猫は目と目、視線をあわせるのが苦手。猫と仲良くなりたかったら、猫の目をじっと見つめてはダメ、などという話を聞いたことはありませんか。

基本的に猫同士は、相手との視線を微妙にそらすことで、一触即発を避けます。ずっと一緒に暮らしている仲良し同士ても、目があうと、さりげなく視線の先をそらし、面倒くさいことが起こらないようにしています。

でも、気がついたら、猫からじっと見つめられたという経験がある人も多いはず。見つめられていることに気づき、見つめ返すと、あなたなんか見てない~とばかりに露骨にあくびしたり、顔を舐めはじめたり。

今回はカメラ目線をくれる猫たちの写真を集めました。一見、真っ直ぐこちらを見つめているようですが、どの子も絶対に真正面から見ていない、そんなところは、さすがの猫さんです。

なんか用かい?

お気に入りのカゴに大きな態度で反っくり返っている白猫ちゃん。カメラをむけると「なんか用かい?」とばかりにカメラ目線……ですが、逸れてますね。
なんか用かい?

なんか用かい?



眠いときは目線もうつろ~

さんざん遊んで、すっかり満足してる兄弟たち。写真撮るよーと声をかけても、すでに夢の中。かろうじて顔を上げてくれますが、視線の先はあさってです。
眠いときは目線もうつろ~

眠いときは目線もうつろ~



これぞ記念撮影!

固まってます。それぞれお気に入りの場所に入ったまではよかったですが、さて、この先どうしよう? え? カメラ? 写真? 取りあえず、じーっとします。
これぞ記念撮影!

これぞ記念撮影!



続いて子猫4頭のカメラ目線と,意地悪しちゃう子猫?!