルプー。彼の70歳を記念して、他社レーベルへの録音も含めたルプーの全録音を収録したBOXが完成しました。奇跡的に研ぎ澄まされた感性の下で、すべての音が自由自在に舞い、有るべき場所に収まる至高の名演集です。言わずと知れたシューベルト他のピアノ・ソロ録音、錚々たる巨匠たちの巧みなサポートも光る珠玉の協奏曲、シモン・ゴールドベルクとのモーツァルトとシューベルトのヴァイオリン・ソナタ、チョン・キョンファとのフランスのヴァイオリン・ソナタなど、繰り返し聴きたくなる録音ばかりです。

■ガイド大塚の感想
ピアノというかもう音の詩のようなシューベルトはじめ、「千人に一人のリリシスト」を堪能できる。はっと息を呑むような高貴な美がそこかしこに宿るのだ。個人的には飾らないモーツァルトなど好き。一方、フランクのヴァイオリン・ソナタの2楽章のように熱い演奏もあるのだ、と全録音を聴く事でより分かることもある。

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。