「食」と「睡眠」は人間の基本 気を整えて吉運を呼び込む!

前回の「悪運一掃!玄関とリビングのダメージ風水チェック」に続き、今回は第2弾「キッチン・ダイニング編」「寝室編」をお送りします。悪運をため込む「ダメージ風水」ポイントを改善するだけで運気がアップ!小さなスペース・気軽にできる場所の改善ポイントをご紹介します。「変えたい」と思った瞬間から幸運は始まります。

「食」をつかさどるキッチン・ダイニング、「睡眠」をつかさどる寝室。どちらも人間の生活の基本であり、良い運気を作り出す大切な場所です。「ダメージ風水」を改善し、良い気で満たすことで、あなたも家族も一日を楽しく、いきいきと過ごせる環境を整えましょう。

キッチン・ダイニングのダメージ風水チェック

キッチン・ダイニングは家族の健康運や金運に影響を与え、さらに女性の運気をアップさせる場所。日頃から整理整頓、清潔を心がけ、こまめに換気しましょう。詳しくは「風水でキッチンをプチ模様替え」でもご紹介していますので、併せてチェックしてみてくださいね。

kitchen

キッチンとダイニングを風水で改善!


  • 冷蔵庫に食品がぎっしり詰まっている
    → 消費期限切れ食材は捨て、冷蔵庫内をきれいにお掃除。隙間をあけて収納しましょう
  • シンクとコンロが並んでいる
    → 間に小さなグリーンやハーブを置いて気のバランスを整えましょう。ポトスやアイビーなど手入れのしやすいグリーンがおススメです
  • 包丁などのキッチン小物がコンロの近くにある
    → コンロからなるべく離して置きましょう
  • キッチンのあちこちにプラスチック製品が置いてある
    → 隠すか目立たない場所に置き、かわりに陶器製のものを目立つ場所に置きましょう
  • シンク下や床下収納に乾物や保存食をしまっている
    → 食品はコンロ下がおススメ。梅酒やぬか床など熟成・発酵食品は床下収納で◎
  • コンロ下に鍋やフライパンをしまっている
    → 金属製の調理器具はシンク下の収納がおススメ
  • ダイニングテーブルに角がある
    → テーブルクロスで角を隠す工夫を。買い替えの際は角が丸いもの、丸や楕円形ならさらに運気アップ!
  • ダイニングテーブルの上が雑然としている
    → テーブルの上はシンプルかつ清潔に保ち、一輪挿しに季節の花を飾りましょう。その季節の生気を食事と一緒に吸収できます

寝室のダメージ風水チェック

眠っているあいだに気を吸収し、パワーを蓄える寝室はいわば「運気の蓄電所」。心身の疲れを回復させ、充実した生活を送るために欠かせない大切な場所です。ベッドの位置から置かれたグッズまで気を配り、気の流れを整えましょう。詳しくは「風水で寝室をプチ模様替え」「願いを叶える!枕でプチ模様替え」でもご紹介していますので、併せてチェックしてみてくださいね。

bedroom

寝室は「気」をチャージする大事な場所です。

  • ベッドの頭のすぐ上に窓やドアがある
    → 窓やドアから入る気は風水的には×。ベッドや枕の位置を変えるか、窓なら厚手のカーテンかブラインドをつけて改善を
  • 背の高い大きな家具が並べてある
    → 大きな家具は気の流れをさえぎります。他の部屋に移動するなど、スッキリさせましょう
  • 天井のハリがベッドの上にある
    → 横になった時、天井のハリが頭上にあるのは風水的に×。ベッドや枕の位置を変えましょう。無理ならハリに布をかぶせて対応を衣類が室内にかけっぱなし → タンスやクロゼットにしまいましょう。パイプハンガーに衣類がむき出しでかかっているのも×。インテリアに合った布で覆って◎
  • 布団がいつも敷きっぱなし
    → 陰の気がこもり、急速に運気ダウン。面倒でも毎朝たたんで押入れにしまいましょう。ベッドの場合はベッドメイクを
  • ベッドの頭や脇が壁にぴったりついている
    → 壁に埋め込まれた配線やノイズを避けるため、少し離して置きましょう。壁から20cm程度離すのがおススメ
  • ベッドの下がホコリだらけ
    → 柄の長いモップや掃除機でこまめに掃除を。ラグを敷いている場合はラグ下も一緒にお掃除すると効果バツグンです
  • 寝室のカーテンが一重
    → できる限り二重にしましょう。寝室の気が安定し、熟睡効果がプラスされます。カーテンをこまめに洗濯するとさらに運気アップ!

いかがでしたか? 他のお部屋にもまだ「ダメージ風水」のチェックポイントはありますが、基本は「キレイに保つ(掃除する)」こと。住みごこちが良い家は気持ちが前向きになり、暮らしている人の行動にも良い影響を与えます。ダメージ風水を改善し、毎日の生活を楽しく暮らしてくださいね!

次回は「簡単にできるおすすめプチ風水」をご紹介します。お楽しみに!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。