スニーカーのトレンドを作ったストリートの先駆者達

ヒップホップカルチャーを好む人たちに「ストリートファッションで一番大事なポイントは?」と聞けば、ほとんどの人は「スニーカー」と答えるでしょう。なぜこだわるポイントがスニーカーなのか、気になるところですが、彼らのスニーカーに欠ける情熱はとても奥深く、簡単に説明出来るものではなさそうです。まずはその背景から探ってみましょう。

70年代にニューヨークはサウスブロンクスで始まったヒップホップ。ブレイクダンスはヒップホップの四大要素の一つでありますが、そのブレイクダンスを踊るBボーイ達の存在がスニーカーの価値を上げ、ストリートでスニーカーの人気が出始めた理由の一つと言われています。

Bボーイ達にとって、踊るための履き心地の良さと、ファッションを引き立たせるための靴選びは重要で、その頃はアディダスプーマコンバースのスニーカーが人気でした。

undefined

https://www.instagram.com/p/xZ8Y0iA-2H/?taken-by=crazylegsbx


他に、バスケもスニーカーのトレンドを作った要因ともされています。また、ニューヨークでの交通手段は電車が多く使われますが、電車に乗る際に、人と目を合わせないために下を向いてることが多く、目の行くところが足下になるので、どういう靴を履いてるかはとても重要だったそうです。

undefined

https://www.instagram.com/p/kp4X5ttLCV/?taken-by=jamelshabazz


昔のストリートの若者達は、今の若者達のように靴を何足も買える余裕がない人が多かったので、靴を常にフレッシュに見せるためのお手入れは、彼らにとってとても大事なことでした。私もニューヨークに住んでいた時、白のエア フォース1を必死に磨く人達をよく見かけ、あの気合いの入れように心打たれたことを思い出します。

undefined

https://www.instagram.com/p/93IAhepFIU/?taken-by=af1gallery


靴ひもの手入れだけでなく、靴ひもの色や太さ選びも大事で、それを変えることによって服とのコーディネートやマッチングに役立てたりもしてました。

80年代、90年代にはファット・シュー・レースというぶっとい靴ひもなどが流行りましたね。ちなみにアメリカの監獄では防犯のために靴には靴ひもが無いのですが、そのひも無しスタイルが、ストリートではファッションとして流行ったことも。

undefined

https://www.instagram.com/p/mTf2eiA-_K/?taken-by=crazylegsbx


希少価値の高いスニーカーの出現とそれを追い求める人々

80年代ヒップホップを代表するレジェンドグループに、ランDMCの存在は欠かせないですが、彼らはファッションアイコンとしても人気で、アディダスを流行らせ、86年にアディダスと160万ドルの契約を結びつけました。まだ、ヒップホップがそこまでメジャーではなかった時代に、ランDMCがどれほどのインパクトを持っていたかが示されていますね。


その後も続々と他のアーティスト達がコンバースナイキフィラリーボックなどの大手ブランドとコラボするようになります。今ではストリートの間で、スニーカーブランドとしてトップの人気を誇るナイキですが、80年代はまだ白人が履くジョギング用のスニーカーのイメージが強く、ストリートではあまりリスペクトされることがありませんでした。

そんなナイキのイメージを覆したのが、バスケの神、マイケル・ジョーダンの出現でした。マイケルが所属していたシカゴ・ブルズのユニフォームにマッチするようにエア ジョーダンの最初のモデルは赤と黒でデザインされていたのですが、靴の色に白が入ってないという理由でNBA側から履くのを禁止されるも、マイケルは履き続けたので、ナイキマイケルがその靴を履いて試合に出場する度に5000ドルもの罰金を払うことに。

ちなみにあれはエア ジョーダンではなく、エア シップだという話もありますが、とにかくナイキはそんなマイナスイメージさえも、上手くブランディングに活用したのでした。

undefined

https://www.instagram.com/p/s4EHP8SpRM/?taken-by=nike.air.jordan


スーパースター、マイケルのおかげで大人気となったエア ジョーダンナイキはシーズンごとに新しいエア ジョーダンを出し、今までスニーカーに使われなかった高価な素材などを使うようになりました。エア ジョーダンはヒップホップやストリートで圧倒的な人気を誇りましたが、スニーカーを手に入れられなかった者からの強盗や、ひどい時は殺人に至るまでの犯罪などが起きたりと、悲惨な結果となってしまったことも。

レアなスニーカーを探しては、ストックするスニーカーコレクターも増えます。今はネットで情報を得て、何でも買える時代ですが、一昔前は情報はどこからか得て、自分の足で買い求めに行くしかなかった時代。欲しいスニーカーをゲットするためとなれば、いつでもどこへでも駆けつける彼らの戦いは、レアなものであればあるほど激しくなり、ブランド側もそこにつけこみ、ブランド同士のコラボや、ブランドとアーティストとのコラボなど、希少価値の高い商品を次々と出すようになりました。

その貴重なスニーカーをゲットするため、何日も前から店の前に行列を作って並ぶ姿は今や珍しいことではなく、そのスニーカーがebayで何倍、何十倍もの値段で取引きされることも普通のこととなりました。

undefined

(c) Sneakerheadz

undefined

(c) Sneakerheadz


現代のスニーカーカルチャーの栄光と闇を浮き彫りにしたドキュメンタリー映画「スニーカーヘッズ」

さて、ここでご紹介したいのが、そんなスニーカーに人生を捧げる世界のスニーカーフリーク達をフィーチャーし、現代のスニーカーカルチャーの栄光と闇を浮き彫りにしたドキュメンタリー映画「スニーカーヘッズ」。


スニーカー映画ではおなじみのDJクラーク・ケントステープルジェフ、そしてグラフィティー・アーティストのフューチュラミタスニーカーズのクリエイティブ・ディレクター、国井栄之さんなどなど、スニーカー業界には欠かせない豪華な面々が出演していて、それぞれがスニーカーに対するアツき想いを語っています。これを観れば、スニーカーの歴史や彼らのスニーカーに対する計り知れない想いが分かるはず。

特別にジェフにちょっとだけインタビュー。彼の好きなスニーカー、トップ3を挙げてもらいました。

undefined

Adidas Superstar Ramastered
 

undefined

Puma States x SlamJam
 

undefined

Product of New York

 

もう一つおまけに、入手するのはとても難しいそうですが、こちらもお気に入りだそうです。

undefined

Clarks x Staple Pigeon Tawyer Helix


そしてスニーカーを選ぶ際に気をつけたらいいポイントは、「雑誌に載っているからとか流行に捉われずに、自分のスタイルやキャラクターに合うものを選ぶべき」とのことでした。トレンドに流されずに、自分に合うスニーカーを見つけていきたいですね。

映画「スニーカーヘッズの公開は明日、2015年11月28日より渋谷シネクイントにて、12月26日からシネマート心斎橋にて公開です。是非お見逃しなく!!

undefined

 
 

スニーカーヘッズ
11月28日(土)より、渋谷シネクイントにて公開!!
ほか、全国順次
© 2015 Friendly Films.

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。