切手収集家にふさわしいプリンタとは?

前回の記事では毎年文化の日前後に開催される全国切手展の様子についてお伝えしました。今回は切手収集家が買うべきプリンタについてです。11月から12月にかけてがプリンタ本体やインクなどのサプライが1年で最も多く売れるシーズン。年賀状を印刷するこの機会に買い替えを検討される方も多いのではないでしょうか。そこで、切手収集をしている、もしくは切手収集を開始したいとお考えの方は、ちょっと背伸びをして、切手に役立つハイエンドモデルを購入しても面白いかもしれません。なお、筆者自身はプリンタの専門家でも、メーカーの事情に精通しているわけでもありません。あくまで1人のエンドユーザーとしての意見を述べさせていただきたいと思います。
パソコンで製作したコレクション

切手展の展示作品の一例。今やパソコンで製作する作品が主流だ。

リーフ作りに最適なプリンタとは

切手収集家であれば、まず念頭に置きたいのが、アルバムリーフ作りに適切なプリンタであることです。切手はA4くらいの大きさの厚紙(郵便はがき程度)に、WordやPowerPointなどで見出しや解説文を印刷して整理を行います。人によってはアメリカの文房具の規格であるLetterサイズ(レターサイズ)や、A4よりも一回り小さいB5ノビというサイズを使うこともあるかもしれません。これらのリーフ用紙を丸めずに、気持ちよく印刷できなければなりません。そう考えると、背面印刷の機能はほぼ必須だといえるでしょう。
ドイツ切手のリーフ

B5ノビの厚紙を使ったドイツ・著名人切手のリーフ。プリンターで枠どりをする場合は、切手が印刷面に直接触れないように透明マウントなどを使いたい。

背面印刷・紙厚は要チェック!

そうなると、実は切手収集家向けの選択肢はあまり多くありません。というのも、最近は背面印刷(フラットな状態で印刷できる機能)のできるプリンタが減ってきているのです。Canonの一般家庭用のプリンターでは一部の旧式のモデルを除いて、背面印刷の機能を持ったものはありません。
背面印刷機能

背面印刷機能で、1枚ずつリーフを印刷しているところ。

アルバムリーフには、切手保護の観点からポスター印刷などに用いる135kg・0.19mm程の厚さの紙を使います。せいぜい郵便はがきよりも若干厚手の180kg(超厚口)・厚さ0.25mm程度までです。ですから、背面印刷も0.25mm以上の厚さの紙が印刷できるものを選びましょう。その点でいえば、現時点でオススメなのは、EPSONBrotherの2社のハイエンドモデル、ビジネスモデルなどになります。
プリンタのカタログ

EPSON・ブラザーのプリンタのカタログ(2015年)。

用紙サイズは何がポイントか?

A4に加えて、アメリカの文房具の規格であるLetterサイズの印刷は必須です。実は日本で最もよく使われているアルバムリーフのサイズが通常のA4よりも少し横幅のあり、縦幅が短いLetterサイズなのです。EPSONのプリンタのラインナップを見ると、A4プリンタの上位機種であれば、たいていLetterサイズ(あるいはLegalサイズ)まで印刷できることが明記されています。A4プリンタにはLetterサイズが印刷できることが明記されてなくても、メーカーのホームページやドライバのダウンロードができるサイトをよく読むとLetterサイズも対応可能であることが明記されている機種もあります。ここはぜひ購入前にチェックしてみてください。
レターサイズのコレクションの一例

レターサイズの用紙で整理・解説を試みた戦時中の郵便物。

できればA3プリンタも検討したい

紙のサイズに関してですが、やはり置き場所さえこまらなければ、A3ないしA3ノビにも対応したプリンタも検討したいところです。実は世界的に見たところ、切手展の展示作品のリーフは大型化しています。世界的な切手収集家団体である国際郵趣連盟は、大型リーフとしてA3のほかに、46cm×29cm、31cm×29cmの3サイズを推奨しています。将来的に国内外の切手展への出品も考えているようであれば、こうした大きなサイズの紙が印刷できるプリンタを購入しても良いと思います。A3プリンタといっても、一昔前のA4複合機くらいの大きさまでコンパクトになっている機種もあります。
A3のレーザープリンタ

筆者がメインで使用しているA3のレーザープリンタ(NEC MultiWriter8000E・2007年発売)。

また、ビジネス用のA3レーザープリンタも一考に値します。それぞれ一長一短ありますが、印字した文字がコンビニのコピー機で出力するようなシャープな仕上がりになり、根強いファンもいます。
さて、次のページではプリンタ選びで気を付けたい用紙以外の観点や考え方について紹介していきたいと思います。

オンデマンド印刷も視野に

前のページでは自分用のプリンタの機能をどこまで充実させるべきかという切り口で見てきましたが、もう1つの考え方として自宅のプリンタはシンプルな機能のものを買い、アルバムリーフを作成するときだけ、街の中にあるキンコーズなどのオンデマンド印刷サービスを利用するのも手です。私の場合、自宅では長年モノクロのレーザープリンタを利用してきたので、カラー印刷は専らオンデマンド印刷に頼ることにしていました。PCのレンタルが数百円、カラー出力が50円ほどでしたから、仮に10リーフ分出力するだけであれば、1,000円でお釣りが来ます。インクカートリッジを時々買い足すことを考えれば、安上がりかもしれません。
プリンターのイメージ

全部自分で持つか、オンデマンド印刷を使うかも判断。
 

スキャンの解像度はほとんどが及第点

複合機の場合は、スキャンの性能も一応見ておきたいポイントです。ただ、あまり神経質になる必要はありません。一般的に郵趣雑誌に寄稿したり、切手の新データを報告する場合は、600dpiでスキャンが取れれば事足りますし、重複した切手などをインターネットオークションに出品する際には300dpi程度もあれば充分な画質が確保できることでしょう。基本的には1,200dpiもあれば充分なので、実売10,000円以下の安価な複合機でもこの水準は超えていると思います。
ブラザーのプリンター

筆者がサブで使用しているブラザーのプリンター(DCP-J757N・2014年発売)

複合機と中古スキャナーの二台持ちも?!

ただし、現在の複合機に付いているスキャナーの多くがCISセンサーという軽量タイプだということは頭の片隅に入れておいてもよいと思います。複合機ならではの手軽さもありますが、単機能のスキャナーの多くに搭載されているCCDセンサーに比べると劣ります。ですから、切手の繊細な色合いを再現する上で物足りないようであれば、CCDセンサーのついたスキャナーを別に買ってもよいかもしれません。私はCCDセンサーの付いた数年落ちの中古スキャナーを2,000円くらいで買って使っていますが、最近の安価な複合機よりも優秀だと感じます。

できれば欲しいADF機能

もう1つ複合機のスキャナーで迷うのは、ADF機能(原稿自動送り機能)の有無でしょう。例えば、プラザ―では10,000円超の複合機から付いていることがあります。切手収集をしていると、専門カタログなどで何度も参照したくなるページが出てくると思います。郵便料金表や専門範囲の目打や色調の表などはその典型でしょう。こうしたページはADF機能を使ってPDFファイル化しておくと、非常に便利です。Dropboxなどに保存しておき、スマートフォンやタブレットからいつでも参照できるようにすれば、理想的でしょう。
ブラザーのプリンタのADF機能

ブラザーのプリンタのADF機能を利用しているところ。

切手収集家向けのプリンタ選びの観点

まとめましょう。ここまでいろいろなことを書いてきましたが、切手収集家としては次の4つの観点を意識しながらプリンタ選びをするのがポイントになるかと思います。ぜひご自身にとって、最適なモデルを探してみてください。
  • Letterサイズの印刷と背面印刷機能は必須
  • 場所に余裕があれば、A3プリンタも検討
  • オンデマンド印刷も視野に入れたい
  • スキャナはADF機能の有無が主なポイント
次回の記事では、小規模な切手展の愉しみ方についてお伝えしたいと思います。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。